2014年10月23日

車いす(ウィルチェア)ラグビー金メダル! 2020年パラリンピック渋谷区内開催

アジアパラリンピック仁川大会、車椅子ラグビー(ウィルチェアラグビー)が優勝しました!


日本、新種目の車いすラグビー金 アジアパラ大会第5日(朝日新聞)


アジアパラ大会第5日は22日、韓国・仁川で行われ、今大会から採用された車いすラグビーで日本が韓国との決勝を60―40で制し、金メダルを獲得した。


車椅子ラグビーは2020年パラリンピックにおいて渋谷区で開催される競技です。
渋谷区議会五輪パラリンピック対策特別委員会として、応援をしようと取り組んでいます。
9月には横浜のチーム、横浜義塾さんの練習見学会も行いました。
今後も講演会や招待企画なども検討しているところです。
区内開催ですから、充実したバックアップ体制を作りたいなぁと。


<車椅子ラグビー(ウィルチェアラグビー)とは>


さて、車椅子ラグビーとはなにか、簡単にまとめると、

  1. 背骨などを損傷して四肢まひである方のためのスポーツ
  2. 1チーム4名、バスケットボールのコートを使い、ボールを相手のゴールに入れれば得点
  3. パスまたはひざの上に載せてボールを運ぶ
  4. 車椅子をぶつけてブロックしてもよい

…ぶつかり合いが激しいスポーツです。
勢いよくぶつかったら衝撃で跳ね上がります。
「体に影響はないのですか?」と伺ったら、「麻痺しているから平気なんですよ!」と笑って言われました。
たくましいなぁ。


一度見たら病みつきになること請け合いです。

ぜひ、みんなで応援しましょう!


車椅子ラグビーについてもっと知りたい! というかたは、ウィルチェアラグビー連盟のサイトをご覧ください。

日本ウィルチェアラグビー連盟






このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:24│TrackBack(0)速報 

トラックバックURL