教育

2014年11月30日

空手はこどもにすごくいいです【こどもネタ】

渋谷区議会議員の鈴木けんぽうです。
1年半くらい前から、長男とともに空手を始めましたがこれが実に! イイ! です。

なにがいいかというと、
  • 体幹トレーニングになる
  • 闘争心が養える
  • 大人に怒られ&褒められる
  • しつけに厳しい
  • 学年関係ない交流がある
と、なかなかの優れもの。大満足です。
今では下の娘と3人で通っています。もしかしたらおばあちゃんも参加するかも。
こども自身はなんかやめたがっているんですけど…「黒帯になったらやめていいよ」と言っています。
いつになるやら(^_^;)

image
大会の時のこどもの演技。

とはいえ、やっぱり指導者の方針などもあるみたいだから、どこもかしこも空手は全部いい! ともいえないのかもしれませんが・・・
型(演技)と違って怪我をしやすい組手(バトル)なんかは、特に考え方が大きく分かれるところですね。


上の子はサッカー、下の子はバレエをやりたいみたいなんで、来年の5月になったらそちらも加えようかと思っていますが、当面は空手一本でがんばっていきます!


え、なんで5月まで待つのかって? 
それは・・・選挙がありますから・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 19:30|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月26日

【こどもネタ】5歳からプログラミングはできるのか?

結論から言えば「できる!」のだけれど。
幼児向けのプログラミング本が出たので、つい買ってしまい、わが家の年長6歳児(学年で言えば5歳児ね)に手渡しました。


5才からはじめるすくすくプログラミング
アフィリエイトです。ここ踏んでから買っていただくと、私を支援することができます(笑)



image

初日の様子。既に夢中です。



基本は教育用プログラミング言語scratchの本。
その幼児版、scratchJRの解説書です。iPadで動かします。
スクラッチは、命令文がブロックになっていて可視化されているので、直感的にわかりやすい。
命令ブロックを組み合わせて簡単なスクリプトを書けるのですね。



<実際に触らせたら?>


うちの子は幼稚園年長6歳で、まだちょっと早いかな・・・と最初は思いました。
が、最初の導入で解説しなければならなかったものの、まずキャラを配置するのにはまり、キャラデザインを楽しみ、うろうろ動かすのに没頭、って感じです。
多少プログラミングのパワーに目覚め始めたか…



実際に作ってるときのムービー。ごめんなさい、ipadを動画キャプチャする能力がありませんでした。
そしてYouTubeの投稿も初めての経験でなんかうまくいかないです(笑)



妖怪メダルを撮影して使うアイディア、最初の一個の動かし方は私が教えましたが、あとはちまちま自分でやっていました。
ちなみに・・・二日目です。まだ2時間くらいかな?


単にゲームをやるよりも、自由度も高いし能動的、アイディアを形にできる、複雑な論理を操るようになる、という意味で面白いなあと思います。
五歳児がいきなり一人ではできないですが、親子で楽しみながら、少しずつ興味を広げてあげるとハマりそうですね。
特に、「プログラミング? なにそれ美味しいの?」くらいの方が一緒に取り組むと面白いんじゃないかなぁと思います。
ちなみに私がそのタイプです(笑)



<プログラミングに何を期待するか?>

いくつか期待することはあるのですが、特に
  1. 論理に苦手意識を持たなくなること

  2. 遊ばせてもらう側から遊ばせる側に変わること

  3. 自由で豊かな発想を形にできる方法を増やすこと


かなと。
別にプログラミングをスキルとしてとらえて教育するつもりは微塵もなく…
表現手段の一つとしてとらえています。


それと、本人ほんとに楽しそうです。そこがよかったなぁと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:30|PermalinkTrackBack(0)

2014年10月04日

「お弁当は親の愛情をこどもに伝えるメッセージ」という教育長の発言について(聞き取り&要約)

渋谷区議会が9月25日より開催されました。
26日の本会議後、堀切議員の質問(質問形式の提言)と教育長の答弁について以下のようなツイートをしました。
133件のRTをいただきました。

「そして、放課後クラブの「夏休みにお弁当持ってこないと利用できない」ルールについて、堀切議員が「用意できないご家庭もあるから対応してほしい」との 求めに教育長は「お弁当はご家庭の愛情」という発言。いや、作れないのは愛情とは関係ないだろう、と突っ込みたかった。自民党さんは喜んでたけど。」



このたび、該当部分の動画が公開されました。
聞き書きで要約しましたので、こちらでご確認ください。
教育長の答弁は若干違いますが、おおむねニュアンスは変わらないかな・・・

正式なものは議事録が作られるまでお待ちください。
ちなみに教育長は女性で、自らも子育てをしながら校長まで勤め上げた方です。(注 追記3参照)

-----------------

堀切議員 動画中継
(9月26日のものをご覧ください)


堀切議員 質問

4:22
  • 放課後クラブは夏休みお弁当が必要
  • 保護者が多忙で夏休みの間お弁当を作れないために放課後クラブの利用を控えざるを得ない児童がいる
  • 保護者が昼食を作れない日だけでも、仕出し弁当などで対応できないか
  • まず1校からだけでも始められないか


教育長 答弁

10:05
  • 夏休み期間中放課後クラブの様子を時折見た
  • 保護者が作ったお弁当を本当に美味しそうに食べていた
  • 保護者はこどもたちの健やかな成長を願い日々の食事を大切に考えてお弁当を作っていると感じている(そうだよ、そうだよ)
  • お弁当は保護者の気持ち・愛情をこどもに伝えるメッセージともなるとも感じている(拍手)(そういうことだ)
  • 放課後クラブでは、夏休みの期間だけでなく、給食の無い日の利用でもお弁当を持参することを利用条件にしている
  • 保護者にもご理解をいただいていると認識している
  • よって仕出し弁当等の対応をとる考えはない(拍手)(親がちゃんと面倒を見るの、こどもの〜不明〜勘違いしちゃいかん)


堀切議員 結語

20:30
  • 「親が作れないのが悪い」と言っているのではない
  • 今の若いお母さんたちはジェネレーションギャップがある
  • 自分より上は確かにできていたと思う
  • 今の親自体がそういうことができなかった人に育てられている
  • 実行していただきたい

-----------------

こどもたちのために忙しい中一所懸命、大変な思いをしてお弁当を作っていらっしゃる方のことは私もよくわかります。
うちもそうですから。

ただ、夜勤だったり病気だったり出張だったり、なんかの事情があってお弁当を作れない、作るのが非常に難しいご家庭を救済して欲しい、というのが今回の堀切氏の発言趣旨だと思います。

教育長の答弁は、そういう方々をむしろ追い詰めてしまうんじゃないかな・・・


私は、長期休みの放課後クラブは、通常の放課後クラブに比べて福祉的な色合いが強いものだと思っています。
なぜなら、夏休みの間全てに対応できるようなご家庭は、特に共働き家庭や母子・父子家庭では少ないからです。
いきおいその時期は放課後クラブの重要性・切実性が上がります。
特に、様々なご事情を抱えているご家庭に対しては丁寧な対応が必要なのではないでしょうか。


まぁ、事務処理だとか、衛生管理だとか、金銭管理だとか、もろもろの課題があるのも導入ができない大きな理由なんでしょうけど、それなら事情について答弁をするべきなんだろうと思います。
でないと、議論にならない。
堀切氏だって、「仕出し弁当等」とか「一校だけでも」とか、事情をある程度くみ取って質問しているようですし。


以上です。
この件、ご意見などありましたらお気軽にお寄せ下さい。


(追記1)
論理的には、
「お弁当をつくるのはこどもたちの健康を考えているからである」
は、
「こどもたちの健康を考えていなければお弁当は作らない」とは同じだと言えるけど、
「お弁当を作らないのはこどもたちの健康を考えていないからである」とは言うことはできない(愛情あったって作れないことはある)し、
「こどもたちの健康を考えていればお弁当を作る」も言えないから、
厳密には森教育長の発言は完全に否定するものでもありません。

丁寧に考えなくてはなりませんね。


(追記2)
基本的に教育委員会の答弁は浮ついた理念的なことばっかりでお茶を濁すことが多く、今回も悪い癖が出ているなと感じます。
冷静で理性的な議論にならない。極めて残念です。


(追記3)
下記の記事によると、教育長のご家庭では、食事はおばあちゃん(教育長のおかあさま)が担当なさっていたそうです。
日本のPTA、やっぱり変です

ご自分が日々の食事を作っていなかったのにこの答弁は、ちょっとひどいなぁ。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:43|PermalinkTrackBack(0)

2014年09月02日

【学校選択】渋谷区立小中学校長就任時期

渋谷区立小学校・中学校は学校選択制を敷いています。
学校のカラーを決める重要人物として、校長先生の存在があります。
校長先生が変わると方針も変わる可能性もあります。

そこで、一般にはあまり意識されていない、小中学校の校長先生の就任時期を一覧表にしてみました。
学校選択の一助にしていただければ幸いです。


<小学校>
神南小 25年〜
臨川小 25年〜
長谷戸小 25年〜
広尾小 26年〜
猿楽小 26年〜
加計塚小 26年〜
常磐松小 22年〜
幡代小 23年〜
山谷小 24年〜 ※
上原小 26年〜
笹塚小 24年〜
西原小 26年〜
富谷小 26年〜
中幡小 26年〜
千駄谷小 26年〜
鳩森小 23年〜
神宮前小 18年〜
代々木小 22年〜 ※
渋谷本町学園小 24年〜(創立時から)

※代々木山谷小学校として新たに開校の予定です。

DSC_0463



<中学校>
広尾中 24年〜
鉢山中 24年〜
上原中 25年〜
代々木中 24年〜
原宿外苑中 23年〜
笹塚中 25年〜
松濤中 20年〜
渋谷本町学園中 24年〜(創立時から)


※定年等の情報については、個人情報に該当する恐れもありますので割愛しています


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 11:00|PermalinkTrackBack(0)