交通安全協会総会渋谷区内不審者情報

2005年08月31日

自転車の走る街づくりについて

渋谷区議会議員の鈴木けんぽうです。

自転車についてです。

前回お話しましたように、私は「自転車の走る街づくり」ということも提唱しています。
とはいえ、なかなか難しいのも事実です。

前回の記事では資金面だけをクローズアップしましたが、様々な牽連関係があって、いろいろな観点から
「あちらを立てればこちらがたたず」
になるということも痛感しています。

 

自転車については、もちろん環境面には優れています。
が、放置自転車は邪魔になりますし、駐輪場は金食い虫です。
本来、一番環境的にも経済的にも優れているのは「歩くこと」です。
その意味では、自転車が歩行者の妨げになるのはまずいでしょう。

私が自転車に乗って痛感をするのは、自転車の存在が街づくりの中で予定をされていないことです。

平たく言えば、「自転車が走ることを想像しないで街づくりが行われていた」ということです。


それに対しては、このような取り組みを進めるべきだと考えています。
・公共の取り組み
   比較的安価な自転車駐輪場(駅などから少し離れた)や路面を取らない地下機械式駐輪場を整備する
   放置された歩行者の邪魔になる自転車の撤去を強化する
   転倒防止策(倒れにくいスタンドを推奨するなど)を推進する
   自転車専用レーンを幹線道路に整備する
・自転車使用者の取り組み
   駐輪場における受益者負担をお願いする
   多少歩いて駐輪場→目的施設に移動してもらう
   やむを得ず止める場合には十分に周囲に配慮してもらう
というような考えを持っています。

公共的には、街づくりそのものに自転車という存在を組み込むこと、
使用者には、できるだけの協力・負担をお願いすること
この二つがそろって初めて自転車にとって理想の街ができるのだと考えています。

今の段階でお話できるのは、この程度です。
雑な議論ですみませんが、ご理解いただければ幸いです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 中村正彦   2006年04月06日 14:14
千駄ヶ谷駅前の駐輪場が一部有料化され、4月3日、5日にその周辺の自転車の撤去が行われました。通常は、まず警告書類をはってから、撤去が行われるのではないかと思いますが、今回は突然でした。
事前にわかりやすい掲示あるいは案内が必要ではないでしょうか。
2. Posted by 鈴木けんぽう   2006年04月07日 09:21
事実関係を把握していないのでなんともいえないのですが、通常は仰るとおり警告→撤去のようですね。

案内がわかりにくかったのは千駄ヶ谷の駐輪場の有料化でしょうか。

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

交通安全協会総会渋谷区内不審者情報