2009年09月20日

ヒブワクチンの品薄が解消されそうです。

品薄だったヒブワクチンですが、かなり需給が緩和されそうです。定期接種化に大きく弾みがつくでしょうし、親御さんたちも安心ですね。

NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース−各分野の重要ニュースを掲載
第一三共は乳幼児の細菌性髄膜炎を予防する「ヒブワクチン」の輸入販売を拡大する。現在年間100万本をフランスから輸入しているが、来年7月以降に年300万本、2011年7月からは年400万本に増やす。昨年12月に国内で発売して以降、予防接種の希望者が増えているのに対応する。


関連する記事は以下です。参考にしてください。

--------------------

(参考)
 

--------------------




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 21:53│TrackBack(0)速報 

トラックバックURL