海外の議場を見に行くそうです(私は反対)解釈改憲に関する請願への討論(要旨)

2014年07月01日

「解釈改憲反対」の請願に賛成(ややこしいな)

午後、集団的自衛権の行使が容認される方向で憲法解釈変更が閣議決定されます。

時間を合わせるように、午後1時からの渋谷区議会でも2本の関係する請願が議決されます。
どちらも「解釈改憲は止めろという意見書を国に提出してくれ!」という区民からの要望で、どちらも否決されるみこみです(すでに委員会で否決されています)。


私は、この請願に賛成です。
今回の閣議決定による解釈改憲は反対。


集団的自衛権については、重要性はあるのかもしれません。
しかし、30年も続いた憲法解釈を、それもとても大事な条文の解釈を、国会ではなく一内閣の判断でころっと変更してしまうことは極めて問題があると思っています。


公明党さんの努力で内容は限定されたようですが、どっちかっていうとむしろ手続きの問題。
自公多数の国会ですから、行政権ではなく立法権の範囲で議論をリードすることはできたはずです。
もっともっと国民的な議論が必要なのに…


大変残念なことになってしまいました。
まぁ、区議会議員の権限としては、提案された請願に賛否をしめすことしかできません。
否決される見込みですが、「解釈改憲には反対」の請願に賛成票を投じてきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:01│TrackBack(0)

トラックバックURL

海外の議場を見に行くそうです(私は反対)解釈改憲に関する請願への討論(要旨)