2014年10月22日

こどもを安心して任せるために、教員の多忙感の解消を!(渋谷区議会発言の解説5)

今回の議会質問では、教員の多忙感の解消について取り上げました。
それについて簡単にまとめておきます。

教育シリーズのその2です。
学力向上についての私の考え方・取り組み(議会発言の解説2)
もあわせてご覧ください。


<まとめ:先生が多忙だとこどもにしわ寄せがくる>

長くなるので先にまとめ。


学校の先生はとても忙しいです。
「ブラック企業とおなじ」とさえ言われています。 
→(参考)日本の公的ブラック企業『教職』の情けない実態(NAVERまとめより)


休憩時間もろくに取れず、共働き家庭への連絡のためによるまで居残り、終わらない仕事を家に持ち帰り、土日早朝夜間は部活練習&大会参加(中学の部活顧問)でつぶれて…
先生はとても忙しいんです。


ろくに休めない大人が、学校で雑務に追いたてられている大人が、自己研さんの時間をとれますか?
視野や見聞を広めることができますか?
人脈を拡大してコミニケーション能力を磨けますか?
ITC技術の進展に追いつけるようになりますか?
なにより、安定した精神状態を常に保てますか?


ということで、
こどもの成長を願うなら、こどもに常に接している教員の負担を軽減し、余裕を作らなきゃならない
と私は強く思うわけです。


詳しくは続きをご覧ください。



<教員の負担軽減を!>


私も来年小学校に上がる子を持つ親です。
渋谷区の充実した教育に強く期待しています。


実際、今年度も就学前オープンスクールの試行、図書館司書の配置など、着実に進展していると思います。
(ただ、ちょこちょこといろいろな経費が節減されていて、全てがすべて前進しているとも言えませんが…)


さて、いろいろな事業・活動をやればやるほど、教職員には仕事が降りかかってくるのは当然です。
教員の多忙感はすさまじく、ネット上では教員は「ブラック企業よりひどい状況」等と揶揄されているほどです。様々な事業が優れていても、そのためにこどもに向き合う時間が減ってしまっては本末転倒ですから、充実した教育を行うためには、教員の負担軽減は必須です。


気力体力意欲が充実して、心に余裕が生まれて初めて、充実した教育が達成できるのです。
そのいみで、こどもに向き合う時間、授業準備や安全対策や行事準備などの余裕時間が非常に重要なのは間違いありません。


その観点から、教員の負担を軽減し、できるだけ余裕時間を作り出してほしい、というのが今回の質問の眼目でした。


<負担を軽減した大阪市の例>


大阪市教委では2013年度から「校務支援ICT活用事業」というものを行い、先ごろ検証結果が発表されました。


校務支援ICT活用事業の検証結果をとりまとめました(大阪市)



「ICTの活用によって教員1人あたり年間100時間を創出する」という目標に対し、教頭では年間136時間(1日平均34分)、教員では年間168時間(1日平均42分)の時間が生まれたとしています。


ICTを活用して生まれた余裕時間は授業準備・教材研究にかける、子どもと触れ合う、子どもの作品やノートを見る、部活動の指導に当てる、などに向けられているようで、「教員の校務負担軽減を図り、子どもたちと向き合う時間を創出する」という事業目標が達成されています。


このような実例を学びつつ、徹底して「まず教員の負担軽減が必要」という姿勢を持ってほしいと思っています。


<議会での実際の発言・答弁>


渋谷区議会中継(鈴木けんぽう発言分) (平成26年9月25日分をご覧ください)


3 子育て・教育について
(3) 教員の負担軽減について(0:11:05)
ネット上では教員は「ブラック企業よりひどい状況」等と揶揄されている。こどもに向き合う時間が減ってしまっては本末転倒です。充実した教育を行うためには、教員の負担軽減は必須です。人的配置を充実させる、仕事の見直しを図る、さまざまなツールを整備するなど、是非、対応を図っていただきたい。



○教育長答弁
3(3)教員の負担軽減 
授業以外の業務が増加し、最も重要であるはずの授業力向上のための時間、こどもと向き合う時間を十分に確保することが難しい状況にある。平成26年度から副校長経験者を公務改善コーディネーターとして配置し、校務軽減を図っている。今後も改善を図り、教員の資質能力の向上に向けて努力する(0:55:45)



教育委員会が明確に「授業力向上やこどもと向き合う時間を十分に確保するのが難しい状況」と認めたのは大きなことだと思います。
ただし、教員の資質向上というよりは、システムそのものの改革をお願いしたかったです。
個々の教員の資質に要求してしまうと不安定なので…


今後の質問では、いったいどれくらい校務が改善され負担が軽減したのか、引き出そうと思います。



その他の質問についてはこちらをご覧ください。
渋谷区議会本会議での質問(提言)の録画中継が掲載されました


このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL