渋谷区議会民主党:渋谷区議選前最後の代表質問(1)区長の評価小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告について、冷静な対応を!

2011年03月04日

渋谷区議会民主党:区政改革プラン(鈴木けんぽう版)

渋谷区議会民主党で区政改革プラン(政策方針)を取りまとめました。
会派では大枠を決めたうえで、各人が編集して自分の版を作ることができるようにしました。


今回は、幹事長=とりまとめ役としての立場を離れて、鈴木けんぽう版を報告いたします。


-----------------------------------
渋谷区議会民主党 区政改革プラン(政策方針)
鈴木けんぽう版


 
◎区民の健康維持に全力で取り組みます。
・「社会全体で健康を守る」観点から予防接種の啓発・助成を充実し、受けやすくなるように取り組みます。
・受けやすい健診に変え、効果を上げます。
健康が一番大切。
予防重視で区民の健康をみんなで守っていく取り組みを進めます。
特に予防接種については、国政・都政も動かして、予防できる病気は確実に予防する体制を目指します!


◎コミュニティースクールの実現と地域の特色ある教育を進めます!
・地域に根差した公立学校を目指し、地域の特性、地域人材を活用した教育を進めます。
・学習効果の高い最新の教育導入に努めます。
創造力を培うには、多様性が必要です。多様な大人が入りこみ、こどもをサポートする教育が「コミュニティスクール」です。


◎区議会のインターネット放送の実施!開かれた議会をめざします!
・議会基本条例を制定し、議会の政策立案機能の強化、情報公開・広報を充実します。
・費用弁償(交通費:1日5千円)の廃止、紙資料の削減など、議会にかかる経費適正化に努めます。
区議会改革は全会派一致が原則なので簡単には進みませんが、改革の声を上げていきます!
 
 
この他にも、渋谷区議会民主党は引き続き改革に努めていきます。
 

◎情報公開と監査の強化で区政の「見える化」を!
◎保育所待機児ゼロをめざします!
◎学校給食の無償化と公会計実施で子育て世代の負担軽減を進めます!
◎ネーミングライツ制度は見直し手続きを条例化します!
◎「モノ」と「心」のバリアフリーを進めます!
◎公契約条例の制定で官製ワーキングプアの防止を!
◎リサイクル率をあげるためにごみの分別や出しやすさを改善します!
◎地域のボランティアの力で介護予防を進めます!
◎議員年金の廃止! 区長など特別職退職金は見直しを!

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

渋谷区議会民主党:渋谷区議選前最後の代表質問(1)区長の評価小児用肺炎球菌ワクチン及びヒブワクチンを含む同時接種後の死亡報告について、冷静な対応を!