2011年04月10日

東京都知事選挙の期日前投票結果について

東京都知事選挙の期日前投票結果が出ました。
都全体で有権者の8.12%に相当する867,777人(対前回比1.52倍)が投票したそうです。
渋谷区でも1万5千人弱、約8%の方が期日前投票です。


仮に投票率が6割とすると、15%弱を期日前投票がしめるということです。


期日前投票所は大抵の方からは「家からすぐちかく」というような場所にはありません。
それを考えると、今回の数字は期日前投票という制度がかなり浸透してきたのに加え、投票率の向上を背景に、「一票を無駄にしないで選挙にいく」という意識が強まってきた結果といえるのかもしれません。


なお、候補者側から見れば、1.5割は無視できない数字です。
かなりの人が選挙期間を前に決断したということです。
こういう動向が選挙戦術に同影響を与えるのか、そっちも興味深いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:25│TrackBack(0)速報 

トラックバックURL