新人候補予定者への呼びかけ〜区議会を傍聴して欲しい!渋谷区議会 議会運営委員会 渋谷区議会だよりの編集

2010年12月16日

寄付金の税額控除〜平成23年度税制改正大綱

平成23年度税制改正大綱が閣議決定されました。
色々思うところはありますが・・・


とりわけ、私が注目したのは寄付金の税額控除制度創設です。
一言でいえば、寄付をすればその分税金が減る! ということです。
今までは寄付分の一部でしたから、大きく制度が変更されることになります。


ふるさと納税以前に、「寄付による投票制度」という仕組みを渋谷区議会で提案しました逢坂総務大臣政務官がニセコ町長時代に創設した制度で、使途を定めた基金を作り、そこに寄付を募る、目標金額に達した基金から事業化をしていく、というものです。
当時は新聞にも取り上げていただきました。

以来、主に委員会の場で寄付について様々な角度から提案を続けてまいりました。
いわゆる「あたらしい公共」の流れと言えるかもしれませんね。


行政が何でもかんでもやるわけにいかなくなってきた現在、NPOなどへの寄付は非常に重要です。
また、税金の使い道を自分で決められるという側面もあり、自己決定という点でも重要です。
今回の税制改正大綱、その点は大いに評価したいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:28│TrackBack(0)時事問題 

トラックバックURL

新人候補予定者への呼びかけ〜区議会を傍聴して欲しい!渋谷区議会 議会運営委員会 渋谷区議会だよりの編集