量的緩和の解除について民主党都連青年委員会「前原代表に直言しよう!」

2006年03月13日

会派で請願の審査

午前中会派総会。
提出予定の各請願に対する会派の意思決定です。


請願は、区民から議会に対しての要求です。
最低一名の賛同者(署名議員といいます)が必要ですが、本会議の議題になりますし、議会として賛否を決定しなくてはならないインパクトの強い要求になります。


今議会では請願は5本提出されそうですが、そのうちの一件でかなり時間がかかりました。
それは、「歩行喫煙禁止条例の制定を求める請願」です。


簡単に言うと、
「現行の渋谷区分煙ルールを、歩行喫煙禁止条例をつくることによって強化することをもとめる」
と言う内容です。

分煙ルールについてどのような評価をするか、禁止することの実効性はあるのか、そもそも歩行喫煙禁止が渋谷と言う来街者の多いまちに馴染むのか、など、色々な方向性から検討がなされました。


とりあえず本日のところは審査継続と言うことになりましたが、今後も激しい議論が展開されそうです。
ちなみにこの請願は高校生が主体となって作ったそうです。すごいですね!!!

 

これから本会議に行ってきます!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:54│Comments(1)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by douma   2006年03月13日 19:18
お金を払ってでも、童貞をものにしたい女性が多いこのご時世
貴方が童貞であるのなら当社は全力でサポートいたします!!!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

量的緩和の解除について民主党都連青年委員会「前原代表に直言しよう!」