「アナログゲーム×教育」勉強会を行っています。渋谷区議会3月議会開会中

2013年03月14日

鈴木けんぽうインターン〜学生の感想〜

3月議会真っ最中ですが、同時に夏の議員インターンシップの準備を始めています。

まずは現状分析! ということで参加学生たちの声を集めてみました。
一部を公開します。
「けんぽうインターンの良いところ」「成長したと思うところ」です。

----------------------
「出会いとネットワーク」
いろいろな学生や考え方に触れ、ネットワーク、アンテナが広がる。
「失敗を恐れなくなる」
礼儀やマナー、ストレス耐性が身に付き、自己の能力開発に繋がる。
「成長したと思うところ」
相手の意図、考えや意味付けなどを考えるようになった。
失敗を恐れず、積極的に行動するようになった
----------------------
インターンの良いところは、
『失敗する場があること』
たくさん失敗することが成功に繋がる。大学では失敗できる場もないため、一人一人の才能を引き出すことができていない
----------------------
「けんぽうインターンのいいところ」
プレッシャーに強くなり人前で話せるようになる
----------------------
私が良いと感じたことは【自分の頭で考える】癖がつくところです。
けんぽうさんから「なんで」「どうして」と聞かれることが多く、自分自身でも考えるようになりました。
----------------------
「インターンのよいところ」
・失敗を許してくれる場がある
・積極的に物事に関われるようになった
----------------------
けんぽうインターンのいいところは「自分の行動に意味を持たせ、失敗を恐れず何ごとにも挑戦することを学ぶことができるところ」です。
----------------------
インターンの良い所は、失敗が怖くなくなったことです! 失敗が怖くて今までは発言や質問するのがとても怖くて自分からはできなかったです。けど、インターンでは発言する機会が多くあって、徐々に慣れてきたと思います。あと、発言して反応がないのも嫌で発言しないこともありましたが、けんぽうさんが必ずフィードバックをくれるので、そのフィードバックで自分を見直せることが出来るので、もっと発言しよう!と思えるようになりました。
自分でも変われたな、と思います!

あと、小さいことでも褒めてくれたり、注意して貰えるので他人からの自分のことについてを見直せてます!
----------------------
インターンシップの良いところ
「人間力を養う事が出来た」
インターンを通じて、社会人に必要なスキルを身につけることができました。例えば、聞く力・考える力・伝える力などを養うことができました。また、スピーチ終了後に行うフィードバックを行う事で、今まで気付かなかった自分の強みや弱みなどに気づく事ができました。
----------------------
「失敗することが怖くなくなった」
今までは、失敗することが恥ずかしいと思っていましたが、インターンシップを通じて失敗をするから成長できるということを学び失敗することが怖くなくなりました。
----------------------


嬉しい声がたくさんですね!
3月末まで頑張って今期は終わります。次期も充実したプログラムを組んでいくつもりです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:28│TrackBack(0)

トラックバックURL

「アナログゲーム×教育」勉強会を行っています。渋谷区議会3月議会開会中