2013年06月

2013年06月13日

浜田ひろき君のこと

浜田ひろき君は、今日で区議会議員として最後の仕事を終えました。

初めて会ってから13年余り、共に歩んだ日々のことを思い出して、今日最後の演説は思わずちょっと涙ぐんでしまいました。


色々書いて応援しようかと思ったけれども、なかなか素直に筆が進まない。
24時になる前に書き上げなきゃ…と思うと焦って余計進まない。


なので、もう勢いで書いちゃおうと思います。
浜田君の政策能力はほんとに凄い。身近に見ていて本当にそう思う。
議員提案条例を何本も作成しているのを見ても、公契約条例や子育て支援、障害者福祉、ネーミングライツ、給食費問題、入札改革、情報公開など様々な政策に取り組んでいるのを見ても、こいつは本物だなぁと素直に思っている。
行政のやっていること・提案してきたことを「自分がやりました」なんて平気でいう議員がよくいるけれども、そんなのとは一線を画している。
哀しいことに、どうしても理屈っぽくなってしまうので有権者の側に理解されることは少ないけれども、仲間の俺たちは頑張りや能力をちゃんと見ているよ。
はっきり言って圧倒的かつ独創的だと思う。


それから、落選を乗り越えて頑張っているところも偉いと思う。
最初の選挙で苦汁をなめて、本当にしんどい思いをしているはずなのに、それを回りに感じさせないで飄々としている。
風で通ってのうのうとしている政治家より、落選して地獄を見た政治家の方がよっぽど頼りになるしぶれない。
浜田君は信頼に足る政治家だと思う。



ということで、書きたいことの1割もかけないけれども、時間なのでアップしなきゃ。
渋谷区議会で本当によく頑張った。一生懸命突っ走った6年間だったと思っています。
この経験、実績をいかんなく発揮して東京都政を変えてほしい。期待しています。



がんばれ浜田!!!!!



ということで決めポーズ。民主党渋谷区議団会派控室での最後の一日です。
こういう愛嬌があるところもイイよね(笑)

一緒に働けてたのしゅうございました。ありがとうね。

1008634_473700692708554_861975161_o













このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:57|PermalinkTrackBack(0)