予算要望という制度を考える。子育ては大変です。

2008年07月19日

東京聴覚障害者自立支援センター・センターまつり

東京聴覚障害者自立支援センターのセンターまつりに参加。

東京聴覚障害者自立支援センターは渋谷区の施設であるリフレッシュ氷川の裏手にあります。
もともとは民家でしたが、お住まいで会員でもあった岡沢さんのご逝去に伴い、ご遺志に従ってご遺族から土地を施設建設のために寄付していただいたという経緯があります。
その関係からときわ松町会の会長さんを含め、地元の皆さんも多く参加していらっしゃいました。

私も実は視覚が若干弱く、特に片目は遠視と乱視の強い混合なので気合いを入れないと色しか見えない(気合い入れれば生活に支障のない程度は見えます)ので、耳が聞こえなくなる、目が見えなくなるということに対する恐怖心は人一倍あります。
改めて、皆さん方のサポートをしていきたいと強く思いました。

主催者あいさつなどでは特に相談機能の充実が強く求められていました。機材や啓発なども含め、何が必要とされていて何が実際できるのか、早急に勉強していきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

予算要望という制度を考える。子育ては大変です。