2014年10月28日

なぜ渋谷区議会は最終日「紛糾」したのか?

東京新聞が渋谷区議会について24日にとりあげました。
内部からみていて補足が必要かなとおもいますので書いておきます。



渋谷区議会 討論、時間制限せず(東京新聞10月24日)


十二月定例会から本会議での討論時間を一人当たり、年間二十分に制限することを決めている渋谷区議会は九月定 例会最終日の二十三日、区立河津区民保養施設条例の一部改正案など二十二議案を可決するなどして閉会した。議案採決の前の討論では、七人の議員が従来通り 時間制限なく計十四回、発言した。

 保養施設の料金の減免制度を盛り込んだ条例案の討論では、二人の無所属議員が「耐震性に問題がある」「アダルトビデオの撮影で使用された過去があり、(区民の保養施設としては)適切でない」などの反対意見を述べた。

◆傍聴席に罵声も

 うち一人の発言中、自民党会派を中心に「議案と関係ねえぞ」「簡潔に言えよ」などと大きなやじが飛び、議場は一時紛糾した。見かねた傍聴者が「やじ止めてよ」と声を上げると、自民党議員が「傍聴者うるせえぞ」などと罵声を浴びせる場面もあった。

 討論は、条例や予算などの議案を採決する前に、議員が、反対や賛成の理由を説明するために行われる。前田和茂議長(自民)は、これまでの討論で議 案と直接関係のない発言が多かったなどとし、一人当たり年間二十分に発言を制限するルールを導入する意向を示していた。検討会の答申を受け、議会運営委員 会で当初、九月定例会からの導入を決めたが、反対議員が多いことから十二月定例会に先延ばしになった。

 議会終了後、市民団体の渋谷社会保障推進協議会(渋谷区千駄ケ谷)は「議会制民主主義を破壊する」として時間制限の撤回を求める要望書を前田議長に提出した。


紛糾したっていうほど揉めてはいませんけど、まぁ、こんなことが書かれてしまいました。
ここでいう「保養施設」は河津さくらの里しぶやです。→渋谷区立第二保養所・河津さくらの里しぶや【委員会視察】

今回は
  1. 「河津さくらの里しぶや」という名称をきめる
  2. 団体(シニアクラブ、青少年対策地区委員会、その他区長が認めた団体)に対して利用料を減額する
という内容の条例が提出されていました。
これに対する討論として、反対意見を堀切議員、笹本議員が述べたということですね。


ここで不思議に思いませんか?
なぜ二人が反対の意見を言っているのに、ひとりだけ紛糾したのか。
実は、ここが結構重要なポイントなんです。


<なぜヤジが飛んだのか?>



それは、堀切議員が「議案に関係する形で」討論したのに対し、笹本議員が「議案に関係ない形で」討論したからです。
実は、議会には「発言は議案の範囲を超えてはならない」という一般的なルールがあります。

渋谷区議会会議規則第54条 発言は、すべて簡明にするものとし、議題外にわたり又はその範囲をこえてはならない。

ところが最近は、議題外にわたる発言が増え、その結果「渋谷区議会の本会議では、討論の時間制限を導入しよう」という残念な動きにつながっています。


(参考)
【資料】渋谷区議会で討論(意見交換)制限が導入された経緯
渋谷区の討論(意見表明)制限、反対派仲間の議員に呼び掛け(ブログ過去記事)


そのような中で、今回の討論のやり方については注目されていました。
だから新聞記者さんもいらっしゃったんですね。


堀切氏は討論の仕方を工夫してて、減額団体とされた青少年団体について「AV撮影に使われた施設を青少年団体に使わせることに反対」と、施行日について「まだ東館は耐震調査が終わっていない10月27日に本条例を施行するのは反対」と、うまくご自分の主張をいっていました。


これに対し、笹本議員は、途中から議案と関係ない形で本施設の購入経緯や運営方法や防災対策などについてご自分の主張を言っていました。
せめて名称か、団体か、施行期日に明確に関連付けていさえすれば、堀切さんのように文句がつくことなくスムーズに進んだでしょうに。
その辺が本当にもったいないです。


(参考)笹本さんの発言内容(ご本人のブログ)


「本筋じゃないのにこだわるな。もっと政策的な議論をしろ」とおっしゃる方もいらっしゃることと思います。
ええ、わたしもそう思います。
こんな形式的なところで引っかかるのはほんとにもったいないと思います。


極めて技術的な話ですけど、逆にいえば、ルールに則りさえすればなにを発言しても自由なわけです。
議会の武器は言論と理屈(ルールや原理原則)であって、言いがかりをつけられないよう完璧にしなければならない、ってことです。
議会なんて言論による戦争という側面すらあるのだから…
と言うことで、今回の件はヤジられた方に問題があるという立場です。


p.s.
傍聴者とやりあってる人はひどいなと思いますけどね・・・


================
<日記>

歯科健診&特定健診を受けてきました。
40歳になったので・・・渋谷区から無料券が送付されてくるのです。

歯科健診は、虫歯は見つからなかったものの、歯石のクリーニングをしていただくことにしました。
渋谷区議会議員選挙まであと半年。痛んだら嫌ですもんね…

歯医者さんのキリキリする音も、健診の採血も、どちらも苦手です…


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL