2014年09月04日

渋谷区立小学校の学校説明会、見るときの参考に

こんにちは。
年長さんのお子さんのいるご家庭は、今週の土曜日は一大イベントですね。
そう、渋谷区立小学校の合同学校説明会です。



この大きな行事を前に、渋谷区立合同学校説明会を見続けてきた経験から、見る際のアドバイスをいくつか書いておきます。
ちなみに私、もともと塾講師をやっていましたし、公教育の改善を目指して活動してきましたのでめちゃめちゃ厳しく見てます…
その辺、さっ引いて考えてくださいね。


〈合同学校説明会のやり方〉
・6日に、渋谷区を概ね南北に分けて、2箇所で説明会が開催されます。
・各校15分程度でプレゼンテーションが行われます。校長先生だけが説明したり、先生がリレー形式で説明したり、児童のインタビューがあったり、ダンスしたり、内容は各校様々です。
・プレゼンテーションだけでなく、別室に設けられたブースでの説明相談も受けられます。人気校でも割りと空いてたりしますので、色々聞いてみてください
・会場はめちゃめちゃ混むのでお早めにどうぞ


〈全般的事項〉
・ほぼ九割のかたが指定校、または隣接校に行きます
・抽選になる学校でも、希望者の大半は入れます(私立にいったり転校したりで、見た目ほど抽選の倍率は高くありません)
・校長先生もその他の先生も、転勤があるので、「この先生がいい!」って思っても指導を受けられないことがあり得ることを留意してください。校長先生の在任期間は前の記事でまとめましたので参考にどうぞ
・一校だけみても全くわからないと思うので、前後の5〜6校見ることを強くおすすめします。よさそうな取り組みでも、他校でもやってたり、むしろ渋谷区全校でやってる取り組みを自校の特色として話してたりします。


〈比較のしかた〉
・渋谷区立小学校は、確かに多少校風が違いますが、そこまで大きく違うというわけではありません。細かな違いを比較することになります
・不動産の選び方と同じで、いくつかの尺度(家からの通う経路・時間、保育園の友達の動向、指導内容や指導力、校風特に大規模校か小規模校か、など)の優先順位をつけておくと判断しやすいです
・ディテールに性格は現れます。先生の説明のしかたは普段の授業や学校行事の時の姿に近いので、イメージしてみるといいとおもいます。
・PTAのお話が聞けるところは聞いておいた方がいいとおもいます。
・行事予定や放課後クラブの話も聞いておきましょう。長期休暇など、学校生活がイメージできる情報はできるだけ聞きましょう
・合同学校説明会だけで判断するのは無謀。必ず学校公開と単独学校説明会にいきましょう(日時は学校生活資料にあります)。「学校公開で見るべきポイント」は別途まとめます。


以上です。
わからない点などありましたらメールでもツイッターでもフエイスブックでもご自由にお寄せください。







このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 20:23│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL