2014年11月15日

知らなければ損をする。

知らなければ損をする。
渋谷区政に関わってから、特に痛感するのがこの言葉です。

行政が提供するさまざまなサービス、公共的な団体が提供するさまざまなサービスは、安くて良質であっと驚くような意義深いものも少なくありません。


典型的なのが渋谷区の病児病後児保育利用料金助成制度


こどもの病気の時、保育園などに預けられない際にベビーシッターさんの料金を半額弱助成する制度です。
こどもの体調が悪いけど仕事が休めない! 困った! なんてよくある話ですね。
そういうときの強い味方です。

手前みそですが、民主党の提案したものです。


が、案外使われてない。
若干使いづらいのも否定できませんがそれ以上に知られていないんですね。


まぁ、こういう特別な時の仕組みって、案外知られていないし、告知しても浸透しない。
生活保護なんてまさにそうですよね。たいていの人は自分が生活保護を受けるとは思ってないから、知ろうとしないし気にも留めない。
でも、病気や事故で働けなくなれば簡単に落ちてしまうんですよね…
それと同じで、「転ばぬ先のつえ」的な制度はなかなか周知が難しいです。
告知すれば浸透する、という話ではないようです。



ということで、
行政の提供するサービスにアンテナ立てて、もっと使いこなせば、かなりお得だと思います。

以上。


===============
<プチ日記>

久しぶりに尊敬する先輩と飲みました。たのしかった!
ということで、よってまーす!

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:01│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL