民主党青年局夏期全国研修会柏崎原発視察

2006年07月24日

自治体存続に不安

共同通信を中心としたアンケートの結果が出ました。
厳しい数字ですね。


91%が自治体存続に不安 全国首長アンケート(東京新聞・一部引用)

 少子高齢化や厳しい財政事情を背景に、全国の市区町村長の91%が自治体の存続に不安を感じていることが23日、共同通信社が加盟新聞社と協力して行ったアンケートで分かった。都市部でも高齢化に伴う財政負担への懸念が広がっており、消費税率の引き上げには全首長の73%が容認姿勢を示した。」

「 調査は平成の大合併が一区切りした5−6月に実施。都道府県知事と市町村長、東京23区長の計1890人のうち1884人(99・7%)が回答した。

 自治体存続に不安を感じる割合は、人口50万人以上の都市でも73%あり、5000人未満では97%に達した。」


渋谷区は比較的余裕がある自治体と見られますが、今後必要とされるインフラの再整備(都心区として、今後必要とされるであろう都市の更新に係る整備)を考えると、他人事とはとても思えません。

だからこそ、長期的な財政見通しが必要なのですが・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:29│Comments(0)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

民主党青年局夏期全国研修会柏崎原発視察