【速報】渋谷公会堂のネーミングライツ成約!!!敬老大会に参加

2006年09月14日

ひき逃げの厳罰化が必要だ!

福岡市職員の事件からこの方、連日のように飲酒運転とひき逃げの問題点についてTVで取り上げられています。

そのなかで、飲酒運転による死亡事故と、ひき逃げとの「罰のギャップ」について取り上げられる回数も増えています。

誤解を恐れずに簡単に言うと、飲酒による死亡事故は危険運転致死傷罪が適用されて20年。
ひき逃げはいろいろくっつけてもせいぜい7年。
これだけギャップがあるために、飲酒による死亡事故を起こした人間がいったん帰ってしまい、酔いを醒ました後で自首すると言うケースが非常に多くなっています。

その場は逃げてしまって、酔いを醒ませば減刑される・・・
こんなの、ひどい話だと思いませんか?

 

実は、表には出てきませんでしたが、この問題点について6月議会で問題提起していました。

水戸市議会議員の川崎アツシ君と連携して、ひき逃げの厳罰化を求める意見書を国に対して提出しよう、と会派を通じて提案したのです。

あと一歩のところまで行きましたが、前回は残念ながら全会派一致せず取り下げになってしまいました(渋谷では全会派一致しないと意見書が提出されないのです)。

不幸なことではありますが、世論は今盛り上がっています。
今回再度意見書を提案してみようと思っています。


川崎アツシ君:
http://blog.drecom.jp/demezo/

 

今場所は学校安全条例とかこのひき逃げ厳罰化の意見書とか、リターンマッチが非常に多いです。
がんばります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:21│Comments(0)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

【速報】渋谷公会堂のネーミングライツ成約!!!敬老大会に参加