関係省庁の動き経済関係の本を読みふける

2006年05月05日

小児アレルギーが増加!!!

今でも花粉症やアレルギー性鼻炎、食物アレルギーなどに悩まされていますが、昔はその上に小児喘息やアトピー性皮膚炎などもあってけっこうつらかったのを覚えています。

友達が外で遊んでいる中で寝てなきゃならなくてね・・・
その結果、インドア読書スタイルが出来上がったわけですね。最近はパソコンとか飲酒(関係ないか)とか。


さて、東京都の調査「アレルギー性疾患に関する3歳児全都調査」の結果がまとまりました。
概要を読んで、残念なことに悪化していることがわかりました。

3歳までに何らかのアレルギー症状があったとの回答は51.5%で、5年前(平成11年)調査よりも約10ポイントの増加。子どものアレルギーは増加傾向にある(ただし、医師にアレルギー疾患の診断をされたのは36.7%で横ばい)。
食物アレルギー(前回9.4%→15.6%)、アレルギー性鼻炎(前回7.5%→14.6%)の増加が顕著。

こんな結果が出てしまいました。
まあ、予想はできましたが。


子ども世代に同じような気持ちは味合わせたくないですね。
国民病になってしまったアレルギー。何とか手を打っていかなくてはなりません。

特に、地方自治体レベルでは啓発や情報提供が重要になってきます。
花粉症などをはじめ、アレルギーは結構治療技術が進んできていますから、相談や情報提供のチャネル作りが必要です。
保健所だけにとどまらず、子ども家庭部や教育委員会の連携・チームプレーで対処していくことを強く求めていきます。

何か意見や情報などありましたら是非お寄せください!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:39│Comments(3)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 感動しました   2006年05月05日 19:06
1 先日、ブ口グを始めたのですが、あなたのブ口グと内容が似ていて
とても共感できるところがありました。もし良かったら
私のブ口グも見てください。お願いします。
私のブ口グはhttp://gughfg.oTZO.comです。
2. Posted by 感動しました   2006年05月05日 19:11
1 先日、ブ口グを始めたのですが、あなたのブ口グと内容が似ていて
とても共感できるところがありました。もし良かったら
私のブ口グも見てください。お願いします。
私のブ口グはhttp://gughfg.oTZO.comです。
3. Posted by hidepon   2006年05月09日 11:08
子どものアレルギーは子どもも大変だけど、親も大変。
大変な育児が更に大変になるから、夫婦関係にも影響してくる。
この問題に真剣に取り組んでくれているのは子を持つ親として
うれしいです。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

関係省庁の動き経済関係の本を読みふける