2014年10月17日

小渕経産相の疑惑、これは厳しいな

うーん、困ったニュースですね。

「政治とカネ」国会で再燃 小渕経産相に浮上 (日経新聞)


後援会関係者らが参加した「観劇会」で、参加者から集めたとみられる収入と劇場側への支出に計約2600万円の差額がある。
参加者から観劇に見合う費用を受け取っていなければ、公職選挙法が禁じる選挙区内の有権者への「寄付」行為にあたる可能性がある。集票目当てなら「買収」にもなりうる。
基本は買収の案件です。
候補者が有権者や無償の選挙運動員(運動員買収といいます)に対して金品を提供してはならない。


今回の件は「差額買収」といって、割り勘の時多く持ってしまうとアウト! なわけです。
結構厳しくて、数百円でもダメと思っています。


 小渕氏は答弁で「私の方で補填したとなれば、法律に引っかかるという認識は持っている」と表明。「実費をもらっているのか確認できていない。団体に確認したい」と事実関係の把握に努める考えを示した。

うーん、立派な応対。
さすが将来の女性総理候補の一人と目されるだけのことはある。


「法律に引っかかるという認識は持っている」なんて、なかなか言えないですよね。
それだけ深刻ということもあるのでしょう。
すくなくとも「松島法相のうちわ」よりは相当問題の度合いが厳しいと思います。


今回の対応で、差額買収に対するルールが明確になります。前例となるのです。
その意味で、「事務のミスでした。修正しました。大臣やめません。罰も何もありません」は無理があります。
それやっちゃったら、今後は買収やり放題になるので。


毅然とした態度できちんとした対応を行うんじゃないかなぁ・・・





このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 07:01│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL