佐藤利信板橋区議結婚式渋谷区情報公開審議会

2006年10月26日

渋谷駅ハチ公前モニュメント

今日から、ハチ公の鼻先に電車が出現しました。
昔の東横線の車両を東急から貰い受け、「青少年育成のモニュメント」として建立したものです。

このモニュメント、いわくつきのものです。
もともとは「民間交番」として、NPOの協力を得てハチ公前広場を中心とする繁華街の治安対策のために進められたものなのです。

 

「渋谷区実施計画2006」をみると、当初の計画はこのようにかかれています。

「安全対策
繁華街の防犯強化

青少年や来街者が多く集まる渋谷駅前のハチ公前広場に、民間ボランティア団体の待機スペースを設け、繁華街での防犯パトロールの強化を図ります
内容:私設ポリスボックス
現況:・夏休みハチ公パトロール・青少年茶の湯体験・防犯カメラ設置
18年度、一ヶ所設置(ハチ公前広場)」

茶の湯体験がなぜ防犯の強化につながるのかは不明ですが、それは本題でないのではずします。
肝心なのは、「安全対策のための民間交番として、待機スペースとして出発した」のがこの事業なのです。

実際、当初予算の審議中では以下のようなやり取りがあります。


予算特別委員会 文教分科会-03月28日
◆(新保分科員) ちょっと聞き忘れていたので、すみません。ハチ公前(仮称)民間交番の500万円ということですけれど、この内訳と、それから事業はどういうふうに展開をしていくというふうに。
○(五十嵐主査) 児玉課長。
◎(児玉児童青少年課長) 500万円につきましては、建物のいわゆる設置費でございます。建物といたしましては、ハチ公前の広場につくりますので、いわゆるプレハブ的なものを考えているところでございます。ただ、そのデザイン等も含めて考えなくてはいけないところでございますので、いわゆる工事現場等プレハブの設置経費を積算いたしまして、それに100万円のデザイン料を加えて500万円ということで、いわゆるプレハブ的な建物を基礎として積算をしているところでございます。
○(五十嵐主査) 新保委員。
◆(新保分科員) これはめどとして、この予算が通ってからということになると思うんですけれど、どういう状況で設置、いつごろ設置して、それで体制的には、児童青少年課とのタイアップというのはどういうふうになっていくのか。
○(五十嵐主査) 児玉課長。
◎(児玉児童青少年課長) まず、設置の時期でございますが、夏休みの子どもの安全を、昨年17年、今年度でございますが、ハチ公パトロール等をやって、健全育成、見守りをしているところでございます。同じような考え方に立ちまして、今年夏までにはその設置を完了したいと日程を組ませていただければと思っているところでございます。設置後、運営につきましては、まだ詳しくは決まっていません。これから各団体と調整をしていくところでございますが、今までもハチ公パトロール並びにセンター街等で子どもたちの安全、見守りをやっているNPO団体「ガーディアン・エンジェルス」が活動してくださっていますので、「ガーディアン・エンジェルス」を中心とし、あわせましてその商店街、あそこで清掃活動をしている各種区民のボランティア団体と協力をしながら、今後、運営のあり方を検討していきたいと考えているところでございます。
○(五十嵐主査) 東委員。
◆(東分科員) デザインができたときは、設置する前に1回見せてもらうことはできますか。
○(五十嵐主査) 児玉課長。
◎(児玉児童青少年課長) (仮称)民間交番でございますが、今後の経過については、適宜、時期を合わせまして議会に報告をしていく所存でございます。
○(五十嵐主査) 東委員。
◆(東分科員) 渋谷区の表玄関ですから、あまり変なものを建ててほしくないので、美しいものをお願いします。

完璧に「民間交番」ということで始まっています。
民間パトロールの拠点作りなんですね。
(款)民生費、(項)社会福祉費、(目)社会福祉総務費の中の青少年安全対策推進事業経費として500万円計上されています。


実際、7月には東急車輛が古い車両を改造し、渋谷区に寄贈するという話が進められていました。

 

ところが、ここで問題が発生します。
詳しいことは不明ですが、警察が反対をしたらしいのです。

ハチ公前は非常に混雑する場所ですから、混雑を助長する恐れがあること。
交番前のオープンスペースに巨大な車両を置くと交番の視界が妨げられること。
そして何より、用途上道路として設定されている広場に建築物(人の出入りがある建物)を建てることは法規上不可能なこと。

以上の理由から民間交番には最後まで警察は応諾しなかったそうです。


その結果、設置が可能なモニュメントとして、ハチ公の目の前に車両を置くこととなりました。
青少年の文化歴史教育の一環として。

行ってみればわかりますが、ただでさえ狭くて混雑しているところがさらに狭くなっています。
そこまでして設置しなければいけないものだとはとても思えません。むしろ、いったん仕切りなおすのが当たり前だったのではないでしょうか。


安全対策のための待機スペースづくりのはずが、歴史文化の啓蒙のため。
民間交番のはずが、中には常駐できないモニュメント。
治安が良くなるはずが、混雑がひどくなる。

ちょっと理解ができません。


さらにいえば、状態が良かった車両をぶった切って改造したのも、心情的には余り嬉しくありません。
親が私鉄に勤めていましたから、電車に対する愛着も人一倍あるのです。
もったいないなあと思います。


ご覧になっている皆さんは、どうお考えですか?



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:53│TrackBack(0)考え・想いなど 

トラックバックURL

佐藤利信板橋区議結婚式渋谷区情報公開審議会