渋谷区議会:当選証書授与式国際協力と「八曜日占い」

2007年05月01日

トルコの混乱

私の大好きな国のうちのひとつ、トルコが大きく揺れています。
大統領選を巡って大規模なデモが起こり、軍も介入姿勢を見せているのです。渋谷区も関係の深い国だけに見逃せません。

 

トルコで世俗派デモ ギュル氏は大統領就任に意欲(CNN)

トルコで世俗派が大規模デモ・100万人以上参加(日経)


トルコはもともとイスラムの強い国ですが、建国の勇士ムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領のもと世俗主義(政教分離)が貫かれていました。
今回、大統領になるのがほぼ確実な与党のギュル外相はイスラム色が強く、建国以来の世俗主義の伝統が損なわれるのでは、という懸念が大規模なデモなどの混乱につながっています。

トルコ国会における大統領選挙では第一回目の投票が行われ、規定の三分の二を確保できず当選者なしとなりましたが、9日に予定されている第三回投票では過半数でよいためギュル氏の当選が確実と見られています。
これに対し、世俗主義の伝統が失われる、との危機感が高まっているのです。

世俗主義を標榜する軍も介入を示唆していますし、経済団体の指導部も世俗主義の尊重を訴えて与党批判・総選挙の実施要請をしているようです。
市場でもトルコリラは8パーセントを越える大暴落。戻しましたが、乱高下の様相になっています。

 

トルコは実は渋谷区とも関係の深い国で、大使館もありますし、友好都市提携も進められています。
神宮前小学校にはトルコの師弟の通う私立学校の間借りがほぼ決定しています。
トルコの混乱は他人事ではありません。

実は、つい先日トルコはアメリカで百年前のアルメニア人虐殺事件についての非難決議を出され(従軍慰安婦問題の決議と同じようなものです)、アメリカに対して猛抗議をしたようなこともあります。
今回はクーデター含みの混乱。目が離せません。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:41│TrackBack(0)海外通信 

トラックバックURL

渋谷区議会:当選証書授与式国際協力と「八曜日占い」