プライベート

2014年11月30日

空手はこどもにすごくいいです【こどもネタ】

渋谷区議会議員の鈴木けんぽうです。
1年半くらい前から、長男とともに空手を始めましたがこれが実に! イイ! です。

なにがいいかというと、
  • 体幹トレーニングになる
  • 闘争心が養える
  • 大人に怒られ&褒められる
  • しつけに厳しい
  • 学年関係ない交流がある
と、なかなかの優れもの。大満足です。
今では下の娘と3人で通っています。もしかしたらおばあちゃんも参加するかも。
こども自身はなんかやめたがっているんですけど…「黒帯になったらやめていいよ」と言っています。
いつになるやら(^_^;)

image
大会の時のこどもの演技。

とはいえ、やっぱり指導者の方針などもあるみたいだから、どこもかしこも空手は全部いい! ともいえないのかもしれませんが・・・
型(演技)と違って怪我をしやすい組手(バトル)なんかは、特に考え方が大きく分かれるところですね。


上の子はサッカー、下の子はバレエをやりたいみたいなんで、来年の5月になったらそちらも加えようかと思っていますが、当面は空手一本でがんばっていきます!


え、なんで5月まで待つのかって? 
それは・・・選挙がありますから・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 19:30|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月24日

こどもたちが楽しんでお手伝いをするしくみ…【こどもネタ】

渋谷区議会議員の鈴木けんぽうです。
12月2日が衆院選公示日だと言うことでバタバタ。
三連休も、初日の午前中にこどもを代々木公園につれてった以外は、ご飯くらいしか一緒になれなかった。


その間はおばあちゃんにお世話になるので、せめて少しぐらいお手伝いしてほしいな…と思い、一工夫してみました。


ジャーン!

お手伝いスタンプラリー!

image



自作です。見ればわかるか。
手書きの汚ない字をさらしちゃってすみません…

何種目か、きめた回数お手伝いすると、ごほうびがもらえる、というもの。
たった2百円程度のものですが…


実はこれ、長谷戸小学校の授業見学で思いついたもの。
長谷戸小学校では、 校庭遊びが特定の遊びに片寄ってしまうとの問題意識から、「長谷戸オリンピック」という多種目の記録を取る取り組みをやっています。
そうすることによって、遊びを多様にするわけですね。


これと同様に、いろんなお手伝いを経験してもらおうかな、と考えました。
上履き洗い、掃除機かけ、は新規種目です(笑)


さて、3日目の朝の状態がこちら。


image



だいぶ進んでいるものの、厳しい状態ではあります。
妹の方が進んでるのがなんとも…

帰るのが楽しみです(笑)


image


一生懸命靴揃える二人。競うようにやってます。


普段はお手伝いでおこづかいはあげないので、「三連休だから特別なんだからね!」と言い含めておきましたが、たまにやろうかな。
次回はトイレ掃除もふくめよう。



===============
<プチ日記>

もう衆院選の直前で、街頭演説などでみなさんにお目にかかる機会も増えそうです。今日はこれから笹塚で街頭演説。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:00|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月16日

こどもを静かにさせたいとき…【わりと鉄板】

はい、日曜恒例、こどもネタです。


解散の話とか、政治情勢とかは置いといて…
あ、解散について今現在注目しているポイントについては、月曜にまた書きます。
まじめな話は平日に。


さて、幼児と交通機関に乗っていると、一番困るのが「元気」なこと。
まーうるさいうるさい。


そんな時に、わりと鉄板な「鎮める呪文」をお教えします。
それは、


【はんたい言葉・なぞなぞ・たぬきの暗号】


です。



簡単なアタマの体操は、鎮めるのにうってつけ。
慣れている度合いにもよるのですが、例えばはんたい言葉なら


2文字とか3文字くらいの簡単なはんたい言葉

「カバ」「バカ」とか「おなら」とか「しんぶんし」みたいなネタ

自分や他人の名前の反対

5〜6文字くらいのちょっと考えるはんたい言葉


という感じでやっていくと、たいてい静かになりますね。
ただし、こどもはすぐ飽きるので、飽きる前になぞなぞとか「たぬきの暗号(とちゅうで「た」を挟むやつ・まぬけの暗号」などドンドン目先を変えてあげるといいです。


で、ちょっと経ったら、適当に自作のストーリーとか話してあげるのがいいかな。


自分もちょっと頭を使うけど、老化防止と思って(笑)こどもと楽しんでみて下さい。



===============
<プチ日記>

今日はこどものお友達とお台場レゴランドへ。
レゴランドいいですよ。室内でこどもが勝手に遊びまくるので、のんびり放流しておけます。
パソコン持ち込んで仕事している人もいるくらい。


しかも、テーマパークにしては比較的安くて(1700円〜)、何時間でもいられる…
フードもドリンクも大して高くないし。最高です。


楽しかったです。お誘いいただいたA君ママ、ありがとうございました!

image
ミニレゴ教室。みんなでロケットを作りました!


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:20|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月09日

都立上野動物園&国立科学博物館に行ってきました【定番コース】

ふだん土日はなかなか時間が空かないのですが、雨模様なので予定を変えてこどもと上野に行ってきました。
「上野動物園」「科学博物館」のコースです。

このコースの素晴らしいところは、なんといっても安上がりなこと。

上野動物園は大人600円、中学生200円、小学生以下無料、
科学博物館は大人620円、高校生以下無料です。
こどもの入園料がかからないとか素晴らしすぎる!

さらに、リピートは【年間パス】を買えば上野動物園は2400円、科学博物館は1030円とお安く上がります!
お弁当をもつてくれば中でもほとんどお金かからないし。
ファミリー向けにはすばらしい施設です!


ということで、うちにとってちょっとした遠出は上野が定番です。
9時ごろ出て、代々木公園〜表参道〜上野→科学博物館→上野動物園→根津〜代々木公園で16時頃帰宅、と言うのが基本スタイルです。
一筆書きで行けるので非常に良いですね。帰りは20分くらい電車で寝て帰ります。それで元気回復。


ガラガラだったので、パンダ含めて人気の動物を一通り見て、人気の360度シアターもならばず入れ、大満足!
そのまま今日は科学博物館の特別展「ヒカリ展」も見てきましたが、こちらは6歳児にはちょっと難しすぎたかな・・・
親ばかり楽しんでしまいました。
image
子ヤギに餌をやりました。大人ヤギが容赦なくつっこんでくるので怖がってる…

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:57|PermalinkTrackBack(0)

2014年11月02日

焦れったい…【こどもネタ】

こどもはなんでも自分でやってみたいもの。
焦れったくてついついやってあげたくなっちゃうけど、やっぱり、待った方がいいんだろうねえ…


大人の経験で、あれこれ先回りしてトラブルを無くすのは、彼らの意欲や楽しみを奪ってしまうことになるのかもなあ…
そんな風に思いながら、今日も、焦れてます(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:33|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月26日

【こどもネタ】5歳からプログラミングはできるのか?

結論から言えば「できる!」のだけれど。
幼児向けのプログラミング本が出たので、つい買ってしまい、わが家の年長6歳児(学年で言えば5歳児ね)に手渡しました。


5才からはじめるすくすくプログラミング
アフィリエイトです。ここ踏んでから買っていただくと、私を支援することができます(笑)



image

初日の様子。既に夢中です。



基本は教育用プログラミング言語scratchの本。
その幼児版、scratchJRの解説書です。iPadで動かします。
スクラッチは、命令文がブロックになっていて可視化されているので、直感的にわかりやすい。
命令ブロックを組み合わせて簡単なスクリプトを書けるのですね。



<実際に触らせたら?>


うちの子は幼稚園年長6歳で、まだちょっと早いかな・・・と最初は思いました。
が、最初の導入で解説しなければならなかったものの、まずキャラを配置するのにはまり、キャラデザインを楽しみ、うろうろ動かすのに没頭、って感じです。
多少プログラミングのパワーに目覚め始めたか…



実際に作ってるときのムービー。ごめんなさい、ipadを動画キャプチャする能力がありませんでした。
そしてYouTubeの投稿も初めての経験でなんかうまくいかないです(笑)



妖怪メダルを撮影して使うアイディア、最初の一個の動かし方は私が教えましたが、あとはちまちま自分でやっていました。
ちなみに・・・二日目です。まだ2時間くらいかな?


単にゲームをやるよりも、自由度も高いし能動的、アイディアを形にできる、複雑な論理を操るようになる、という意味で面白いなあと思います。
五歳児がいきなり一人ではできないですが、親子で楽しみながら、少しずつ興味を広げてあげるとハマりそうですね。
特に、「プログラミング? なにそれ美味しいの?」くらいの方が一緒に取り組むと面白いんじゃないかなぁと思います。
ちなみに私がそのタイプです(笑)



<プログラミングに何を期待するか?>

いくつか期待することはあるのですが、特に
  1. 論理に苦手意識を持たなくなること

  2. 遊ばせてもらう側から遊ばせる側に変わること

  3. 自由で豊かな発想を形にできる方法を増やすこと


かなと。
別にプログラミングをスキルとしてとらえて教育するつもりは微塵もなく…
表現手段の一つとしてとらえています。


それと、本人ほんとに楽しそうです。そこがよかったなぁと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:30|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月18日

(こども)長男の保育園最後の運動会(西原りとるぱんぷきんず)

こどもネタ失礼。


きょうは長男の保育園最後の運動会でありました。
うちは6歳の長男、4歳の長女ともに「西原りとるぱんぷきんず」にお世話になっており、既に3回目の運動会となります。
西原りとるぱんぷきんずの開園からの園児です。

image
顔がわかりづらいよう処理してますがご容赦ください


西原りとるぱんぷきんずは、評判も良い保育園で、拡張しアネックス(別館)も整備するほど。
モンテッソーリ教育を軸に、アレンジを加えて実施しているような感じです。
英語教育も満足できるもので、多分フォニックスを中心にやっているのかな。
いつも楽しそうに登園しています。
うちからは遠いので、毎日片道30分歩いて・・・(^_^;)


長男は年少の3歳から、長女は1歳からお世話になっていて、
最初の運動会はそれこそ下の子はほとんどあるけなかった状態でした。
きょうはダンスも走りも、そして組体操まで!
たった2年たらずでこれだけ力強く運動できるようになるとは、と感慨しきりです。
保護者さんたちも、先生たちも、同じような思いをおもちだったようで、ところどころで涙ぐむシーンが…


 子育ては大変ですけど、こういう節目節目で確実に成長を感じることができて、とてもうれしいですね。
ありがたいことです。


image
疲れたみたいですぐ爆睡!


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:42|PermalinkTrackBack(0)

2011年05月21日

「いとまきの歌」がとても不条理な件…

うちの子は童謡が大好きで、よく歌ってあげています。
先日は雨の中渋谷の駅前を歩きながら、二人で「あめあめふれふれかぁさんが〜♪」と
熱唱していました。
こどもといれば恥ずかしくない…かも…(^_^;)


ところで。
童謡やら昔話って、かなり残酷ですよね。
「本当は恐ろしいグリム童話」みたいなマンガもありますが、なんのなんの。
日本の童謡や昔話も相当強烈ですよ。


例えば、糸巻きの歌。
「いーとーまきまきいーとーまきまきひーてひーてとんとんとん」
罪のない、かわいらしい歌ですよね・・・

しかし、二番三番になっていくと事情が変わっていきます。


1番
いとまきまき いとまきまき
ひいてひいて トントントン
いとまきまき いとまきまき
ひいてひいて トントントン
できた できた
こびとさんの おくつ
きれいに てをあらって
きれいに てをふいて
きれいな パンツはいて
きれいな ぼうしかぶって
こびとさんのおうちに いきましょう


2番
たねまきまき たねまきまき
ふんでふんで トントントン
たねまきまき たねまきまき
ふんでふんで トントントン
できた できた
こびとさんの むぎばたけ
いそいで こなをこねて
いそいで パンをやいて
いそいで かごをあんで
いそいで かごにいれて
こびとさんの おうちに いきましょう


3番
あなほりほり あなほりほり
のせてのせて トントントン
あなほりほり あなほりほり
のせてのせて トントントン
できた できた
こびとさんの おとしあな

そおっと くまがやってきて
そおっと あなをのぞいて
そおっと あしをのせて
そおっと にげていったら
こびとさんの おうちに いきましょう


きな臭いですね〜
落とし穴作っちゃった! 


否が応にも好奇心が煽られますね。
くまちゃんは逃れられるのか?
こびとちゃんが勝つのか?


4番(前半)
ひをたきたき ひをたきたき
ふいてふいて トントントン
ひをたきたき ひをたきたき
ふいてふいて トントントン
できた できた
こびとさんの スープ


スープできちゃった!
多分これ・・・くまちゃんスープですね(>_<)


(後半)
あかいろうそく ゆれて
あかいろうそく もえて
あかいろうそく とけて
あかいろうそく きえて
こびとさんの おうちは ゆめのくに


食欲が満たされたこびとさん。次はというと、
蝋燭ですよ蝋燭!
ここだけ一転してすごくムーディな…


…っと、長々書いてしまいましたが、
どうです、「いとまきのうた」の不思議な歌詞をご存知でしたでしょうか?
私は真剣に悩んで、一体何の歌なのか、全くわからなくなってしまいました。



こどもといると本当に疑問符ばかりになります。
浦島太郎は善行をしたのに壮絶なしっぺ返しをくらっちゃうのはなぜ、とか
シャボン玉は生まれてすぐに壊れて消えちゃったけどこれって一体…とか
色々調べてみると、実は結構面白いですよ〜。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:42|PermalinkTrackBack(0)

2010年12月30日

ノロウイルスらしきものが我が家に。治療法は、予防法は?

ノロウイルスらしきものが我が家に来襲です。
2歳半の長男が吐きまくっています。


治療法や予防法はこちらをご覧ください。
ノロウイルスによる感染性胃腸炎にご注意ください(渋谷区)
ノロウイルスに関するQ&A(厚生労働省)


「らしき」というのは、よくわからないからです。
単なる診察ではわかりません。きっちり検査を受けないとわからないのです。
なので、お医者さんからは「ノロウイルスによる可能性が非常に高い」と言われました。


いやーこれ、実に大変です。
まだ2歳のこどもにとって、「洗面器に吐く」というのがいかに難しいクエストなのか・・・
大人にとってはなんでもないことでも(いや、もちろんしんどい中ではできるだけ動きたくないし、急な吐き気に対応するのは大変といえば大変ですけれども)、こどもにとっては初めての挑戦。
どういうタイミングのときどういう行動をとればいいのか分からず、呆然とヘタり込んでそのまま吐く、という状態でした。かわいそう・・・


さらにかわいそうなのは、水が飲めないこと。
渋谷区のページの一番下にさりげなく「嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、安静に努め、回復期には消化しやすい食事をとるよう心がけましょう。」と書いてあります。
そう、嘔吐の症状が治まるまではなかなか水も飲めないのです。
案の定うちの子は水を飲んでは吐くを繰り返していました。洗濯だけでしんどい・・・
ということで、水を欲しがるこどもに対し、心を鬼にしてちびりちびりと(大匙一杯ずつ、10分位おきに)あげるようにしていました。
本当にかわいそうです。


うちには生後4か月のこどももいるのですが、多分確実に罹患するでしょうね・・・
親たちも多分厳しい。
最悪の新年になりそうです。






このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 03:13|PermalinkTrackBack(0)

2010年11月28日

お好み焼きを作ってみたのですが・・・

最近お好み焼きつくりまくっています。
簡単で美味しい、ヘルシー、お財布にもやさしい! ということで、
こどもに手伝いをさせながら、作っています。

んがっ!
なぜだかうまく出来ません・・・
一回目の失敗は、キャベツを大きく切りすぎてしまって、生地とうまく混ざりませんでした。
二回目の失敗は、水の量が多すぎてしまって、もんじゃ焼き風になりました。
三回目の失敗は、油をよく熱しないうちにブタを焼いてしまい、フライパンを焦げ付かせてしまいました。
もう、ここまで行くとへたくそを通り越してお料理初心者もいいところです・・・
初心者なんだけどね。

そして四度目の正直!
家族に見られるのが嫌だったので、自分ひとりで昼食時にちょろっと作ることにしました。
普段の半分量で済むので取り回しもらくらく。慣れた手つきで生地をかき混ぜ、肉を焼き、
ジューッとフライパンに生地を流し込みます。
最大の難関、ひっくり返すのも、フライパンをひょっと返してあっさりと成功。
この辺は昔居酒屋でバイトしていたときの技術が活かされています。
特に問題もなく焼きあがり、これは成功だなぁーと一人ほくそ笑んでいました。

ついに四回目にして、美味しい卵焼きが出来上がりました!
外はカリカリ、中はフワフワ、ダシもしっかり効いています。
うわー、美味しいなぁ、最高だなぁと思いながら一人で平らげました。
卵焼きを。

うん。
卵焼きを・・・
お好み焼きを作ったはずなのに、なぜか卵焼きに・・・
パンケーキ風卵焼きというのか・・・
他の食材を半分以下にしたのに、卵の量を減らすのを忘れて、
それがドーンと自己主張をしていたのです。

うーん。
どうやら、お好み焼きと相性が良くないようです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:52|PermalinkTrackBack(0)

2009年07月12日

ツィッター

そういえば、ちょっと前から話題のツィッターに登録してみました。

使い方はなかなかこれだ! って感じにはなっていませんが、いろいろつぶやいています。

一週間くらい試してみて、使い方を決めるつもりです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:26|PermalinkTrackBack(0)

2009年06月08日

消防団操法大会&質問原稿書き

日曜日は消防団のポンプ操法大会。

昨年までは選手でしたが、今年は諸般の都合により辞退し、見守ってまいりました。新入団員中心のチームでしたが、一丸となって努力した結果見事に順位を1位向上させることができました! メンバーの努力を讃えたいと思います。来年は選手やるかなぁ・・・

 

さて、今は6月11日から開かれる渋谷区議会第二回定例会の代表質問づくり。じっくり時間を取ることが難しいので、夜に起きてやるしかありません。いろいろこまごました問題も取り上げたいのですが、原稿にしていくとどうしても今までの会派&自分の重点政策が中心になっていって、他の内容がどんどん削られてしまうなぁ・・・

今回の重点項目は今のところ、

・都政改革

・教育

・インフルエンザ及び感染症対策

・窓口改革

・ネーミングライツ

あと子育て支援やら福祉関係やらが単発で、という体制になりそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 04:34|PermalinkTrackBack(0)

2008年09月05日

渋谷区神山町「魚力」(魚屋の定食。サバ味噌が絶品!)

各種メディアで取り上げられている名店の一つがこの神山町「魚力」です。これでもか! というほどの海鮮丼、そしてサバ味噌が定番です。

私はここでは、必ずなめろう、サバ味噌、ぎんだら、ネギトロ丼が定番です。夜は居酒屋なので、仲間と何品か頼んでがっつり食べまくります。特にサバ味噌はとろとろ、骨まで食べられます。甘めの味噌はご飯に載せて、あるいは辛口の日本酒で、もう最高です!

場所は渋谷駅あるいは代々木八幡・代々木公園駅から東急本店通りで5〜6分。ちょっと歩きますね。おなかをすかせるのにちょうどいいですね(笑)

さんま定食(ランチ)

秋の味覚、サンマ定食

地図(通り沿いにコイン駐車場結構あります)

 

ちなみに、小学校の同級生のうちでもあります。ぜひお越しください。損はさせません!!!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:36|Permalink

2008年09月01日

エド・はるみ力走か・・・

エド・はるみさんが24時間テレビでマラソンを走ったわけですが、視聴率がオリンピックマラソンを超えてしまったとか・・・

まあ、あれだけ話題だったし、一方オリンピックは様々なトラブルがあったわけですからわからないでもないですが、それにしても驚きますね。

家では最近テレビをつけないことにしているのですが、しきりと「エド・はるみのマラソン、どうなったかなぁ…」という話題が出ていました。やっぱり気になりました。

エド・はるみは遅咲きのタレントであり、しかも24時間マラソンを走るという夢を実現し、さらに短期間のトレーニングで本番に間に合わせたことなど、話題には事欠きませんね。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080901-00000000-maiall-ent

エンターテインメント

<24時間テレビ>エド・はるみのゴールシーンは41% 北京五輪マラソン上回る

9月1日10時46分配信 毎日新聞


 8月30日〜31日に日本テレビ系で放送された「24時間テレビ31・愛は地球を救う 『誓い 一番大切な約束』」で、エド・はるみさんのチャリティーマラソンのゴールシーンの視聴率が41.1%(関東地区)だったことが、ビデオリサーチの調べでわかった。ゴールするまでの2時間の平均視聴率は30.2%で北京五輪女子マラソンの平均28.1%を上回った。北京五輪女子マラソンの最高視聴率はトメスク選手がゴールした瞬間の38.8%だった。

 2日間の平均視聴率は18.6%と昨年と同じ歴代2位だった。24時間テレビは、78年から始まった日本テレビの夏の恒例番組で、チャリティーに重きを置いているのが特徴。昨年の視聴率(関東地区)は、今年と同じ18.6%だった。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:53|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月19日

代々木八幡宮は縁結びのパワースポットだという。 (2)

どうやら、雑誌で紹介されていたようですね。
代々木八幡神社が。


一時期は縁結びのお守りが最近まで品切れだったそうです。
雑誌の影響力はすごいですね〜。


効果抜群という、代々木八幡宮の縁結び守は水晶です。
「持つ人の心を清らかな水のようによどみのない純粋な心に」するらしい。
今は品切れではなくなったので興味のある方はいかがでしょうか?

ちなみに地図はこちらです。

 

代々木八幡宮の入り口でふと見ると、、猫が2頭じゃれ合っていました。
7ba35c68.jpg

 

 

 

このカップルもラブラブなのだろうか? 恐るべし縁結びのご利益・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:34|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月17日

ファーストブック(初めて出会う絵本)

そろそろうちの子も3か月。
ファーストブックとやらで、少し気が早いけど息子の絵本を買ってみました。
がたんごとん」と「ひとまねこざる」です。

 

「がたんごとん」は本屋さんに行ってみて、一番シンプルそうだったのです。
ミッフィーちゃんにもひかれましたが、語感の良さでこちらを。

「ひとまねこざる」は自分が子どものときに好きだっだ本。
文章が多くてちょっと早すぎると思いましたが将来に備えて購入しました。

 

早速読みきかせてみましたが、食い入るように読んでます!
どうやら、絵を見るのが楽しいらしいです。

考えてみれば、いつも天井ばっかり見ているので、きっと色に飢えてたんだなぁ・・・
まだストーリーや言葉は二の次かもしれませんがこまめに読み聞かせを続けたいものです。

 

本好きの子供に育って欲しいなぁ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:10|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月08日

子どもと過ごした一日

今日はパートナーが多忙&預ける相手が軒並み用事だったため、区議会にて調べものや事務作業をした一瞬を除き家にいて子どもの相手をしていました。
気分は在宅の自営業者ですね。


朝一から息子と二人、遊んだり世話したりでなかなか充実していました。
じっくり向き合っていると先週はできなかったようなことができるようになっていたり、前は嫌がらなかったことを嫌がるようになっていたりと、知能と情操の進歩が随所に見られます。
特に驚いたのが寝返り(あおむけ→うつ伏せ)がほぼできるようになっていたこと。腕が自分では抜けないのでそこで泣いてしまうのですが、それでもちょっと早すぎるくらいの成長で若干戸惑います。
これからは安全にもっと神経を使わなきゃならないんだろうな・・・


こんな風にゆったりと向き合える時間はそんなに多くないでしょうから、子どもとの時間は一瞬一瞬を大切にしたいですね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:59|PermalinkTrackBack(0)

2008年08月07日

代々木八幡宮は縁結びのパワースポットだという。

どうやら、代々木八幡宮は縁結びのパワースポットだという噂が流れているそうです。
本当なのだろうか?


都内でも有数のパワースポットだという話は聞いたことがあります。
でも、縁結びですか?
うーむ。代々木八幡宮がねぇ・・・


NHK西口にある「2.26事件の記念碑」は告白のスポットだという話は聞いたことがあります。
あそこで告白すると成功率が高いのだとか。
処刑場だったという話なんですけどね・・・


いずれにせよ、意外なところに意外なパワースポットがあるようですよ。
代々木八幡宮はいつか確かめてみたいと思います。
でも、どうやって?
うーん。どなたか代々木八幡宮で告白してみませんか?


ということで、代々木八幡宮は小田急線代々木八幡駅&千代田線代々木公園駅1番口から徒歩3分くらいで着きます。
お近くの方、心を落ち着けて考え事をするには最適の場所なので、お散歩などいかがでしょうか。気持ちのいい森で、心が洗われます。
パワースポットのうちの一つではあるようですし。お勧めです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:55|PermalinkTrackBack(0)

2008年07月29日

「永田町もったいない!文庫プロジェクト」

「永田町もったいない!文庫プロジェクト」をご存知ですか?
民主党学生部がスタートさせたプロジェクトで、国会議員事務所を中心に不要な本を引き取り、高校や専門学校に寄贈するというプロジェクトです。


確かに、永田町には本があふれていますから、再生して使っていただけるようにするのは有意義な取り組みですね。
ご興味のある方は、学生部に連絡を取っていただければと思います。
私にメールしてくださっても結構です。


学生部の諸君とは青年委員会活動を通じて連携しています。
ともに社会に貢献できるよう頑張っていきたいものです。

 

「永田町もったいない!文庫プロジェクト」

クラブデモクラッツ学生部:告知☆永田町文庫プロジェクト協力のお知らせ☆ - livedoor Blog(ブログ)



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:03|PermalinkTrackBack(0)

2008年07月06日

代々木八幡宮にてお宮参り

子どもがひと月過ぎになったので、代々木八幡宮にお宮参りに行きました。
実は、神社でお払いしてもらうのは初めてです。


名誉区民である平岩弓枝さんとは区の様々な行事でご一緒しますが、ご実家の代々木八幡は実は縁遠いです。
お祭りにプライベートで参加するくらい。
後は、考えことをしたかったり落ち込んだ気分をリフレッシュしたいときに、さらっと散歩するくらいです。山手通り沿いとは思えない荘重な雰囲気がいい。


子どもの祖父母(私たちから見れば父母)も含めてお祓いをしてもらいます。
幸いなことに全くぐずりもせず、静かに式は進められました。
男の子は比較的泣いてしまいがちだそうですが、静かにいい子にしていました。


夕方からはながつま昭衆議院議員のビアパーティ。
その後、学生インターンの募集活動など。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:27|PermalinkTrackBack(0)

2008年06月23日

「ロシア・アヴァンギャルド」展がBunkamuraで開催

今日は移動中に時間があったので、Bunkamuraにて「ロシア・アバンギャルド」展を見てきました。

 

1910〜1920年代のロシアでは、フォービズムやキュビズムの影響を受けた抽象表現が盛んになりました。これが「ロシア・アバンギャルド」です。シンプルかつ大胆な抽象化は徐々に先鋭化し、シュプレマティズムという幾何模様による純粋な表現にまで行き着きました。

 

ロシア革命前夜からの緊張と軌を一にするこの運動は、革命政権のもとに芸術文化教育に取り込まれていきますが、やがてスターリンによる芸術団体の解散命令によって終焉し、亡命した画家たちはフランスなどにその拠点を移します。しかし、一瞬の輝きはすさまじく、そのスパークが会場に横溢しているようです。

私はどうもロシア芸術が好きなようで、歌曲などでもマイナーなチャイコフスキーなどを好んで聴いていたりします。大地の叫び、とでも言うのでしょうか、そのようなエネルギーが感じさせるものが好きなのです。この展覧会でも、プリミティズムとか素朴派といわれる「ピロスマニ」の作品が気に入り、安いですがクリアファイルを買ってしまいました。

それにしても、渋谷というか東京のいいところは、こうやってふらっと質の高い表現に触れることができるところですね。こんな環境を守っていければなぁ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 21:04|PermalinkTrackBack(0)

2007年11月06日

渋谷の新しいジェラート屋に。

昨日に続いて、各種団体ヒアリング。本音の話を聞きつつ、各議員とも綿密なディスカッション。

時間が空いたので、インターン生とともに新しく出来たジェラート屋へ。フルーツたっぷり、カラフルなジェラートがずらっと並んでいます。

875641d9.jpg

インターン生の食べた、バニラ、クランベリー、チョコレートの三種盛りです。

私はコーンにパイナップルとバナナ、バニラを詰めてもらいました。

でも、私には甘すぎます。すぐ飽きてしまいました。


da87a0d2.jpg入っているのはスペイン坂、ゼロゲートです。女の子達が続々入って行く様子。

これからまた会議です。がんばります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:24|PermalinkTrackBack(0)

2007年05月13日

母の日に寄せて

今日は母の日ですね。
「母」というと、私はこんな詩を思い出してしまいます。


蝶のような私の郷愁!
蝶はいくつか籬(まがき)を越え、
午後の街角に海を見る・・・。

私は壁に凭れる。
隣の部屋で二時が打つ。

ー海よ、
僕らの使ふ文字では、
お前の中に母がゐる。

そして母よ、
仏蘭西人の言葉では、
あなたの中に海がある。

〜三好達治・「郷愁」〜



後半二連はほんといいですね。好きです。
でも、この詩はあまり母の日むきではないかな・・・

ということで、すべてのお母さんに次の詩を贈ります。
星野富弘さんをご存じない方、調べていただけるとぐっと来ます。


淡い花は
母の色をしている
弱さと悲しみが
     混じり合った
温かな
母の色をしている

母の手は
  菊の花に似ている
固く握りしめ
それでいてやわらかな
母の手は
  菊の花に似ている

神様が たった一度だけ
この腕を 動かして下さるとしたら
母の肩を たたかせてもらおう
風に揺れる
ぺんぺん草の実を見ていたら
そんな日が
本当に来るような気がした


〜星野富弘・「ばら・きく・なずな −母に捧ぐ−」〜



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年01月06日

こんな日はショートショート

東京は雨ですねぇ。寒いです。
午前中はシニアクラブの新年会などに顔を出してきました。

外回りしようかと思っていたんだけど、この雨の中外回りとか街頭演説とかするのもなかなかね。風邪引いてもしょうがないし、三連休ですしね。
人も少ないでしょうし。
こんな日はいっそやめちゃって、ビラの原稿書きながらネットの手入れでもしようかなぁと思っています。


そういうときに便利なのがショートショート。
ちょっとした息抜きのときに、短い文章をささっと読んで気分転換。それだけで能率は格段に上がるものです。

ということで、取り寄せておいた友人「せいやんせいやん」さんのショートショートを読んでいたんですが、これがなかなか面白いんです。
なんていうか、和みます。

 

自分で紹介するのは得意ではないので、以下この本を編集なさった「両国の隠居」さんの紹介文を勝手に転載(笑)

----------------------------------
【膨大なストーリー】
「せいやんせいやん」さんがブログにショートショートストーリーを書き続けていることは知っていた。仕事に疲れたときなど、ときどきブログを覗きに行っては少しさかのぼって読んでいた。

「本にしたいので相談に乗ってもらえませんか?」
「メールに添付して送ってください」
このようなやり取りの後、原稿がメールに添付されて送られてきた。
「ウヒャー、これを全部プリントアウトするのかー!」
もちろんパソコン画面で読み切れる量じゃない。行間を詰めて、文字の級数を小さくして、改行部分もつなげてプリントアウトした。

それにしても凄まじい。単に分量が多いだけの原稿ならば職業柄見慣れている。「せいやんせいやん」さんの原稿はショートショートなのだ。最初に送られてきた原稿の中だけでも120近いストーリーがちりばめられていた。

【よくもこれだけ次々と】
読むだけでも大変なのだけれど、ついつい次にどのようなストーリーを考えているのかと期待してしまう。編集を離れて読んでしまうのだ。

大概の本は、全体の流れがある。「せいやんせいやん」さんの原稿はあちこちに地雷が隠されているのだ。それも常に予測を裏切ってくれる。

これは最後に何かありそうだと思った章がそのままスーッと終わってしまったり、これはホンワリ気分を味あわせようと書いているなと思った章が意外なブラックユーモアだったりする。

【隠し味満載】
本が出来上がって後になって考えてみると、新書版2段組でも一冊につき300頁に及ぶ文章量なのだ。その最後まで予想をさせないこの構成は今までの本にはなかったように思う。そして読み終わったときに「せいやんせいやん」さんの朴訥とした人柄が浮かんでくる。

一冊目が『見習い天使』、そして今月出た本が『弱気な悪魔』。その両方が著者である「せいやんせいやん」さんの隠された一面なのかも知れない。


見習い天使 田中せいや著 定価800円 太陽出版刊
【アマゾン】
http://www.amazon.co.jp/%E8%A6%8B%E7%BF%92%E3%81%84%E5%A4%A9%E4%BD%BF%E2%80%95%E7%85%A9%E6%82%A9%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%81%A0%E3%81%91%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E3%81%9B%E3%81%84%E3%82%84/dp/4884694279/sr=1-4/qid=1167138007/ref=sr_1_4/250-4657807-9405816?ie=UTF8&s=books
【ビーケーワン】
http://www.bk1.co.jp/search/search.asp?kywd=%8C%A9%8FK%82%A2%93V%8Eg&srch=1&Sort=za&submit.x=42&submit.y=8

弱気な悪魔 田中せいや著 定価800円 太陽出版刊
http://www.amazon.co.jp/%E5%BC%B1%E6%B0%97%E3%81%AA%E6%82%AA%E9%AD%94%E2%80%95%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%88-166%E9%8C%A0%E3%81%AE%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E5%AE%89%E5%AE%9A%E5%89%A4-%E7%94%B0%E4%B8%AD-%E3%81%9B%E3%81%84%E3%82%84/dp/4884694961/sr=11-1/qid=1167138149/ref=sr_11_1/250-4657807-9405816
【ビーケーワン】
http://www.bk1.co.jp/search/search.asp?kywd=%8E%E3%8BC%82%C8%88%AB%96%82&srch=1&Sort=za&submit.x=36&submit.y=7



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:07|PermalinkTrackBack(0)

2006年12月19日

出版の新しい世界

新しい出版社が誕生しました。

先日ご紹介したJPS出版です。「個人出版」という文化を創ろう、と言う気概に満ちた、バイタリティあふれる出版社です。

自費出版と違い、単なる印刷だけでなく積極的に書店にも配本をする。共同出版と違い、著者を食い物にせず、きちんとしたサポートを行う。こんな出版社です。

キャッチフレーズは、「売れる本より、作りたい本を」。低迷している出版業界の台風の目となり、救世主となることができるように思っています。

最初の本として2冊、個人出版のマニュアル本を出しました。まずは首謀者(?)ご本人の著書。

個人出版〈自費出版〉実践マニュアル―売れる本よりも売りたい本を (2007年版)

そして、お弟子さんと言うか、パートナーの方の著書。

ブログを本にする本―逆説!ブログの使い方

どちらもお勧めですよ! 本を作りたいなぁ、と思っている方、ブログの記事で何かできないかなぁ、と思っている方。是非ごらんあれ!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:23|PermalinkTrackBack(0)

2006年10月04日

渋谷公園通り【たばこと塩の博物館】ミティラー画

渋谷区議会では委員会審議・決算特別委員会分科会審議が続いていますが、委員長の立場ですので委員会が終わってから報告をいたします。

今日は、昼休みの時間を利用して「たばこと塩の博物館」に行って来ました。
「中越地震復興記念 ミティラー美術館展 インドの民族アート」という企画展がやっているのです。

インドの民族アートとして、ミティラー画、ワルリー画、ゴンド画、そしてテラコッタの作品の4つが展示されていました。

ミティラー画はデフォルメの効いた細密画で、遠目にはダイナミックな線画、近目には気の遠くなるような線描画に見える、独特な壁画です。
インドの東北部に位置するミティラー地方で3000年にわたって伝承されてきたといいます。
ピカソが強烈なインスピレーションを得て驚嘆したというほど、想像性豊かなミティラー画には高い評価がされています。

ワルリー画は赤茶色のキャンパスに米をすりつぶした白い絵の具で画かれたもので、民話や神話を基にしたシンプルな画です。プリミティブな力強さに圧倒されます。
人口40万人のワルリー族により伝承されてきたといいます。


ゴンド画は、ミティラー画以上の細密画です。ジャンガル・シンと言う第一人者の作品が展示されていましたが、虎や飛行機を独自の世界観に引きずり込んで描いており、力強い作品になっていました。
現代アートの傑出した一人と評価されているようです。


インドのアートに共通するのは、土俗的かつ強烈な創造性があること、気が遠くなるほどの細かいモチーフが繰り返されていること、などだと思います。
ミティラー画の実演をしていましたが、一筆一筆が実に精密緻密でびっくりしました。

 

ミティラー美術館は新潟県十日町市にあり、中越地震でかなりやられたそうです。
ようやく本年7月21日に再開を果たしたということです。1年9ヶ月ぶり。復興記念として今回の展覧会が開かれました。

会期は15日まで。
お早めにどうぞ!

 

たばこと塩の博物館:
http://www.jti.co.jp/Culture/museum/WelcomeJ.html



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年09月20日

歌舞伎を見に行きました。

a2755424.jpg

久々の歌舞伎座です。

籠釣瓶花街酔醒という、大好きな演目。
簡単に言うと、遊女に振られたお大尽が、逆恨みして遊女を斬ってしまう、という陰惨な内容(涙)
ですが、細かい心理描写がものすごくて、笑いあり、涙あり、迫力のお芝居です。

 


3階席だったので花道が見られなくて残念だったけど、大向う(おおむこう。「播磨屋」「成駒屋」などと声をかける人)が真後ろだったので、それも楽しめました。

ちなみに、大向うについては、このフラッシュが面白いですよ。
 → http://www.fan.gr.jp/~atsuya/nakamuraya.swf


歌舞伎なんて娯楽なんだから、しゃちほこばって見てても面白くないんだけど、どうも「日本文化だ」なんていって持ち上げる風潮があっていやです。

実際歌舞伎教室なんかでは、私もさっくりと寝ていた口です。
上であげた「かごつるべ」なんて、繰り返しますが振られ男の逆恨み。
「文化だ」「芸術だ」なんて持ち上げてみて、楽しいですか?

弁天小僧の口上を真似たり、
大向うの練習をしたり、
どうせなら、歌舞伎のもっと俗っぽい楽しみ方を教えたほうがよっぽどいいと思うんですが。


これはお茶でもなんでも同じこと。
伝統文化だ、保存だ、っていう今の文化振興策には、違和感を感じます。


 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2006年06月11日

消防団ポンプ操法大会直前

9e82e390.jpg 今年こそは、と盛り上がる第一分団。昨年の最下位の雪辱を晴らすべく、かなりの入れ込みようです。集合の1時間前に到着し、入念に点検中。

 

 

・・・結果は、いろいろトラブルがあってまた最下位(のようです)。

悔しいですが、しようがありません。実力的にそこまで劣っているとも思いません。この悔しさをばねに、次回はぜひ上位に食い込みたい!

ということで、雨の中ずぶぬれになりながらのポンプ操法は終了しました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月13日

ご挨拶

結婚しました。今後ともよろしくお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月07日

経済関係の本を読みふける

この土日は、家の用事をこなしたりしながら5冊の本を一気に読みました。
もとから読むのは早いのですが、それにしてもハイペースであったと思います。


○経済学の参考書

久しぶりにマクロ経済学を復習しようと思い、公務員試験向けの基本書をブックオフで買ってきて一読。簡単な本ですが、一通り復習するとずいぶんいろいろ思い出します。
政治をやっている人間として、経済学は必修科目のひとつだと思っています。


○高杉良「社長の器」

社長の器

冷徹な兄が多国籍企業の総帥、温和で人徳者の弟が中小企業の社長兼野党代議士。そんな兄弟の葛藤が迫力ある筆致で描かれている経済小説です。
経営者に求められる「器」って、いったい何なんでしょうか。答えはもちろんないわけですが、行政の首長なども含めてリーダーとは何か考えさせられる内容でした。


○高杉良「金融腐食列島」上下

金融腐食列島(上)

金融腐食列島(下)

銀行の不良債権問題を中心に金融の問題点についてかかれたもの。
住専問題についてはもうだいぶ忘れてしまっていたが、たった10年くらいしかたっていないんですよね。

その当時はあまり知識がありませんでしたが、壮絶なやり取りがあったんでしょう。
小説とはいえ、鳥肌が立ちました。


○ジョージソロス「グローバル・オープン・ソサエティ」

グローバル・オープン・ソサエティ

 

過去の話から一転、未来の話へ。
稀代の投資家で、有力慈善団体のトップでもあり、思想家としての一面も持つソロス氏が書いた未来へ向けての提言です。

副題は「市場原理主義を超えて」。
(金融市場の)グローバル化を背景に、噴出してきた「反グローバル」と「市場原理主義」の双方に対し異議を唱え、国際機関を世界的な公共財提供のための機関として強化しようとする提言です。
政府の再分配機能を国際的に強化しようという試み、といいかえてもいいでしょう。

できるかできないかは別として、新しい世界観を提示している、という意味で非常にエキサイティングな本です。
ベストセラーになったのもうなづけます。

未来を考える上で、ひとつの指針になるでしょう。

 

以上、経済関係の5冊を10時間ちょいで一気に読みました。
疲れたー。

これからちょっと体を動かしてきます。

 

 


 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:28|PermalinkComments(2)TrackBack(0)