渋谷区の討論(意見表明)制限、反対派仲間の議員に呼び掛け学力向上についての私の考え方・取り組み(渋谷区議会発言の解説2)

2014年10月10日

小学校選択に向けて授業見学で見るべき5つのポイント(渋谷区版)

渋谷区は小学校も中学校も学校選択が可能です。
抽選になる人気校はありますが、どの学校もそれぞれの特色があって、迷いますよね…


小学6年生ならある程度自分で判断できるでしょうが、幼稚園児にはちょっと荷が重い。
「○○ちゃんが行くっていうから△▽小学校にする!」
って程度ですもんね…
ちなみに、うちの子(年長)がまさにこれです。困った。


ということで、塾講師出身・渋谷区議会でダントツに学校見学に行っている(自称)、私がガイドしましょう。
どの辺を見るといいのか、学校選択&神学準備の観点から、みるべき5つのポイントをまとめてみました。
基本的にすべての学校それぞれの良さがあります。よりあう学校を選ぶ、という観点で見てください。


1)通学に便利か


当たり前のことですみません。でも、大事なことです。
どーんなにいい学校でも、公立小学校で6年間の通学が大変だったら疲弊します。
遠くに住んでいて当たり前な私立とは違うんです!!!!!


たまに学校の評判だけで遠距離の小学校に入れる方もいらっしゃいますが、お勧めしません…
ここはぜひ真剣に考えてくださいね。
近いと思っていても、お子様の足だと結構時間かかるかもしれません。
こどものペースに合わせて歩いて、時間を計ってみてください。


ただし、交通経路によっては、思ったより距離を感じないこともあります。バスで一本、ドアツードアで20分とか。私自身、こどものころがそうでした。そういう場合はまだいいと思います。



2)大規模校か小規模校か、雰囲気はどうか

ワイワイガヤガヤ、クラス替えもできる大規模校の良さ、落ち着いた雰囲気で手厚い対応が期待できる小規模校の良さ、それぞれありますね。


この辺はお子様の相性が大きい。どうぞじっくり見てください。
自分の子はこの雰囲気にあうか?
まあ、多少合わなそうでも、たいてい何とかなっちゃうんですけどね。






3)朝の時間の過ごし方を確認!

たいていの場合、教室に時間割、学校のルールのどちらかが貼ってあります。
そこで、登校時間、朝の使い方を必ず確認しておきましょう。

8時台前半登校ですけど、5分10分くらい違っていることもあります。
また、「教室に入るのは〇分からだけど、その前に校庭を走るよー」
などの自主ルールが定められていたりします。
これ、結構各校の特色が出ますよ…


「8時〇分に登校ってあるけど、その前に走るのか…学校まで歩いて〇分。とすると…
えええええっ! 7時〇分には家を出さなきゃいけないの?」
そうなんです。幼稚園保育園に送るより、早くなる場合が結構あるのです。


朝の時間は戦争です。
5分10分の違いとたかをくくらず、しっかり見ておきましょう。
放課後も結構重要ですが、放課後クラブなどを使うことが多いので重要度はちょっと下がります。



神南小2
渋谷区議会(区役所5階)から見た神南小学校


4)広報物を読んでおく

廊下などに貼ってある広報物。
これくらい学校の性格がわかる資料はありません。


学校だよりはウェブなどでもみられる場合が多いですが、学年だより、保健だより、PTAだより、
スローガンや今月の目標、校外活動の成績、かざりつけや外部団体作成のポスターなど…
ぜひ、2校くらい見比べてみてください。
学校選択のいい参考になります。


そうそう、小学校1年生の学年だよりは必見です!
4月から毎月(場合によっては毎週)どんなことがあるのか書いてあります。
行事予定、学習内容、準備しなければならないもの(雑巾とか、笛のカバーとか、こまごました用具の準備がそのつどそのつど求められるものです)、こどもたちの様子などが書かれています。
お子様が進学してからの様子をリアルに想像するためのいい材料ですね。


行事日程は自分の手帳と見比べておくといいと思います。
「あ、この時期忙しいのか」を感じ取ってください。


広報誌は教室の壁に貼ってあるほか、職員室や校長室の壁に貼ってあることも多いです。
ついでに職員室の雰囲気も見ておくといいですね。


5)放課後クラブで話を聞く

かなりのこどもが放課後クラブのお世話になります。
放課後クラブの様子はのぞいておきましょう。できれば話を聞いておきましょう。


学校生活の2割くらいを占める放課後クラブ。
各校、割り当てられているスペースや運営方針が違います。
お子様に合うか確認しておきましょう。


特に保育園の出身の方は、長期休みの対応についてはじっくり聞いておいた方がいいと思います。
思っているよりすぐに夏休み来ますよ!


放課後クラブは通常の登校時間とは異なります。
また、給食もないので、現時点では毎日お弁当を持たせて利用することになっています。
(いま、制度を変えてもらうよう働きかけているところですが、すぐ制度変更はちょっと難しいと思います)
他にも、長期休みの際にはいろいろなイベントがあったりします。


この辺、確認しておきましょう。


------------------------


ということで、学校公開の時見るべきポイントをまとめておきました。
先生の指導力や指導方法を見るポイントは省いています。
どちらかと言えば生活面を重視したポイントですね。


「こんなのも重要だよ!」というのがあれば、ぜひご連絡ください。
また、「この学校の情報は?」などあれば、私の観点で情報提供できる場合があります。


全てのこどもが最適な学校選択ができるよう、心の底から祈っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:30│TrackBack(0)

トラックバックURL

渋谷区の討論(意見表明)制限、反対派仲間の議員に呼び掛け学力向上についての私の考え方・取り組み(渋谷区議会発言の解説2)