富ヶ谷・代々木八幡の停電に思う総務区民委員会視察

2008年06月24日

転落死亡事故を受けての渋谷区の対応

先週の18日、杉並区で小学生が学校屋上から授業中に転落、死亡するという事件が起きました。
心からご冥福をお祈り申し上げます。

 

所管課長に確認を取ったところ、渋谷区では事件発生直後から学校の施設点検に乗り出し、区内学校・幼稚園すべてを確認、4箇所の設置を確認し、すでに対策していたところも含めて追加の安全対策を採ったということです。


また、すでに作成してある「安全対策ハンドブック」を活用する、子どもの行動範囲が広い場所での注意喚起、「立ち入り禁止の場所には近づかない」という指導の徹底、施設器具の使用前の安全点検実施等を要請する文書を事件発生翌日に各学校に送付したということです。
教育委員会は迅速に対応しています。

 

さて、このような学校等施設の安全の取り組みについて、民主党では「(仮称)学校安全条例」「(仮称)施設安全条例」の制定を提案するなど、力を入れて取り組んでまいりました。
視認性や安全性を具体化した基準、防犯・防災用品の管理基準などを明示するとともに、行政と学校、保護者、地域それぞれの役割を定め、まちぐるみで子どもたちを守る決意と、万が一、事故や犯罪が発生してしまった場合の原因究明と再発防止義務を定める内容の条例です。
条例を作るかどうかはともかく、区や教育委員会は十分なバックアップ体制の構築に勤めなくてはなりません。現場での普段からのリスクの洗い出しはなかなか難しいものです。現場に対応を丸投げするのではなくて区や教育委員会は十分なバックアップ体制の構築と具体的かつ詳細な安全基準の設定に取り組み、かつ折に触れて具体的な見直しの指示が必要ではないかと考えています。
そういった意味でも、引き続き「安全対策ハンドブック」のブラッシュアップと活用の深化、ヒヤリハット事例の共有などが必要でしょう。さらにいえば、危険な場所に子どもが立ち入ったのは事実であり、そのような判断ミスを防止する意味でも危機に対する自己防衛意識を指導するのはいくら繰り返しても足りないように思います。子どもはスリルが好きでしょうから・・・

 

現在の学校における安全対策は、単に施設の安全にとどまらず、不審者対策や防犯、果てはインターネット犯罪に関する事項まで、保護者の期待は広がっていると思います。
企業などでも難しいのがリスクの洗い出しですが、教育が本業の学校教員にすべてを委ねるのも無理がありますし、現場から離れている教育委員会がどこまで取り組めるかというとそこも限界があります。
そのあたり、今後も注目していきたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:29│TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

富ヶ谷・代々木八幡の停電に思う総務区民委員会視察