2014年11月10日

「ブラインドテーブルテニス」は難しい! 障害者卓球の視察

渋谷区議会五輪パラリンピック対策特別委員会でパラリンピック競技の卓球の視察へ。
十条の東京都障害者スポーツセンターに伺いました。
渋谷区内、東京体育館にて行われる予定の種目です。


民間団体の練習風景を見学してきました。
ボールの早い卓球、大丈夫なのかな…と思っていたのですが、むしろ皆さんとてもお上手で、私などより全然うまい。
確かに卓球は、ボールの方向さえあっていればあまり動く必要はありません。むしろリズム感や手と目の協応が大切、ということで、リハビリ等にも活用されているそうです。



また、ブラインドテーブルテニスの台も拝見し、実際に目を閉じて軽くプレイしてみました。
鈴を入れたボールをころがして、相手のコート端の白線に当てたらポイントというゲームです。
ボールを浮かせたらダメです。あくまでころがします。

image
ブラインドテーブルテニスの台です。プレイしているのは岡田議員です。



これが実に難しい!
どこに転ころがってるのか全くわからない。
数センチどころか十数センチはなれた場所をさぐってしまいます。
これは…ホントに難しいです。目の不自由なかたがいかに聞く神経をとぎすまして生活しているのか、よくわかりました。


ウィルチェアラグビー(車イスラグビー)に続き、ブラインドテーブルテニスなどの障害者卓球も応援していきたいと思います!
今後、障害者スポーツ振興の意見書やら決議やらを出せないか思案中…


みんなでパラリンピックも盛り上げましょう!








===============
<プチ日記>


昨日はアラビア料理の専門店に行ってきました。
ムスリム観光の受け入れ視察、それにアラブ諸国とのビジネス環境整備についてのディスカッションでした。

水たばこを試してみたのですが、甘い香りで実にうまい!
ただ、調子にのって吸いすいすぎてしまいました。過呼吸なのかな。


おかげで、今日はのどの調子がよくありません…
街頭演説がつらかった(^_^;)

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:30│TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL