【資料】東京23区でのごみ処理エネルギーの有効活用について2013年のまとめ

2013年11月27日

【資料】障害者雇用の課題

東京都政専門雑誌の「都政研究」誌に、「障害者が当たり前に働ける社会の実現を目指して」という原稿が載っていましたので、要約します。
自分の資料用なので読みにくい点はご容赦ください。


○障害者雇用の現状
・都内では民間企業の雇用障害者数は右肩上がりで伸びており、2012年で14.1万人と過去最高
・障害者の求職は伸びており、特に精神障害者は大きな伸び(12年度は対前年比約20%増)
・2013年4月~民間企業の法定雇用率は1.8%→2.0%、2015年4月からは見立つ企業に対する「納付金制度」が従業員200人→従業員100人に拡大
・2018年には精神障害者の雇用義務化
・従業員56~299人の中小企業は雇用率が低迷


○必要とされる対策・支援
・求職者に対する支援(面接対策セミナー・職業訓練など)
・受け入れ企業に対する支援(セミナー・職場体験実習など)
・職場体験実習を促進するためには、受け入れ企業の開拓、実習生の保険費用補助、実習受け入れ時の助成金など
・「援助付き雇用(米国、1986~)」の重要性:就職した後に継続的に支援を行う


○今後の課題
・就職した障害者の職場定着率向上
障害者の平均勤続年数:身体障害者・知的障害者9年2カ月、精神障害者6年4カ月
・中小企業の受け入れ準備
従業員56~299人企業では7割が法定雇用率未達
・障害の多様化への対応




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:43│TrackBack(0)関係省庁資料 

トラックバックURL

【資料】東京23区でのごみ処理エネルギーの有効活用について2013年のまとめ