消防団でスーパーよさこい民主党大学東京「マニフェスト」

2006年08月31日

上原の夕暮れ

渋谷はその名の通り「谷」で、渋谷川を中心にくぼんだ地形をしています。

富ヶ谷(ここにも谷ね)はその支流が流れていて、知っている方は多いと思いますが、代々木小公園の脇には「春の小川の碑」があって、唱歌で有名な「春の小川」がこのあたりで作られたことを顕彰しています。


代々木八幡駅の前の道も以前は川が流れていて、センター街から宇田川の遊歩道を通って駅前に至り、八幡駅の前を通り、踏切をくぐって地蔵どおりのほうに抜け、そして代々木八幡宮の前を流れていました。


そういうことで、富ヶ谷のあたりは低地で、初台の方に向かって、代々木公園の方に向かって、そして上原に向かって、さらに神山&駒場のほうに向かって坂になっています。

この坂の夕暮れがとてもいい。

特に、西の方に向かって伸びる井の頭通りは、拡幅されてから非常に気持ちいい坂になりました。
夕焼け空に向かって、太陽がビルの谷間に沈むのを見ながらトコトコ上がっていく風情はなんともいえません。

坂を登りきると仲通り&上原銀座の両商店街が見えてきます。買い物で賑やかな人通りがまた嬉しいですね。

上原の夕暮れは大好きです。




とはいえ、いろんな人が拡幅で引っ越して行ってるんですよね。
それは忘れちゃいけないと思っています。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:57│Comments(0)TrackBack(0)渋谷の風景 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

消防団でスーパーよさこい民主党大学東京「マニフェスト」