小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告について、冷静な対応を!地域交流センター大向

2011年03月13日

東北地方太平洋沖地震について、自分の行動を考えてみる

一体議員はなにをやるべきだったのか?
ちょっとまとまっていませんが、記しておきます。


3月11日の地震の直後。
私は家を確認してから、周りの気になる方の片づけお手伝いをやって、その他は帰宅困難者対応している施設の情報を短時間だけツイッターで流していました。
私のフォロワーさんには渋谷にかかわる人が多いはずなので、その方々が一番欲しているのは帰宅困難者向けの情報だろう、と思ったからです。


#私は、「帰宅困難者を守ることは、渋谷区民を守ることにつながる」と思っています。
その考えに従って提言も続けてきたし、今回も行動しました。


一方で、渋谷区行政にはできるだけ負荷をかけないようにと心がけました。
渋谷区も混乱しています。各議員がそれぞれ情報収集したりすれば、それだけ混乱は深まります。職員さんの手も煩わすことになります。
被害が多いなら別ですし、職員さんたちと連携して動くような局面もあるのでしょうが、直撃しているわけでもないので行政に負荷をかけることは避けなければならないだろう、と考えました。

 

さて、帰宅困難者対応施設情報ですが、やってみると非常に難しい。
まず、情報の真偽確認が難しい。ある時期に帰宅困難者対応をやっていても、時間がたって対応を終了する施設もある。人数が限界に来てしまうしせつもある。これをリアルタイムに把握し、正確に対応するのは難しいです。
さらに、情報のフォーマットが統一していないので、どんな対応ができるのかがわからない。お茶をふるまって休めるスペースなのか、電源などを開放しているのか、宿泊などもできるのか、そのあたりが全くわからない。規模もわからない。なかなか難しいです。
大学などの大規模施設の開放だけではなく、民間企業がオフィスなどを開放していたり、飲食店が休憩スペースを運営していたりするわけですが、これらを丁寧に把握するのはほぼ不可能でした。


さらにいえば、今回の場合被害が深刻なのはあくまで東北地方であり、渋谷は帰宅困難者が多いとはいえ被害甚大というわけではない。
ということで、一定の区切りを付けた後は本当に必要なこと以外は情報提供すらも避け、重要な情報が伝達されるのを妨げないようにと考えて行動しています。
状況を調査したい、知りえた情報をどんどん提供したい、とは思いますが、
一番大事なのは、緊急に助けを求めている方にとってなにがプラスか、ということなのではないでしょうか。
渋谷の動向・情報なんて、今回のケースではある一定以上は社会にとってノイズとなってしまうように思います。

 

議員はどうしても前に出なきゃいけない、何かしなきゃいけない、という思いに駆られてしまうのですが、
今回、本当に大事なことは何か、を考えると軽々に動けなかったです。
うーん。

 

色々考えなきゃならないですね…
今も、基本的には節電を重視し、身の回りの整理をしながら静かに過ごしています。
そんな感じ。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:34│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告について、冷静な対応を!地域交流センター大向