作業所の視察など帰宅困難者訓練

2009年11月16日

渋谷区議会交通問題特別委員会:水道通りの自転車専用道など

交通問題特別委員会が開かれ、区内警察署さんとの懇談会が行われました。


その中で一つテーマとなったのは自転車の問題。マナー啓発、自転車専用道などについて議論になりました。
以下、警察さんのお話をまとめます。


○マナー啓発等

・スポーツ自転車を模範にしたいと思っているが、現在はその状況にない。ヘッドホンを外しヘルメットを着用すること、交通法規を順守することなどをお願いしたい。
・交通安全教育:スケアード・ストレイト方式(スタントマンを使ったリアルな交通安全教育)など行い始めた。小学生、地域住民だけでなく、20〜30代の方にも参加してもらいたいと考えている。
・指導取締り:信号無視などの悪質なケースは取り締まりを始めた。赤切符、罰金5万円。渋谷区内で今までに約100件。
・啓発:販売店や自転車普及協会などと連携して啓発を考えている。
・道路環境の整備:事故多発交差点の改良など。


○自転車専用道路(水道道路)の実績と今後について

・20年3月31日に設置。
・設置前自転車事故10件(19年3月31日〜20年3月30日)→設置後5件(20年3月31日から21年3月30日)
・歩道:車道比
午前)設置前(19年7月調査)7:3→設置後(20年4月調査)6:4
午後)設置前9:1→設置後6.5:3.5
・平成21年度末までに環状7号まで延伸予定



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:23│TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

作業所の視察など帰宅困難者訓練