渋谷区議会民主党:区政改革プラン(鈴木けんぽう版)東北地方太平洋沖地震について、自分の行動を考えてみる

2011年03月05日

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告について、冷静な対応を!

先日渋谷区内で無料化された小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンについて、同時接種後の死亡報告が複数あり、接種の一時的見合わせが決定されました。

小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告と接種の一時的見合わせについて(厚生労働省)


この死亡報告は3月2日〜4日に立て続けに行われたものであり、3月5日には見合わせと公表が迅速に行われたことを評価するものです。
8日には緊急に検討会が開かれるということです。


一番怖いのは、対応が後手になること、正しい情報が伝達されないことです。
このブログをご覧になった方は、ぜひ冷静に行動していただきたいと思います。


なお、2月28日に行われた検討会では、両ワクチンについて「発売以来それぞれ100万人から150万人程度の子供に接種されたと推定されており、特に著しい問題は生じていない」ということが確認されています。
それなのに4件たて続けに死亡報告が起こるなんて…とは思いますが、

必要以上にリスクを恐れることも、大丈夫と強弁することも良くありません。社会的にはマイナスです。

まずは因果関係の解明(ワクチンに由来する可能性が高いものなのか、それとも他の要因に由来する可能性が高いものなのか等)が速やかに行われることを期待しつつ、見守ることにしましょう。



ただし、ワクチンの副反応報告は結構難しく、「紛れ込み」という、ワクチンと関係ない他の原因による被害がかなり多いことが知られています。
これはなかなか断定できないようです。なので、上では「可能性」と書かせていただきました。


厚労省のサイトでは、症例(基礎疾患の有無など)とQ&Aが公表されています。
ぜひご覧ください。
繰り返しますが、冷静に対応していただけることをお願いします。








このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:42│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL

渋谷区議会民主党:区政改革プラン(鈴木けんぽう版)東北地方太平洋沖地震について、自分の行動を考えてみる