13年夏季議員インターンシップの受け入れを行います。渋谷区の分煙政策について〜渋谷区議会における議論まとめ(平成21年〜24年)〜

2013年09月04日

「渋谷公会堂」がなくなる日

渋谷公会堂がなくなるかもしれません。
つい最近までネーミングライツの売却により「CCレモンホール」と名前を変えてた渋谷公会堂ですが、今回は名前を変えるだけではありません。
完全になくなる可能性があります。


渋谷公会堂は1964年に建設されました。
すでに50年近くたって老朽化し、ところどころ補修して使い続けています。

そして隣にある渋谷区役所も同じような状態で、先日の耐震診断で危険だと診断されてしまいました。
今は渋谷区役所について耐震改修をするか、いっそ建替えてしまうか、議論がされているところです。
そして、結論を一度付ける区切りの日が、9月5日つまり明日なのです。


建替え案が選ばれた場合、渋谷公会堂も一体で建替えされることになっています。
つまり、こちらが選ばれた場合には渋谷公会堂はなくなってしまうのです。



耐震改修すればあと10年〜15年くらいはもつと言われています。
建替えの場合、あと2〜3年で渋谷公会堂は寿命を迎えます。


さて、どうなるか。どうするか。
ツイッターやフェイスブックでいろいろご意見をいただきますが、まだまだ悩んでいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:00│TrackBack(0)渋谷区政の問題点 

トラックバックURL

13年夏季議員インターンシップの受け入れを行います。渋谷区の分煙政策について〜渋谷区議会における議論まとめ(平成21年〜24年)〜