長谷部議員が会派離脱渋谷区議会都市環境委員会:フットサルコート(渋谷駅前)新設

2005年11月17日

地方議員年金制度

報告書を入手しましたので掲載します。

ご意見をいただければありがたいです。

------------------------

地方議会議員年金制度のに関する研究報告書の概要

<背景と経緯>

○ 地方議会議員の年金制度は、地方議会議員互助年金法に基づき、昭和36年7月に
 発足し、翌昭和37年12月に地方公務員共済組合法の中に組み込まれ、その後、数
 次んお改正を経て現在に至る。

○ 近年、地方議会議員の年金財政は、会員(議員)数の減少、年金受給者の高齢
 化に伴う年金受給期間の伸び、さらには、積立金の運用利回りの低下等により、
 極めて厳しい状況にあった。
 
○ こうした背景から、平成14年の法律改正により、平成15年度から新制度が施行
 されたところであるが、都道府県議会議員共済会、市議会議員共済会及び町村議
 会議員共済会(以下、「共済会」という。)の議員年金財政は依然として厳しい
 状況にあたり、とりわけ市及び町村の議会議員共済会は、市町村合併の進展の影
 響により極めて厳しい状況になると見込まれる。

○ このような状況を踏まえ、共済会は、地方議会議員の年金制度における給付と
 負担、財政単位及び公費負担のあり方ならびに市町村合併の進展の影響への対応
 策等について検討する為、平成16年5月、学識経験者並びに共済会及び総務省の
 関係者を構成員とする「地方議会議員年金制度に関する研究会」を設置した。
  当研究会は、三共済会の会長等との意見交換を含めて、7回にわたる研究会の審
 議及び17回にわたる幹事会での検討を経て、ここに、地方議会議員の年金財政の
 長期的安定を図るための対応策の方向性を取りまとめたものである。

1 制度の性格

 地方議会議員の年金制度は、互助の精神に則り、退職若しくは死亡した議員又は
その遺族に対して年金または一時金を支給するものである。
 その性格は、|亙議会議員に強制的に適用される、給付内容が法定される、
5詆佞僕廚垢詒駘僂砲弔い討話亙公共団体がその一部を負担する等の点から、私
的契約に基づく個人年金とは異なっており、また、|亙議会議員の在職期間と被
用者年金制度の適用を受けた期間が通算されない、地方議会議員年金制度と被用
者年金制度との重複適応が認められている点で厚生年金等の公的年金制度とも異な
っている。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:45│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by uehara@nagata-cho   2005年11月17日 17:52
 お久しぶりです。地方議員の年金は、地方のことは地方でということで、党本部もあまり触りたくないみたいですが、方向としては、整理合理化でしょうね。しかし、自治体の財政状況により、様々なのが実情で、統一的な見解はあり得るのかな? しかし、最大で、市議、県議、国会議員と各級議員を経ている方のトリプル受給の方などは、確実に抑制でしょうね。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

長谷部議員が会派離脱渋谷区議会都市環境委員会:フットサルコート(渋谷駅前)新設