成人式&成人式街宣ヒブワクチンの助成を渋谷でも!

2009年01月18日

理想の歌舞伎授業「籠釣瓶花街酔醒」

歌舞伎見に行きたいですね〜。
大好きです。歌舞伎座建て替えの前に一度! と思っているのですが、なかなか時間が・・・


さて、どうも政治にかかわる方々は歌舞伎を「古典芸能」として奉る傾向があって辟易しています。
基本は大衆芸能だし、それこそ色恋とかお笑いとか身近なお芝居だったはずなのに・・・。
もちろん芸術性の高さも言うまでもないですが。楽しむもんなんですよね。それはどんな古典芸能でも一緒です。


ということで、思考実験というかお遊びで、理想の歌舞伎の授業を考えてみました。
「籠釣瓶花街酔醒」編。


※籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)
絶世の美女の花魁・八つ橋を気に入った田舎の富豪・次郎左衛門。ハマってしまって貢ぎまくります。
ところが、八つ橋にはワルの間男がいたんですね。
で、コケにされたと激怒した次郎左衛門は手に持った妖刀「籠釣瓶」で八つ橋を切って一言!
「籠釣瓶はァ〜切れるのゥ〜」
この地響きのようなセリフに鳥肌! というあらすじです。


(1)マンガで興味をそそる。
宿題でマンガを配ります。「かぶく者」籠釣瓶編。読んどけ! って。
http://www.e-1day.jp/morning/manga/kabukumon.html


(2)DVDで見る。
次郎左衛門:吉右衛門、八つ橋:福助の時が一番いいんですが、手に入るものを見てみます。


(3)遊んでみる。
DVDを見ながら「播磨屋!」「日本一」と声をかける練習をしてみたり、八つ橋の切られるところ、次郎左衛門の刀を手にするところなどの名場面を演じてみたり、いろいろ遊べます。
あ、次郎左衛門が最初に八つ橋を見るところの八つ橋のちら見、次郎左衛門の惚け顔も実体験させると面白いかも。


(4)実際に見に行く
これが肝心ですね。
一幕見でいいと思います。3階でもいいけど、実際に声が飛んでいる場面に近いのがいい。
舞台そのものの素晴らしさだけでなく、観客と一体になった空気感などを感じてくれればなぁ・・・


ということで、がっつり楽しめる授業が完成しました(笑)
時間も費用もかなりかかるのが難点ですが・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 11:34│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL

成人式&成人式街宣ヒブワクチンの助成を渋谷でも!