民主党都連大会渋谷区議会・本決定

2007年10月11日

「ともどく」という動き

医療関連のメルマガMRICで、鈴木寛さんの投稿が載っていました。
国民健康保険の不備に対し緊急避難的な対策を打ち出しています。


国民健康保険制度については、私の祖父が非常な関心を持っていたこともあり、
私なりに検討を進めているところです。
区議会でも先日問題提起を致しましたが、持続可能で合理的な制度、
なおかつ「人を守る制度」になっていくべきだと考えています。


その意味で言えば、鈴木寛さんの行動は非常に意義深いです。
MRICさんの許可をいただき、転載いたします。


MRICについては下段をご参照ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Medical Research Information Center (MRIC) メルマガvol 17

  □■ 月間スズカン通信 『ともどく』に注目しています。 ■□

                          鈴木寛(すずかん)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 8月号掲載のロハス・メディカルトークショーでも話が出ましたが、保険料を
払えずに国民健康保険証を取り上げられ、病院に行くのを我慢した末に手遅れに
なって亡くなる方が増えているようです。

 保険証を取り上げる側の言い分としては、保険料を払えないくらいなら生活保
護を受けなさいということになります。しかし、実際には生活保護が認められる
ハードルは意外と高いので、挟間で苦しんでいる人は大勢いると思います。また、
自立して生きていこうと生活保護を避ける方々の意思を尊重することも大切です。

 

 この問題は、医療とは何か、福祉とは何か、政治に対して重大な問いを突き付
けていると思います。政治家として重く受け止め、改善の道を探りたいと考えて
います。

 ただし、国や公共団体の制度として新しく何かしようとすると、予算や手続き
の制約から、どうしてもある程度の時間がかかります。現在困っている方々に対
しての手立ても別に考える必要があると思います。

 

 そんな中、友人で『いのち輝かそう大賞』の主催者でもある亀井眞樹医師が、
緊急避難的に、無料で受診できる医療機関を作ったらどうかと提案されました。

 役所のお金をあてにしない民間のしなやかなスピード感に期待すると同時に、
道のりの困難さを思いました。一銭の得にもならないうえに、法令上の様々な障
害が立ちはだかると予測されます。誰が火中のクリを拾うのだろうと思ったので
す。

 しかし心配には及びませんでした。東大医学部の須田万勢氏をはじめとする医学
生、看護学生が趣旨に賛同して「ともどく」という団体を作り、動き始めてくれ
たそうです。

 考えてみれば、私のゼミの学生たちが中心になって新宿に診療所(コラボクリ
ニック新宿)を開いてから、もう10カ月になります。彼らも、しがらみのない身
であっても「やればできる」ことを示してくれました。

 「ともどく」メンバーのエネルギーや善意を信頼し、「できる」と信じて支援
していきたいと考えています。皆様も、どうかご自分のできる範囲でご協力して
いただけないでしょうか。

 


この記事はロハス・メディカル10月号に掲載されています。

著者紹介
鈴木寛(通称すずかん)
現場からの医療改革推進協議会事務総長、

中央大学公共政策研究科客員教授、参議院議員
1964年生まれ。慶應義塾大学SFC環境情報学部助教授などを経て、現職。
教育や医療など社会サービスに関する公共政策の構築がライフワーク。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●バックナンバーはこちら=====>> http://mric.tanaka.md
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ロハス・メディカル』は、患者と医療従事者の情報ギャップを埋めることをめ
ざして、05年9月に創刊された月刊の無料医療情報誌です。首都圏の基幹医療施
設125カ所に配置されている他、毎日新聞、山形新聞、秋田魁新報の販売店でも
読者に配っております。現在の部数は21万部で、どんどん増え続けています。配
置をご希望の首都圏基幹病院の方は、info@lohasmedia.co.jpまで、自宅でのご
購読を希望される方は各新聞販売店(対象外の地域もあります)まで、お問い合
わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:12│TrackBack(0)時事問題 

トラックバックURL

民主党都連大会渋谷区議会・本決定