民主党渋谷区議団の公約達成状況予防接種

2009年07月18日

選挙カーについて。

選挙中の自動車使用について、最近考えています。いわゆる、選挙カーというものです。

前回の選挙では、基本的には選挙カーでの連呼よりは、自分の政策の訴えに使っていました。具体的には、辻々で車を止め、1分間スピーチをしていました。これをさらに進め、選挙カーの使用を全くやめようか、と考えています。

渋谷区議会の選挙であれば、34人を選ぶわけですから、国政選挙や都議会議員選挙に比べ圧倒的に候補者=選挙カーが多いわけです。候補者にとっては自分だけのアピールに過ぎませんが、住民の側にとってみればそれだけではすみませんよね。特に、政策ではない自分の名前を訴えるだけの「連呼」が多い現状を鑑みると、改めるべきことが多いなぁと感じています。

ま、次回の選挙まであと2年近くあるわけですし、次に立候補するかどうかすらわからないわけですから、じっくり考えていきたいと思います。

---------------------

さて、ネット上を中心に、選挙カーをやめたらどうか、というご意見を非常に多く目にしました。

こういった皆さんに提案です。

1)選挙の種別ごと、候補者ごと、選挙区や地域ごとに事情が異なるため、選挙カーをやめるというよりは「政策のアピールは問題ではなく、名前を連呼する行為が問題である」という提起で統一したらどうでしょうか。

2)選挙の1月前くらいから、ブログ(ミニブログ)のプロフィールやタイトル等で「連呼行為の激しい候補者には投票しません」という意見表明を行ったらどうでしょうか。

3)選挙カーをやめる方向性をバックアップするために、そういった議員・候補者の情報開示、特にネット上の情報開示をサポートしていただいたらどうでしょうか。

ぜひぜひご検討をお願いします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:35│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL

民主党渋谷区議団の公約達成状況予防接種