日常活動

2008年08月03日

スポレック渋谷2008

本日はスポレック渋谷へ。
体育協会の主催するスポーツイベントです。


ふつう、スポーツイベントというとサッカーやバスケットボールなどなど、本格的なスポーツです。
このスポレックは、スポーツ吹き矢やソフトバレーボールなど、誰でも気軽に参加できる系スポーツを中心に構成されています。
楽しみながら体を動かそう、ということですね。


このような軽スポーツは様々考案され、年々裾野が広がっています。
機会をとらえてどんどん楽しみたいものですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:55|PermalinkTrackBack(0)

2008年05月26日

伝統文化振興財団賞&渋谷区議会総務区民委員会

昨日は日中総務区民委員会。

 コミュニティバス、朝倉邸公開、他一件です。コミュニティバスについては、神宮前・千駄ヶ谷ルートのバス停新設と一箇所の改称について報告がありました。「神宮前交番」→「神宮前小学校(神宮前交番)」となります。かねてからコミュニティバスの停留所名は区有施設を優先し、区民の便を図るべきと主張してまいりましたのでその方向に沿った改称は評価できます。コスト的には数十万かかってしまいますが・・・

 

夜は伝統文化振興財団賞の授賞式に参加。


7fd89ee2.jpg

 

今回の受賞者は長唄唄方の松永忠次郎さんです。玉三郎の舞台には欠かせない方だとか。河東節浄瑠璃などでも活躍されているんですね。不勉強でした。写真は受賞披露の演奏です。

 

最後になりましたが、男児が誕生しました。ご報告まで。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:51|PermalinkTrackBack(0)

2008年05月19日

せせらぎまつり& おはら祭り


せせらぎまつり&おはら祭りに参加しました。44cf0c81.jpg

社会福祉を中心としたせせらぎ祭りのオープニング、和太鼓。せせらぎ祭りは社会福祉関係の団体が数多く参加していました。高齢者も障がい者も健常者も楽しめる、地域の大切なお祭りです。

 

 

 

午後は消防団の活動で、おはら祭りの救護班に参加しました。


47253a79.jpg

おはら祭りは鹿児島の有名なお祭りです。109前に鹿児島県出身者の連が多数集まり、おはら音頭や渋谷音頭などを2時間以上踊ります。「篤姫」の演出もあり、にぎやかなお祭りとなりました。

 

今回は初めて「弥五郎どん」と呼ばれる高さ6メートルの巨大人形が登場。これも、鹿児島の別のお祭りのギミックだそうで、迫力のある太鼓とともに道玄坂を闊歩する姿はスケール満点です。道玄坂を訪れる方々もしばし足を止めて見入っていらっしゃいました。

 

同じ民主党の浜田議員もそうですが、小倉前区長、薬丸前議員など鹿児島出身者が多いのが渋谷の政界です。その関係もあってこのようなお祭りが誕生したようです。関東一円から鹿児島県人会の皆さん方が連を作っていらっしゃって、楽しそうに踊っていたのが印象的でした。このお祭りを機会に鹿児島と渋谷の交流も深まっています。

 

 

さて、渋谷消防団第一分団は渋谷駅周辺が所管地域です。その関係から、応急救護のために出動しました。幸い救護班が出動するような急病者は出ませんでした。次の出動は地下鉄13号線の開通事前訓練、そして8月のスーパーよさこい警備です。渋谷を守りたい! という方はどうぞ消防団第一分団へ(笑)

 

いまさらですがおはら祭りのホームページを紹介しておきます。

http://www.shibuyadeohara.jp/

こっちはシブヤ経済新聞の記事。

http://www.shibukei.com/headline/5239/



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:03|PermalinkTrackBack(0)

2008年04月11日

副校長主幹教諭の育成及び職のあり方について

東京都の教育委員会が、昨日報告書「副校長主幹教諭の育成及び職のあり方について」を公表しました。

これは、平成19年8月に設置された「教育管理職等の任用育成のあり方検討委員会」の2次報告です。
ちなみに、1次報告は教育管理職及び指導主事の選考育成制度についてでした。

これについて、「課題とされたもの」とその「対応策」について簡単にまとめておきます。

 

「副校長主幹教諭の育成及び職のあり方について」まとめ


副校長主幹教諭の職務や権限の見直し

副校長・主幹の業務が明確でない、校長と副校長の連携がうまくいっていない、主幹と教員との業務割り振りがうまくいっていない、など


1 改正学校教育法に基づく副校長の職務権限の明確化
2 学校経営における副校長の役割の明確化
3 副校長「執務マニュアル」の作成
4 主幹教諭の職責に対する理解の徹底
5 指導教諭のあり方の検討


校務の縮減と効率化

調査報告が多い、事務処理が煩雑(例えば非常勤時間講師の確保など)


1 「プロジェクトチーム」設置による調査報告事務の縮減
2 ICT 化の推進
3 講師任用事務の改善


学校組織や運営体制の見直し

属人的な校務分担、校務分掌や委員会の乱立・未整備など


1 主任教諭統括校長の任用
2 校務分掌組織の再編整備
3 主幹教諭が所掌できる分掌の弾力化
4 学校事務職員の活用(小中学校)
5 経営企画室の経営企画機能の充実(都立学校)
6 新非常勤教員制度の活用
7 主幹教諭の授業時数軽減


学校を支える仕組みの構築

地域や外部との協力を副校長が担い多忙感の原因になっている、理不尽な要求等が副校長の時間的精神的負担になっている、などのケースがある


1 学校と地域とのよりよい連携体制
2 学校への理不尽な要望等に対する対応支援


副校長主幹教諭の人材育成

育成体制が整っていない


1 教員人材育成基本方針の策定
2 OJTの充実
3 職層ごとの研修の充実

 

副校長主幹教諭の育成及び職のあり方について(東京都)



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:06|PermalinkTrackBack(0)

2008年04月10日

勉強会「公共政策の形成と市民参加」

昨日は合間を縫って勉強会に参加。
早稲田大学の寄本教授から公共の在り方についてお話を伺いました。


簡単に論旨をまとめておきます。

本来は自給自足をしていた集団が、拡大して共通の課題に共同して当たるようになり(私的公共)、それがさらに拡大して政府ができ、行政(公的公共)が誕生する。
つまり、行政の仕事の多くは本来は住人や事業者自身が行うべきことである。
これらを個々では限界があるので行政が代わりにやっている。

ところが、現在ではその役割が転倒している。
例えば、ごみ問題では本来生産者や排出者が焼却などの処理を行うべきであり、自治体は住民や事業者の「代行者」としての立場にあるのに、法的な責任主体としての位置づけは必ずしも明確ではない。

今後は役割相乗型の社会システムを築いていくべき。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:55|PermalinkTrackBack(0)

2007年09月08日

渋谷の景観を考えるブログ

渋谷では景観計画の策定が進んでいます。
景観法の施行以来、「景観」という要素がまちづくりの中で重視をされるようになって来ました。

これは渋谷区においても変わりません。広尾5丁目の地区計画では、色彩制限なども盛り込まれ、良好な景観、雰囲気、眺め、街並みが確保されるよう意識をされています。


とはいえ、都市の景観は難しい。
捉え方が人によって様々だからです。
例えば、繁華街を「ゴミゴミしている」と感じる人もいれば、「エネルギーがある」と評価する人もいるわけです。

そこで、私はインターン生と協力して、渋谷の景観を考えるブログを期間限定でつくりました。
街の様々な写真を評価しあうことによって、どんな景観が優れているのか、どういう街並みを残すべきなのか、考えようというものです。

よかったらのぞいてみてください。建築家の方もコメントを下さっていまして、徐々に「景観」についての理解が深まり始めています。
よろしくお願いいたします。

http://shiblog-keikan.seesaa.net/


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:46|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月28日

首都高速中央環状線視察

今日は有志で首都高速新宿中央線の視察。
写真ではつたわらないかも知れないですが、ダイナミックでした!


初台から北側は、順調に行けば今年の12月に
これでまた渋谷の交通が大きく変わるはずです。

kousoku2

もうほぼできていますね。
手前の円形がシールド工法、奥の四画形が開削工法だそうです。

 

 

 

 

 

kousoku1

西新宿JCT。
初台交差点の真上から山手どおりを北のほうに向かって。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:55|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月20日

参議院議員選挙の分析

某シンクタンクの政策懇談会「参議院選挙分析」に出席してきました。
テーマとしては2点。
・1人区の自民大敗、民主大勝の背景
・自民党から離れたのは誰で、どのような要因によるのか
これについて、調査データや得票数を基に詳細な検討を加えたものです。

議論は省くとして、結論の要点は、
・1人区では野党間協力や有望候補の擁立が勝因
・小泉時代に獲得した若年層の支持が離れつつある
・「お灸」というよりは民主党政権への期待の高まりが強い

特に、自民党支持者で民主党に投票した方の意識調査が秀逸で、統計的に有意なデータが提示されていたので、非常に説得力があります。

 

それにしても、データ分析って重要ですね。

技術を学ぶ意味でも貴重な機会でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:55|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月18日

勉強会案内

またまた直前になってしまいましたが、ご案内です。
民主党のボランティアネットワーク有志の勉強会です。
民主党本部に部屋を借りて行います。

内容は、医療ADRについてです。
ご一緒しませんか?
興味ありましたらメールください。shibuya@s-kenpo.jp

------------------------
第4回ワークショップ 「医療ADRの現状と展望」
【日時】 8月22日(水) 19:00−21:00メド

【会場】 民主党本部(予定)

【参加】 出席を希望される方は、メールでご登録ください。ご登録いただいた方に、案内を差し上げます。参加費として、資料のコピー代などの実費を徴収します。お問い合わせはメールで。なお、CD/PNは運営委員により自主運営されています。民主党本部へのお問い合わせはご遠慮ください。

【発表要旨】 いわゆる「医療(過誤)訴訟」が刑事・民事含め増加することによる影響は極めて大きい。医師は訴訟を恐れる余り危険を伴った医療行為を敬遠するという「リスク回避型医療」「防衛医療」という言葉もあるとおり、訴訟の頻発によって医療が停滞する可能性は否定できない。

このような中、民事における医療訴訟の解決方法のひとつとして、医療ADR(裁判外紛争解決方法)が注目を集めている。病院内で、また第三者機関の調停という形で患者と医師の関係を修復する手段であるとも言える。実際、アメリカの例では調停の導入により例年比約30%の賠償金支出の節減に成功しているところもある。

今回のワークショップでは、日本でも重要視されつつある医療ADRの理念を確認したうえで、現状と課題を検討する。
------------------------

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年08月08日

勉強会に参加

今日は勉強会二つに出席しました。
ひとつめは特別区長会事務局が行う議員向けの勉強会。
タイトルは「都区財政調整制度」ということで、都区制度の変遷や特別区の財政調整制度についてです。

特別区は地方自治法上特殊な自治体として規定されており、その制度を知ることが区議会議員の活動の第一歩です。
そういう意味で言えば、私達現職議員にとっては復習の機会に過ぎないわけですが、網羅的に知識を再確認することができたのは良かったです。

都区制度改革は都区再編の議論とともに新たなステージに来ていますし、さらに真剣な議論が求められます。


続いて、民主党有志の勉強会を党本部で。
「地域医療の危機的状態」がテーマで、千葉県のある地域の医療現場の事例もとに議論しました。
渋谷区の議員としては医療は関係ないといえば関係ないのですが、国のひとつの課題ですから、真剣に受け止めています。
この夏も色々と勉強しよう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:39|PermalinkTrackBack(0)

2006年08月18日

松涛美術館「ポーランド写真の100年」展

時間が空いたので松涛美術館に寄り、気になっていた
「ポーランド写真の100年」展を見てきました。

ポーランド国立ウッチ美術館所蔵の作品がおよそ200点ほど。
解説によると、
「ポーランドの過酷な歴史をたどりながら、ロシア・アバンギャルド、コンセプチュアル・アートの影響を取り入れ、独自の人間表現を培ったポーランド文化の一端を紹介します。 」
ということですが、ワレサ氏の写真があったり、ミサの写真があったり、廃墟の写真があったりとあまたの国難の表現が痛々しいほどでした。
素朴な農夫の眼差しが深い悲しみを湛えているようで、胸を打ちます。

その一方で、さまざまな技法を駆使しての表現が、新鮮で、「独自の人間文化」というものが肌に感じられました。

途中、映像のコーナーなどは数人の学生と思しきかたがたが食い入るように画面を眺めていたのも印象的でした。

先月の「骨董誕生」に続き、非常に面白い企画だったと思います。
27日までですので、ぜひお運びください。

松涛美術館展示のページ



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月06日

緑のカーテン

 昨晩は板橋の佐藤利信区議を誘って、緑のカーテンの苗を作っていらっしゃる「ハーブ&おいしい野菜塾」さんに行ってきました。

330159ed.jpg

「緑のカーテン」とは、つた植物(ゴーヤやヘチマなど)をネットに這わせてカーテン上にしたものです。

暑い盛りのとき、窓の外に作ることによって天然の冷房効果が生まれるというもので、板橋区の小学校を中心に導入、環境に配慮した取り組みとして注目されています。

写真が緑のカーテンの現物。今後、徐々に育っていき、縦横に茂って立派なカーテンになるそうです。

近年のヒートアイランド化現象の高まりに対し、打ち水など様々なアイディアが試されています。施設内での対策はこれ。緑のカーテンです。

簡単に言うと、植物が葉の裏側で呼吸をするときに出る水蒸気が気化したときに熱を奪うので涼しくなる、と言う原理です。板橋の小学校では10度近くの効果があったとか。最近環境省だか東京都だかで資料を出してましたよね。あとで探しておきます。

緑のカーテンは、その効果だけでなく、教育のきっかけとしても活用されています。緑のカーテンの効果を調べたり、気化熱の原理を研究したり、ヘチマやゴーヤの活用法を考えたり・・・みどりを育てる事そのものも大事な体験学習ですよね。

私が子どものころは、アサガオやヘチマの観察日記なんかをやっていました。それもいいですが、どうせなら一石三鳥・四鳥を狙いたいです。その意味でも、みどりのカーテンは優れています。

併設されたレストラン(こちらも美味しいです)で自然食を堪能した後にハーブ園なども含めて見学したので、若干暗くて写真が見づらいかもしれませんね。ごめんなさい。

食べた直後に食材の植わっている姿を見るのって、本当に面白いです。「あのはっぱがこんな味を出すんだな」と素直に感激。

こういうのは広がりがあって、楽しくて、いいですね。強引に質問に練りこんでしまおうか。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年06月04日

銀座のハチミツ

以前から誘われていた採蜜にいってきました。

銀座のビルの屋上で養蜂をしており、結構おいしい「銀座の蜂蜜」が取れるのです。最近ではテレビでも結構放映されるようになりましたね。

旧知の食学塾のかたがたに誘われ、韓国留学生を含むインターン生たちといってきました。

f2c13726.jpgこの小屋の中に3群のミツバチの群れがいます。大きさは180センチくらい。天井が開いていてハチが行き来しています。

手前の女の子が170センチメートルくらいです。案外小さいですね。

急上昇・急降下しているので、小屋から30センチも離れればハチと遭遇することはほとんどありません。

 

小屋の中に入るためには専用のつなぎを着ます。

be6d9046.jpg

留学生の金さんが着ています。中の服はいわゆるツナギです。

既に小屋の中に入っていますよ。ハチはそんなに怖くなかったそうで、最初はツナギも着ないで帽子だけで小屋に突入していました。

 

 

小屋の中には蜂の巣が三つ。三つの群れがそれぞれ分かれて暮らしています。

dc0311e8.jpg

巣箱に群がるハチの群れ。分かりますか?

一群あたり2万〜3万匹いるそうで、毎日合計で1000匹位づつ増えるのだそうです。

 

 

ハチは煙をかけられると「山火事だ」と思って、蜜を吸って逃げる準備をするそうです。そうすると、おなかが張って攻撃しなくなるとか。

ccd1709f.jpg

その習性を利用して、ハチの小屋に煙をかけているところです。

他にも、黒いものが近づくを見ると熊と勘違いして防衛するとか、空中で交尾するとか、面白い習性を伺いました。

ちなみに、付近のカラスは熊と勘違いされてハチにまとわりつかれた結果、ほとんどいなくなったとか。カラスを攻撃したわけではないようですが、意外な効果があるようです。

 

巣箱から巣を取り出して、遠心分離機にかけて蜂蜜をとります。

e900868d.jpg

お手製の遠心分離機に入れるところ。

手前の子どもが楽しそうに回していました。

 

 

 

遠心分離機から蜂蜜が流れてくるのを、フルイでこします。

33cdf1f7.jpg

ハチの子や蜂の巣などがフルイに残り、蜂蜜が下の容器に溜まっていきます。

ハチの子は美味しかったようです(私は食べませんでした)。栄養満点だそうです。

毎週蜜を集めに行く花が違うようで、味が毎回変わるとおっしゃっていました。粘度もかなり違うそうで、今週はさらさら度が高いとか。

 

ハチの産物は蜂蜜だけではありません。ローヤルゼリーやプロポリスも有名ですよね。

38b1f071.jpg

これは蜂の巣をこそげとっているところ。

このなかにプロポリスが入っているんだそうです。少し食べてみました。有名な健康食品ですよね。

 

 

さて、ミツバチですが、おとなしくてほとんど刺さないそうです。

655352e7.jpg

女の子が手の上にハチを乗せて見せてくれました。案外かわいいし、確かにおとなしいです。驚かさなければ刺しません。

よーく見ると足のところに丸い玉が見えませんか?これは、花粉と蜂蜜を練り合わせたものだそうで、巣の材料になるそうです。これも健康食品になるんだとか。

このほか、蜜蝋なんかも取れるようですね。蜜蝋はキリスト教のお灯明には欠かせないんだそうです。すすも出にくく上質なロウソクになります。

銀座の採蜜は、来週で終わり。4月から6月がシーズンだそうです。

あまりに面白いので、代表質問で取り上げようかと思っています。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年05月21日

おはら祭り

今日はおはら祭り。鹿児島のお祭りですが、109前を中心に道玄坂でやります。

渋谷と鹿児島を結ぶ大きなお祭りです。

0c56d826.jpg

まずは神南小学校鼓笛隊のパレードから。母校なんで、ちょっと撮ってみました。

 

 

 

午後1時から4時まで、盛大に行なわれました。

2f4a14ad.jpg

 

プライム前からハチ公方面を望んで。かなり人が集まっていますね。

 

 

私は消防団員として現地の警戒にあたりました。

d54e2c62.jpg

消防団の冬の制服です。似合っていますか? ちょっと帽子のワッペンがずれててかっこ悪いですね。

 

 

 

工夫を凝らした各連が踊る様子は壮観です。楽しい一日でした。

6b8e24a7.jpg

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年04月25日

春の小川合唱際など

土曜日からこまごました日程でした。

土曜日は春の小川合唱際。唱歌「春の小川」が河骨川(渋谷川)を題材にしていることから、代々木小公園で地域の方々・山野小学校の子供たちと一緒に「春の小川」を歌ってきました。その後、集会、友人の結婚式など。

日曜日は消防団の訓練。新入団員訓練ということで、放水訓練などを行いました。その後は事務作業、関係省庁の動きの確認など。

月曜日は民主党渋谷区支部の常任幹事会。結構神経を使います。準備にかなりの時間を使いました。途中いくつか区外の用事があったのですが、山手線の事故のために大きく時間をロスしぎりぎりの日程をこなしました。結構みんなに迷惑をかけてしまった・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年04月15日

昇竜2006

76a43e9d.jpg

 

 

 

 

昇竜2006を見に行ってきました。

「「昇竜2006」では、ボランティア、インターンシップ、留学、ワーキングホリデー、ワークキャンプなど様々な活動を行う約40のNPO,NGO団体・学生団体による活動紹介や100人を超えるアーティストのパフォーマンスをご覧いただけます。ぜひ、当日は自分自身が本当に面白いと思うことを探してほしいと思います。」

ということです。元インターン生もスタッフとしてがんばっているようなので、少し顔を出しました。会えませんでしたが。

4時過ぎに行ったので、ちょっと閑散としていたのですが・・・
明日はラッパ我リヤもでるそうで、もう少し盛り上がりそうですね。

明日は是非、代々木公園にどうぞ!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

情報収集の日々

「他地域・国政ウォッチング」のページ(議員活動用資料)に今週の新着情報6本を掲載しました。

◎構造計算書の偽装があった物件等について(平成18年4月12日現在)(国土交通省)
◎新宿御苑の公開時間の延長について− 薄暮にたたずむ新宿御苑の桜を愛でる −(環境省)
◎市区町村におけるパソコンリサイクルへの取組状況について(環境省)
◎平成17年度の個人住民税対策の取組結果と税源移譲に向けた平成18年度の取組予定について(東京都)
◎あん・あん自転車TOKYOキャンペーンを実施します(東京都)
◎構造計算書偽装問題に係る建築基準法の見直しの要求について(東京都ほか)

ここには載せていませんが、東京都の、
教員任用制度あり方検討委員会報告について」も興味深い内容でした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年04月10日

インターン生と卓球

昨日はインターン生の打ち上げでした。
いやー、みんな元気ですね。学生だから当たり前か。

飲み会の後に、久しぶりに渋谷駅東口会館で卓球をやりました。
いい汗かきました!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 08:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月28日

日本教育新聞の取材を受ける

日本教育新聞さんの取材を受けました。
教育委員会職員など行政関係者、幼小中高校教員、PTA関係の方々、議員が対象の週刊の専門紙です。発行部数は245,000部です。

いやー、柄にもなく緊張して、雑多な話になってしまいました。
原稿に落とすのが大変だろうなぁ・・・


公教育について思うこと、自分の体験、コミュニティスクールに期待できることなどをつらつらお話しました。
記事になったものは改めてご紹介したいと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月24日

インターン生とともにNGO職員のヒアリング

ほんの少しですが、ボランティアとして手伝っているNGO団体があります。
その団体の職員の方にインターン学生とともにヒアリングをしてきました。

タイトルは【日本のNGOの現状と課題・NGO職員の仕事】ということで、かなりボリュームのあるお話になりました。

最大の課題は「資金」。日本ではNGOの資金確保が厳しく、さまざまな問題があるようです。
私も政策として寄付市場の拡大など非行政団体の育成を掲げていますので頷けるところが多く、勉強になりました。


お話を伺いながら、自治体の国際交流・国際貢献について考えていました。
草の根交流も大事でしょう。異文化理解も大事でしょう。
でも、それ以上にもっと貢献すべきことがあるのではないでしょうか?
逆に、知らず知らずのうちに国際交流・貢献に逆行した行動を自治体がとっていることもあるのではないでしょうか?

改めて、少し考えてみたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月22日

「Yahoo!みんなの政治」始動

ヤフーの新サービスをご存知ですか?
「Yahoo!みんなの政治」といいます。これで民主主義が少しでも深化すればいいですね(大げさ?)。しかし、ヤフーはほんと面白いですね。

12CHのWBSを見ていたら私の幼馴染が説明していました。

立派になったねぇ・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月19日

消防団の救命講習に参加

dfbcc9d8.jpg 消防団の訓練ということで、普通救命講習に参加しました。

内容は心肺脳蘇生法(人工呼吸、心臓マッサージ)およびAED(除細動機)の使用法です。

AEDは今後色々なところに配置されると思います。ぜひ設置場所を確認して置いてください!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年02月17日

本多平直前衆議院議員に、薬害エイズ問題のヒアリング

81e30865.jpg

インターン生とともに、本多平直前衆議院議員のヒアリングを行いました。

本多さんはもともと枝野幸男衆議院議員の政策秘書を長く勤めた方です。
今回は、1995年前後に新党さきがけスタッフとして菅直人さん、枝野幸男さんとともに薬害エイズ問題に立ち向かった経験を中心にお話いただきました。


薬害エイズ問題は、血友病に対する薬の使用によってエイズ感染が起こってしまった問題です。
当時の厚生省は危険性を知っていた(人の血液を原料にした薬であり、エイズ感染者の血液も原料に混入していたためにエイズ感染の危険性があった)のに薬の使用を差し止めなかったために、その責任が厳しく問われました。

・行政が自らの誤りを認め、謝罪した(菅直人氏が大臣として真相究明に当たった)こと
・人の生命を守ることが政治の役割のひとつであることが改めて認識されたこと
という二点の大きな政治的意義があります。


本多さんのお話は生々しく、当時の状況を知らないインターン生にとっては衝撃的な内容だったようです。
リベラル的考え方の中心である【最小不幸】(政治の大きな役割は不幸な人を減らしていくことである)という考え方を体感できたのではないでしょうか。

私にとっても、改めて問題の経緯を伺えて非常に勉強になりました。


民主党の中でも有数のリベラル派論客である本多さん。
考え方は違うところも多々ありますが、議論することによって新しい視点を教えてくださる貴重な先輩です。

こういった方にぜひとも国政復帰していただきたいです!!!
熊谷近辺の方、本多さんの今後の活動にご期待ください。

 

なお、今までのインターン生向けヒアリング企画は以下のような内容です。
今後も継続してやっていきたいです。
(単独企画)
・藤田幸久衆議院議員(当時):NGO活動と日本の国際貢献等
・ツルネンマルテイ参議院議員:帰化日本人政治家としての視点
・本多平直前衆議院議員:薬害エイズ問題
・ベンチャー企業社長:ベンチャー起業、就職活動
・情報関連企業役員:ITビジネスの今後
・元大蔵省局長:官僚制度について、国際経済を見る視点について
・内部障害の患者の方:内部障害について
・遠藤連合東京事務局長(当時):労働組合について

(共同企画)
・菅直人衆議院議員:大臣経験と日本の将来について
・鳩山由紀夫衆議院議員:日本国憲法私案について


 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年02月15日

教育についての勉強会(犬山市長)

民主党が作っているシンクタンク「公共政策プラットフォーム【プラトン】」の勉強会に参加しました。

愛知県の犬山市長である石田さんをお迎えして、地方自治体における教育改革について議論を深めるものです。

教育委員会の仕組みと運用の問題点、公教育に対しての首長のアプローチ、コミニティと教育などについてあらたな発見がありました。

以下は自分用の備忘録です:
教育委員会の権限、仕組み(レイマンコントロール)
教師に火をつける
副教材、考える、エンドレスに向上
少人数授業文化の創造、検証
教師の仕事を整理する
義務教育の目標は生涯学習=学ぶ喜び≒教える喜び
市民大学
コミニティソリューション、1万人、教育とかかりつけ医(福祉と健康)
情報公開、授業参観
祭りを行政は知らない、政治は時間の視点を持つ
ふるさとを大事にする
塾NPO
親を巻き込む
街は最良の教室
犬山教育シンポジウム



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年10月17日

インターン生との別れと出会い

今日でインターン生の入れ替えです。

前期のインターン生は最終日、打ち上げをしました。選挙が立て続けに起こったりといろいろ大変だったけれど、いい出会いがあった3ヶ月間でした。

次期のインターン生は、受け入れのための「マッチングフェア(NPO法人アイカスさん)」に参加しました。珍しく政策について熱く語ってしまいました。普段、インターンシップの選考イベントではそういう話はできるだけしないようにしているんですが(笑)

2名のインターン生から第一志望として指名をいただいたので、ありがたく思っています。

どうやったらお互い成長できるのか、いろいろ仕掛けを作っていくつもりです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 06:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年09月28日

ビルの防災についての勉強会

ビルの防災についての勉強会に出席してきました。

エレベーター関係の課題・今後の方向性や、ビル管理をする際の事前の対策・計画の立て方など、実務ベースの課題についての勉強会でしたので、大変現実的で勉強になりました。

渋谷区でも中高層マンションがどんどん建っています。今後の区政の重要課題だと考えておりますので、今後も努力していきます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年08月15日

勉強しています

ここ最近は、時間を見つけて勉強しています。
解散がいきなりあったので計画通りにはいきませんが・・・

特に、「東京都市計画物語」と「満州国の首都計画」(ともにちくま学芸文庫 )は、今後の都市環境委員会、特に都市計画を考えるうえで非常に参考になりました。

緑地や道路に対する認識など、様々な観点を身に付けることができたかな、とおもいます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 19:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年07月06日

今期インターンシップについて

来期のインターンのプログラムを決心(?)しました。
メインの課題は渋谷駅周辺再開発について、検討すること。

身近な大都市・渋谷の将来を一緒に考えてみませんか?

他、通常通りの議会傍聴、地元活動、レクチャー等を行ないます。

詳細は
http://www.s-kenpo.jp/katsudou/internship.html
をご覧下さい。
多数の応募を待っています。

よろしくお願いします!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年05月21日

シニアクラブ&原田事務所

午前中富ヶ谷富久寿会の総会に出席。
一言ご挨拶をして失礼いたしました。
 
午後は原田大事務所に協力してポスター貼り活動。
インターンOBの男の子と、2時間ばかり町を歩き回りました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年04月12日

東京財団セミナー

東京財団のセミナー「変わるブッシュ、変わらぬブッシュ」に参加しました。

 

講師の小浜氏はかなりブッシュとつながりのある方で、貴重なお話を聞くことができました。

人柄はともかく、宗教や出身地による思考方法の違いなどはなかなか日本からではつかめません。一時情報の重要さを再認識しました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)