2013年03月

2013年03月30日

渋谷区議会第一回定例会 結果報告

29日で渋谷区議会第一回定例会は終わりました。
予算を審議するので約一月に及ぶ、長丁場の議会でした。


主要な案件について、民主党渋谷区議団および私の判断を書いておきます。



---------------------


○渋谷区長等の退職金について

人事委員会勧告に沿った引き下げ条例が区長から、それをさらに大幅に(3割程度)引き下げる条例が共産党から提出されました。

渋谷区長の退職金については、1年前には民主党渋谷区議団でも共産党提出議案に修正案を提示しています。


・基本的には退職金制度そのものを見直す必要があること。少なくとも4年任期ごとに支給する退職金制度は改めるべきこと。
・額についても比較的高額なので合理的水準まで引き下げるべきこと。


今回は修正案は提出しませんでしたが、この方針に沿って区長提出議案に賛成、共産党提出議案に反対しました。

退職金制度そのものに課題があるという考えは変わっておりません。引き続き提案を進めてまいります。


---------------------


○地方分権に伴う議案について


地方分権に伴い、従来政令で決められていたものを渋谷区の条例として決めてよいということになりました。ただし、もともと政令で示されていた基準を参酌することになっています。


渋谷区長提出の条例案は、例えばスロープの傾斜についてなどいくつか独自基準が取り入れられましたが、基本的には政令とほぼ同じ内容で提出されました。


これらについては賛同しましたが、できるだけ渋谷区の状況に合わせた渋谷区独自の基準を取り入れた方がよかったと思います。例えば公園などは土地の狭い渋谷区の実情に合わせて基準を決めた方がよかったのではないか、という点について指摘をいたしました。



---------------------


○平成25年渋谷区一般会計予算


賛成しました。

これについては治田議員が賛成討論を行いましたので、うちの会派の考え方はそちらで示されています。
後程掲載します。


請願等の対応はまた後日…





このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:11|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月24日

ネットで何かを購入する時に、ぜひともご支援くださいませ。

たまにお願いしている「アマゾンで購入して鈴木けんぽうの議員活動を支えよう」キャンペーン。
今月は久しぶりに2481円の入金がありました。
ご協力下さった皆様、ありがとうございました。


政務活動費では購入できそうにないもので議員活動に必須なもの、有用なものなどを購入しようと思っています。
例えば、政治思想や経済や国際関係論など、直接渋谷区政にはかかわらないにしろきちんと押さえておかないと行けない情報ですよね。
こういった関係の本を購入して勉強したいなと。


ネットで購入する時にひと手間していただければ幸いです。
協力してもいいよ、という方は ↓ のページをご覧ください。
「検索・購入による議員活動支援のお願い」

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:56|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月22日

渋谷区の政策アンケートを見ると・・・

政策アンケート実施中です。
委員会審議などで活用させていただいています。
ぜひご協力ください。



今回のテーマはインフラを中心に「施設の老朽化」です。
思った以上に、「行政が管理している施設は安全であたりまえ」という意識があるようです。
笹子トンネル崩落事故は例外と思っているのかなと…



まぁ、ほとんどの場合は安全なんでしょう。
ただ行政にはマンパワーも資金も不足している昨今ですので、実は「住民からの相談・通報」が維持管理のキーワードになっていることも多いです。


例えばカーブミラー(道路反射鏡)の維持管理は、老朽化していても苦情や相談があった場合に補修が行われるというのが基本原則でした。
(「でした」と書いたのは、去年の政策アンケートでミラーについてご提言をいただいて以来、半年くらいかけて「全ミラーを確認する必要がある」と何度か訴えて、実施されたからです)

渋谷川の清掃にしても、年間6回の清掃予算が組まれているものの地域住民から要望があれば清掃対応するということがあります(必ずやる、というわけではありません)。

道路補修でも、住民の皆さんからの苦情があった路線が優先的に実施されることがあるようです。


つまり、住民の皆さんが気づくような場所が優先されるということですね。



行政が管理責任を持っているのは当然なのですが、物理的に渋谷区全域をカバーできているとは限りません。

「行政が管理しているから大丈夫だ」と思わず、気になることがあれば連絡してみる、というのも必要なのかもしれませんね。もちろん、必ず補修が必要とは限りませんが、行政側に情報を出す意味はあると思います。




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:50|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月19日

「究極のお伊勢参り」講座に参加して、渋谷区の観光行政を考える

三重県が「伊勢の魅力発信講座」という事業を行うと聞き、参加してみました。
株式会社umariさんが事務局を務める「究極のお伊勢参り」講座です。


究極…
参加してみた感想としては「まさに究極!」でしたよ。
期待にこたえるものでした。



この講座は4回の座学と1回のフィールドワークで成り立っています。

・伊勢神宮と歴史:古事記から明治維新まで、伊勢神宮をめぐる歴史について
・伊勢神宮と出雲大社:比較を通じて伊勢神宮を学ぶ
・常若の聖地伊勢神宮:伊勢神宮で行われる祭祀と遷宮について学ぶ
・日本の神話と伊勢神宮:古事記に記された神話から伊勢神宮を学ぶ

と、さまざまな角度から伊勢の神宮について座学で学びます。これがとても面白かった。
日本の成り立ちそのものを考え直すよい機会となりました。


【1日目】

そして待ちに待ったフィールドワーク。
DCIM1295

























集合時間の30分前に到着。当然ですが事前に自主的にフィールドワークをするわけですね。
今回は伊勢うどんを食べてみました。うむ、新しい味。


ということで、正規の行程は「せんぐう館」から。
伊勢神宮外宮(げくう) にある、式年遷宮を説明する資料館です。

遷宮に投入されるエネルギーのすごさ、遷宮によって継承される技術、祭儀の様子などについてじっくり学べます。実際に座学で勉強した歴史的経緯や宗教的経緯が随所に隠れているのが面白い。


お昼ごはんは国崎にて、海女さんのやっている料理屋さん。

DCIM1298

うにごはんにサザエ、カキフライ、お刺身盛り合わせ、そして煮つけ!
海の幸を堪能しつつ、海女のみなさんの生活についていろいろお話を伺いました。
陰陽道が海女さんの生活に根差しているなど驚きの連続です。


なぜ海女か? というと、熨斗あわびを必ず奉納するからです。
アワビを細切りにして乾かしたもの。保存食です。
「のし」という言葉のもととなったもの。




DCIM1302

これが熨斗あわび。かたい。
お守りにしてもよいそうです。



海の幸に舌鼓を打った後には海の博物館へ。
伊勢の神宮へ奉納する品々などをご説明いただきました。
志摩半島の「海民」の生活や物産などについて理解を深めることに。割と駆け足で。
再訪してもうちょっとじっくり見たいところです。


夕方、宿に入ってそのすぐ近くの賓日館(ひんじつかん)へ。
伊勢の神宮に参拝する賓客の宿泊施設として明治20年に建てられた由緒正しい建築物です。
ちょうどひな祭りシーズンということで、街ぐるみでひな祭りスタンプラリーをやっていました。賓日館にも数百体のひな人形が展示され、江戸時代ごろのものから平成の作家ものまで多様なひな人形を堪能することができました。
DCIM1303
賓日館。重厚ですね

こちらではトークショーが行われたのですが、ゲストが鶴田真由さんと鈴木英敬三重県知事
知事の話が実に面白かった。今年伊勢の神宮の式年遷宮が行われるにあたって、三重県のバックアップ体制を十分に取ったこと。「政教分離の原則」について。二十年後の次の遷宮では伊勢をエルサレムやメッカやラサのような世界的な宗教都市にしたいということ。うーん、なかなかダイナミックです。


そして夜の懇親会では、赤福など伊勢を代表する老舗の経営者さんがた、三重県などの行政マンの方々などとともに、美味しいお酒と美味しいお食事と素敵なトークを堪能したのでした…

DCIM1304

ちょっとだけ・・・
「美味し国」ですね、さすがに。



【2日目】
2日目は朝イチのみそぎから始まる…予定だったのですが、さすがに寒すぎて厳しいので参拝だけとなりました。

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)の浜参宮といって、古来伊勢の神宮に参拝するものは禊をしてから参拝するのだそうです。

DCIM1311

われわれは夫婦岩を参拝。一応日の出らしきものも見ました。


ここからがメインです…が!
スマホの電池が切れてしまい、写真が撮れませんでした…

神官の方にご案内いただき、外宮→月読宮→内宮と参拝。
特別に垣内参拝(要は、普通は入れないところで参拝)をすることができたのには感激。
やっぱり伊勢の神宮はスケールでかいなぁ。

DCIM1317

執念で撮った一枚。
まだ使われてない、新しいお宮です。白木ですがキラキラ輝いて見えますね。
ちなみに木々は倒れたら同じような木を裏の山から探してきて移植するそうです。できるだけ変えないために。
自給自足の原則と並んで感銘を受けました。


遷宮後、またお参りしよう。しかも友達や家族を連れてこよう。
と、見事に三重県の意図に乗っかってしまったわたくしでありました。


DCIM1323

お参り終わった後にいただいた赤福@特別室にて。
なんて上品な味なんでしょう…
ちなみに赤福さんは今年看板を掛け替えたそうです。遷宮と一緒に替えるらしい。



【区政に生かしたい視点】

さて、ここから政治的な視点で。

三重県が実施したコンペの概要をみると
「1 委託事業の目的
  首都圏在住で、情報に対する感度が高く、また情報発信力を有する方を、三重に愛着を持つ少数精鋭のコアな三重県ファンとして囲い込むために、これらの方達が三重県の魅力を身近に感じ、共感することができるような講座の実施について提案を求めます。」

「情報感度が高く」「情報発信力を有する方を」「少数精鋭のコアな三重県ファンとして囲い込む」
いい意味で行政の書く文章とは思えませんね。戦略的です。
参加した皆さん大満足で、相当な伊勢ファン・三重県ファンになっています。フェイスブックにグループが立ち上がっていますが、やれ三重県の物産展だやれ式年遷宮の日程だー、と情報が飛び交っています。


渋谷区の議員としては、観光行政に社会教育をプラスすると相当な効果があるんじゃないか、と実感しました。
勉強するから深みが出る。深みが出るからはまる。はまったらほかの人にも話すし、また行ってみたくなる…まさに好循環が作り出せると思います。

実際、今回の講座でも座学で学んだ内容が随所に発見されます。
歴史的経緯の痕跡を探すというのはとても能動的な学びですね。たんに物見遊山ではなく、深く知ることができるし、さらに知りたくなります。

観光行政は最近の渋谷区政のテーマの一つです。観光協会もできたばかり、議会質問でも観光行政についての議論が活発になってきています。
特に渋谷区には大きな観光資源として「明治神宮」がありますし、実際今回の講座でも明治神宮との対比はよくお話に出てきました。
さすがに同じようなことを渋谷区でやるというのは難しいと思いますが、考え方としてこの観光行政と社会教育の融合は有効です。じっくり考えを深めて提案に結び付けていければと思います。






このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:39|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月15日

渋谷区議会3月議会開会中

渋谷区議会は3月7日から定例会に入っています。会期は3月末まで。
花粉症で調子が最悪でございます。


恒例のリアルタイムまとめ作っています。
渋谷区議会リアルタイムまとめ



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:10|PermalinkTrackBack(0)

2013年03月14日

鈴木けんぽうインターン〜学生の感想〜

3月議会真っ最中ですが、同時に夏の議員インターンシップの準備を始めています。

まずは現状分析! ということで参加学生たちの声を集めてみました。
一部を公開します。
「けんぽうインターンの良いところ」「成長したと思うところ」です。

----------------------
「出会いとネットワーク」
いろいろな学生や考え方に触れ、ネットワーク、アンテナが広がる。
「失敗を恐れなくなる」
礼儀やマナー、ストレス耐性が身に付き、自己の能力開発に繋がる。
「成長したと思うところ」
相手の意図、考えや意味付けなどを考えるようになった。
失敗を恐れず、積極的に行動するようになった
----------------------
インターンの良いところは、
『失敗する場があること』
たくさん失敗することが成功に繋がる。大学では失敗できる場もないため、一人一人の才能を引き出すことができていない
----------------------
「けんぽうインターンのいいところ」
プレッシャーに強くなり人前で話せるようになる
----------------------
私が良いと感じたことは【自分の頭で考える】癖がつくところです。
けんぽうさんから「なんで」「どうして」と聞かれることが多く、自分自身でも考えるようになりました。
----------------------
「インターンのよいところ」
・失敗を許してくれる場がある
・積極的に物事に関われるようになった
----------------------
けんぽうインターンのいいところは「自分の行動に意味を持たせ、失敗を恐れず何ごとにも挑戦することを学ぶことができるところ」です。
----------------------
インターンの良い所は、失敗が怖くなくなったことです! 失敗が怖くて今までは発言や質問するのがとても怖くて自分からはできなかったです。けど、インターンでは発言する機会が多くあって、徐々に慣れてきたと思います。あと、発言して反応がないのも嫌で発言しないこともありましたが、けんぽうさんが必ずフィードバックをくれるので、そのフィードバックで自分を見直せることが出来るので、もっと発言しよう!と思えるようになりました。
自分でも変われたな、と思います!

あと、小さいことでも褒めてくれたり、注意して貰えるので他人からの自分のことについてを見直せてます!
----------------------
インターンシップの良いところ
「人間力を養う事が出来た」
インターンを通じて、社会人に必要なスキルを身につけることができました。例えば、聞く力・考える力・伝える力などを養うことができました。また、スピーチ終了後に行うフィードバックを行う事で、今まで気付かなかった自分の強みや弱みなどに気づく事ができました。
----------------------
「失敗することが怖くなくなった」
今までは、失敗することが恥ずかしいと思っていましたが、インターンシップを通じて失敗をするから成長できるということを学び失敗することが怖くなくなりました。
----------------------


嬉しい声がたくさんですね!
3月末まで頑張って今期は終わります。次期も充実したプログラムを組んでいくつもりです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:28|PermalinkTrackBack(0)