渋谷区議会:都市環境委員会(アスベスト対策)渋谷区議会:臨時会の議案について(21日)

2005年09月15日

「民主党リバイバルプラン」を都内有志で作成・提出

「民主党リバイバルプラン」を都内有志の都議会議員・区議会議員が作成し、岡田克也党代表に手渡しました。
私も参加しました。

前書き前文を掲載します。


民主党代表 岡田克也 様

変わらなきゃ、民主党。
〜若手議員からの直訴状〜

民主党は、衆院選で敗北を喫しました。とりわけ都内の小選挙区では1勝24敗という深刻な敗北を喫するなど、今まで支持してくれた都市部の有権者に支持されませんでした。最前線で選挙戦を戦った私たちとして、きわめて残念な結果であると思います。
しかし、この敗北を、誰か他人のせいにすることはできません。民主党として、この敗北の意味をかみしめ、新しい民主党として再スタートの決意を見せなければ、今後、民主党に未来がなくなってしまいます。私たち若手議員は、その危機感を強く感じています。
多くの心ある有権者は、民主党に期待しています。有権者は民主党の持つ「可能性」に、大きな期待を抱いてきたのです。その期待に応えられるような新しい民主党の姿を示し、明確なメッセージを発信できれば、民主党はかならず生まれ変わることができるはずです。
この「リバイバル・プラン」は、そのために私たちが考えた、民主党の党改革に向けた提案です。国民と直接つながり、民意と直結しながら、自らのメッセージを形成していく、そのための仕組みを提案させていただいています。
私たちの行動を「生意気だ」とか「スタンドプレー」と言う人もいるかもしれません。しかしこれは、維新の志士の如く、「草莽屈起」の志を持ち、「民主党を何とかしなければならない」との強い思いに駈られての、やむにやまれぬ行動です。この思いをぜひ受けとめていただき、民主党再生のために生かしていただきたいとお願いいたします。
民主党が変わらなきゃ、この国は変わらない。
だから、変わらなきゃ、民主党。
私たちの手で、民主党の、そしてこの国の未来を作りましょう。よろしくお願いいたします。

 平成17年9月15日   
若手地方議員有志 代表 
東京都議会議員 柿沢 未途


42名の有志が賛同しました。
今後、他地域の地方議員、特に若手の自治体議員にも賛同をお願いしていく予定です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:06│Comments(2)TrackBack(0)政党活動 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by chosan   2005年09月16日 17:07
 そうですよ、明治維新の中心人物は当時ほとんど2〜30代だったわけですから若手だからといってできないわけはないと思います。問題があるとすれば、吉田松陰は誰だということだけでしょう。ご活躍を期待しています。
2. Posted by 渋谷区議会議員・鈴木けんぽう   2005年09月19日 20:30
コメントありがとうございます!
ご期待いただきまして本当にうれしいです。がんばりますね!

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

渋谷区議会:都市環境委員会(アスベスト対策)渋谷区議会:臨時会の議案について(21日)