「子どもたちを放射線被ばくから守るための請願」について【読書メモ】推薦入試の歴史的意義とは

2011年06月15日

費用弁償(交通費支給)を改める条例について

昨日は第二回定例会の各議案について、大きな方向性を決める「本決定」でした。



今定例会では、費用弁償について、共産党・純粋無所属が廃止を提案し、みんなの党が半減を提案するという、2本の条例案が提案されました。


費用弁償とは、交通費のようなものです。渋谷区議会では本会議・委員会等に出席すると、議員に対し1日5,000円の費用弁償が支給されます。



費用弁償については、議会全体に関わることとして、原則は「議会運営の諸問題」という会議を議会運営委員会と幹事長会にもうけてそこで審議をすることが通例です。
ですので、民主党は今回の条例について共同提案をお断りしました。

とはいえ、交通費として5,000円はいくらなんでもたかい。
かえていく必要があります。

そこで、今回は両方の条例について、1歩前進するものとしてどちらにも賛成することといたしました。



ところが、昨日の本決定では、共産党とみんなの党はお互いの議案に反対し、その結果両方の議案とも否決となりました。
(廃止条例)賛成:共産(提案)・民主  反対:自民・公明・みんなの党・無所属クラブ
(半減条例)賛成:みんなの党(提案)・無所属クラブ・民主党  反対:自民・公明・共産


最終的には明日の本会議で決定されますが、どうやら
「共倒れ」
になりそうです。



たしかに、「交通費は必要だ」という減額案と、「そもそも不要だ」という廃止論は大きな違いがあります。
だから、それぞれの提案を否定するというのも原理的にはわからないわけではありません。

しかし、大切なのは結果を出していくことではないでしょうか。



本当に変えようとするならば、ちいさな違いはおいといて、大きな方向性で一致を求めまとまるのがいいと思うのですが…
残念な結果になりそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:24│TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

「子どもたちを放射線被ばくから守るための請願」について【読書メモ】推薦入試の歴史的意義とは