渋谷駅前でおみこし議員年金(市議会議員共済)を廃止しよう!

2005年09月18日

菅直人待望論

菅直人待望論

党代表が決まった直後で恐縮ですが、菅直人さんの待望論を書いてみます。
とはいえ、「党代表に」というわけではありません。
少しばかりお付き合いいただければと思います。

その前に、私の好きな政治家について、書いておきたいと思います。
私が好きなのは、実行力(行動力・政治力)とビジョンのある、それでいて現実的な政治家です。欲張りですね。
政策は問いません。自分の考えと間逆でもかまいません。
本気の思いを持っていて、徹底的に現実化を求めて行動する政治家が好きです。

話を戻します。
いろいろな評価があるのも知っていますが、菅直人さんは現代の政治家の中でも優れた政治家のうちの一人だと思っています。彼が信念を持って行動する様は、学ぶべきところが多いなとも思っています。

好きな政治家のうちの一人です。

菅さんは、現状で党代表には復帰できませんでした。
私は、今まで実績を残せていなかったことが敗因だったと思います。
確かに10年前には大臣として薬害エイズ問題などに道筋をつけましたが、「10年大昔」の昨今です。
期待感で勝る前原氏に対し、既に2度も登板しておきながら実績を誇示できなかったのは1つの敗因ではないかと思っています。

それでは、どうすればいいのか。
私は、菅さんには都知事をやって欲しいと思っています。
実績を残して皆を納得させるには、知事や首長になるのが一番早道でしょう。
良くも悪くも突っ走った石原知事の後ですから、菅さんの見識や政策も必要とされるのではないでしょうか。
特に、福祉などのセーフティネット面では後退しているようですから、効率的な政府をさらに推し進めつつセーフティネットを構築するなどは菅さんに期待できるように思います。

都政改革を菅さんなりに断行して、その実績を持って国政に復帰するのが「王道」だと思っています。
これが私の「菅直人待望論」です。

 

※実は、年金未納の直後、個人的に「都知事にでて」と言っていた時期があったのですが、その時には菅さんには「国政しかやる気はない」と一蹴されました。
 菅さんの実力を社会にいかすには、これしかないように思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TARO   2005年09月19日 16:06
ども、自分自身前原さん以外にいないと思っていたので、前原さんになってほっとしています。菅さんになったら、正直「またか」。。。というイメージを一般国民に与えてしまい、民主党復活にさらに時間がかかったのかなと思います。(そんな中で、あの不祥事も水をさされる事件でしたが。。。正直あれはシャレにならないと思います。) 自分自身も彼がまた党首に復帰するようであれば、もう民主党は無理だとおもい愛想つかすところだったので、「まだまだ民主党も捨てたもんじゃないな、変ろうとしているな」と思えてほっとしました。
2. Posted by TARO   2005年09月19日 16:06
自分自身、菅さんはあの厚生労働省時代がピークだったと思います。その後は、なんとなく「間の悪さ」「脇の甘さ」がある人だなという印象しかありません。特に散々あれだけ攻撃しておきながら、実は自分も未納だったなって。。。あまりの脇の甘さに苦笑いがでてしまうくらいでした。それと前原さんと菅さんの違いで際立っていたのは前原さんは「既得権益との決別」ということを前面に出していたのを、菅さんは「内部を調整しながらやっていく」といっていたのも、今回の大敗からこの人は学んでないのかなという印象を与えました。で、「菅さんはないな」と思いました。

3. Posted by TARO   2005年09月19日 16:07
それからこれは個人的な好き嫌いの問題ですが、私は菅さんのあのわざとらしいパフォーマンスが好きになれません。厚生大臣時代のかいわれを食べるシーンから、自分を見つめなおすといってお遍路さんにでたりするとか。。。やめても何かをアピールしようとしている感じがいやです。反省するならどっか山奥に隠れて護摩行に出るなり、座禅でもくみゃいい話ですし。マスコミ引き連れてってことまでせんでも。。。
4. Posted by TARO   2005年09月19日 16:07

それから、都知事ですが、次で石原さんは引退でしょうから、新世代の争いになると思います。菅さんの様な手垢がずいぶんついてしまっている人よりも、若い人、いっそ5区の手塚さんとかが出た方が面白いかなと思うのですが。あのくらいの年齢で前例として首長をしているひとは周囲にいるのですから無理ってことはないでしょうし。そういうところで力をつけていった世代が、40代後半や50代で首相になってもらい、国でリーダーシップをとってもらうというのもいいのではないですかね。

長くなりましたが。
5. Posted by 渋谷区議会議員・鈴木けんぽう   2005年09月19日 20:29
TAROさん、コメントありがとうございます。

身近で見ているとやっぱり「能力の高いひとだな〜」と思います。
若手がどんどん出て行くというのは、よく話されます。東京都内でも、今後30代の区長市長がバンバン誕生すると思いますよ。

とはいえ、菅さんもまだ58歳なんですよね。
20代のころから政治的リーダーとしてがんばっていたので、今更感もあるのかもしれませんが。

まさに「そういうところで力をつけていった世代が、40代後半や50代で首相になってもらい、国でリーダーシップをとってもらう」のさきがけだったんですよね。実際、40代の後半にはひとかどの政治家になっていました。

政治家の旬は短いんでしょうか。

再生するためには、もう一度実績を作ってもらう(都知事とか)のがいいと思っています。力量もありますし、このまま埋もれさせてしまうのももったいないです。
6. Posted by TARO   2005年09月21日 00:53
個人的には、正直政治家って仕事自体長い年数やる仕事じゃないと思います。命削って社会や地域、国のために尽くす仕事ですし。特に国政なんてそうじゃないんですかね。。。

なんで、最もエネルギーがある40台とか50代前半で首相とかをやってもらいたいっていうのは事実としてあります。たとえば小泉さんはちょっと遅いですが、もっとも豪腕を振るえるときに首相になったと思います。来年9月まで政権を担って、おそらく退陣とともに政治家も辞めちゃうんじゃないでしょうかね。もう郵政民営化をなしとげたら彼の政治家としての使命は終わると思うので。
7. Posted by TARO   2005年09月21日 00:54

菅さん。。。正直ちょっと尻すぼみ気味か感じがします。旬は過ぎた感があるのですが。今回も衆院選あやういところに追い込まれましたし。党内ではどうなんでしょうか? 自分自身は、今後は前原さんや野田さん、長島さんや長妻さん、手塚さん(負けてしまったけど)といった若い世代が中心になって今後は民主党を引っ張っていくべきだと思います。

今回自民も若くて優秀な人間が議員になりましたし、(学生シンクタンクの件で1回ご一緒した牧原さんも今回出馬してバッジをつけることになりました) 日本の政治もこれから面白くなると思いますよ。

でも、けんぽう君がいうように菅さんがもう一花政治家として本気で咲かせたいのであれば、都知事でしょうね。ポスト石原で注目もされるし、緊張感たっぷりですけど実績挙げられれば、一花は咲かせられるでしょうね。ただ、個人的には若い40代の民主党の政治家にやってほしかったりしますが。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

渋谷駅前でおみこし議員年金(市議会議員共済)を廃止しよう!