2011年01月

2011年01月31日

ツイッターが渋谷区議会議員にどのように活用されているか・鈴木けんぽうの場合

タイトル、ずいぶん大きく出てしまった気もしますが…(笑)
ツイッターがきっかけになった・ツイッターを参考にした私の提案案件について、結構たまってきたので記載しておきます。
うまくいったこともうまくいかなかったこともごっちゃにしています。

思い出せるだけ書き出しましたので、わかりにくいところや漏れがあると思います。ご容赦ください。

 

【本会議(自分・会派を区別せず)で取り上げたもの】
・食育および調理体験、NHK教育「あい・まい・まいん」を参考に
・『学び合い』
・学校広報/学校情報提供
・電子図書館
・宮下公園整備におけるホームレス対策/集会機能
・不活化ポリオ啓発
・病児保育等でのNPOとの連携
・iPhone(スマートフォン)最適化の街づくり
・合同学校説明会ネット中継
・保育園の入園手続き適正化
・図書館における地域資料(灰色文献)の収集・オンラインデータベースの活用
・社会教育館の団体登録適正化
・プレーパーク(冒険遊び場)の充実

 

【委員会等で取り上げたもの】
・インフルエンザの治癒証明
・山手通り東大裏交差点の右折・直進等の整理
・代々木葬斎場裏道路の通行禁止啓発看板
・アドカー規制
・渋谷警察前自転車横断場所の適正化
・学校ICT
・区のプレミアム商品券

 

【その他(直接所管課に伝える、国会議員・都議会議員等に伝える、勉強会を開催したなど)】
・各地自転車・二輪車放置対策
・各地道路整備(穴があいている、など)
・携帯電話等のリテラシー教育
・JAXAこうのとり2号打ち上げパブリックビューイング
・各地公園の適正化
・図書館見学会
・『学び合い』勉強会
・メディアリテラシー勉強会
・学校広報勉強会
・保育勉強会
・インターン生の採用
・予防接種アンケートの実施
・東京都立病院の超過勤務
・非実在青少年の問題点
・不妊治療の支援
・学校給食の公会計化についての条例作成・提案
・ネーミングライツについての条例作成・提案

 

こうみると、たった1年半でかなり多くのご提言・ヒント等をいただき、区等にぶつけてきたなぁ、ツイッターは私にとって発想の源泉になっているなぁと強く感じます。
皆さまのご協力に感謝します。

今後も多くのご意見をお寄せ下さいますようお願いを申しあげます。
→ http://twitter.com/kenpo_shibuya/

 


フェイスブックでもご意見を募集しておりますのでよろしくお願いします。
現在募集している案件は、「渋谷のイメージ(対横浜、品川、新宿、池袋)」です。
→ http://www.facebook.com/s.kenpo.shibuya

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:33|PermalinkTrackBack(0)考え・想いなど 

2011年01月29日

選挙についてのご意見募集(渋谷区議会議員選挙とは関係なく)

フェイスブックの個人ページにて、選挙にまつわる2つのトピックの意見募集をしています。

・選挙カーの利用をどう考える?
・区市町村議員の選択基準

統一地方選挙が近いこともあり、渋谷区外の皆様方のご意見も募集しています。
選挙の適正化というか、選挙について事前にいろいろ考えておくことは、結果的に政治の刷新につながると思います。

どうぞ、奮ってご意見をお寄せください。選挙についてみんなで検討しましょう。

フェイスブックに参加していない方はごめんなさい…この際ですから登録していただければ。
楽しいですよ。

http://www.facebook.com/s.kenpo.shibuya



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:17|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月27日

政治活動妨害

db054994.jpg家にかえってみたら、郵便受けに大量に私のビラが。ご丁寧にカッターのようなもので切り裂いてくださっています。

私はこんな嫌がらせには負けませんが、不幸なことに二歳のこどもが目にしてしまいました。

「切れてる」とポツリ。ショックだったのかな。









ツイッターを活用して皆さんのご意見を伺っています。
具体例はこちら
http://blog.livedoor.jp/kenposzk/archives/51862936.html
今後も多くのご意見をお寄せ下さいますようお願いを申しあげます。
→ http://twitter.com/kenpo_shibuya/

 
フェイスブックでもご意見を募集しておりますのでよろしくお願いします。
現在募集している案件は、「渋谷のイメージ(対横浜、品川、新宿、池袋)」です。
→ http://www.facebook.com/s.kenpo.shibuya



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:28|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月24日

フェースブックはじめました。

ツイッターを2年くらいやっていますが、フェースブックはなかなか手を出していませんでした。

このたび、フェースブックで公式ページを作りました。
もしよろしければご覧ください。


http://www.facebook.com/s.kenpo.shibuya

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:51|PermalinkTrackBack(0)日常活動 

2011年01月20日

渋谷区議会総務区民委員会・地域交流センター大向視察

c5323487.jpg
dd44a2e7.jpg
1479a129.jpg
aedd6ea8.jpg
b4f0b007.jpg
6d91f57c.jpg
22662286.jpg
総務区民委員会で地域交流センター大向の視察。
3月下旬に開設されます。ほぼ完成した姿を見てきました。

この施設の中には地域の会議室・敬老館・保育園が入ります。

特に保育園は、園庭機能に課題があり、松涛公園を利用する他、屋内・屋外園庭を備えています。
屋内園庭はボルダリングの壁が取り付けられていました。うちの子もよじ登るのが大好きです。人気でるでしょうね。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 05:11|PermalinkTrackBack(0)

2011年01月16日

こどもの病気でワクチンの重要性を再認識

下の子がインフルエンザ&アデノウイルスの両方に感染しているようです。
混合感染といって、非常にレアだということです。
嬉しくないですね。


幸い、そこまで重症化していないので入院などには至っていませんが、
上の子は私の実家に避難させていますし、母親も体調を崩していますしで結構厳しいです。
なにより、40度近い熱が出たりおさまったりが続いて、体調悪く不機嫌でなかなか寝付けない…眼やにやら鼻水やらでくしゃくしゃな顔を見ると本当にかわいそうに思います。


生まれたばかりのこどもにとって、インフルエンザは結構脅威です。ワクチンなども使えません。できればかからせたくない、そのためには家族や周囲の人間が気をつけ、ワクチンなどを活用してできるだけインフルエンザにかからないように意識することが大切です。
これを集団防衛といいます。多くの人々がワクチン等で免疫を獲得し、流行が起こりにくくなれば、ワクチンを打てない人も守られる、というわけです。
乳児だけではなく、アレルギーや基礎疾患があってワクチンを受けられない方、ワクチンを受ける機会の無い方のためにも重要な考え方です。


もちろん、インフルエンザだけではありません。MRだっておたふくだってみずぼうそうだって、ヒブや小児肺炎球菌や子宮頸がんワクチンだって、多くの方が接種することによって接種できない・していない人も守られるようになるわけです。
わたしはこの「集団防衛」=みんなで健康を守るという考え方に従ってワクチン行政を進める提案をしてきたつもりです。
あ、もちろん、費用対効果という観点でも優れた施策だと思っています。



ということで、あらためてワクチンの重要さを認識したところです。
一人でも多くの方がワクチンを活用し、一人でも多くの方が守られる体制を作っていきたいと考えています。




インフルエンザワクチンの助成については、渋谷区では自民党さんが熱心に進めてくださっています。
ご紹介しておきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:45|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2011年01月11日

渋谷区議会総務区民委員会:防災点検

今日は午前中総務区民委員会が開かれました。

防災点検が1月17日に行われるので、その報告です。
ここ4年間の資料を横断的に読んでみました。
毎年少しずつですがグレードアップしているので、良いことです。


午後は印刷物の作成。
今回は何人かの他区市町村の議員と合同で印刷物を発行しようと思っています。
そのとりまとめ。
まだまだやることが多いので、ちょっと大変だなぁ・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:51|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2011年01月07日

MRワクチン接種率向上に向け提案〜渋谷区の予防接種改善

MRワクチンは、麻疹(はしか)と風疹を予防するワクチンです。
定期接種として無料で接種されています。
どちらもほぼ先進国では排除された病気ですが、数年前のはしか大流行を受け、日本では通常の乳幼児での2回接種の他に3期(中1)4期(高3)の無料接種が平成23年までの5年間行われています。


残念ながら、このMR3期4期の予防接種は接種率が大変低く、目標の95%接種には程遠い状況です。
特に渋谷区は、公立中学進学者が比較的少なく、学校での啓発が難しいため、接種率向上はなかなか難しい課題となっています。


先ほど、所管の地域保健課長に、MR3期予防接種の啓発について提案させていただきました。
2月から行われる子宮頸がん予防接種事業に中学1年も対象として含まれるため、こちらに「MR予防接種を受けましょう」という啓発文を入れたらどうか、という提案です。
検討して下さるそうで、ありがたいと思います。多少は接種率向上につながることが期待できます。


細かいことですが、こんなことやっていますという報告です。
MRの接種率向上は予防接種にかかわる人間としては大きなトピックです。引き続き、細かいことを積み上げて成果を出せるようにしていきます。




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:08|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2011年01月06日

学校の掃除を学生がやるべきか?

ツイッター上でかなり広範な議論となっているのが「学校の掃除を学生がやるべきか?」です。
下の記事が適度にわかりやすくてお勧めです。


「学校掃除あんまり要らない気がする」 中学生のツイートに賛否両論
http://www.j-cast.com/2011/01/05084901.html?p=1


かなり多様な意見が出ていて面白いです。
ここで、教育行政につきつけられているのは、合理性です。
学校の掃除はなぜ必要なのか、なにが目的なのか、なぜこのような手段をとるのか。
これを明確にすることが求められているんだと思います。

この問いに対し、思考停止の紋切り型の回答をしてはならない。
なぜ掃除をやるのか。
なぜ生徒もやるのか。
なぜ「ほうき・ちりとり・ぞうきん」なのか。
・・・等々、明確に説明したいものです。それができなければ生徒は納得できません。不満を持ちます。


昔から何の疑問もなく続けられてきたこと。これが社会にとって害悪になっているケースは多いです。
「制度は不断に合理性を検証されなくてはならない」
と私は思います。
特に、学校は教師―生徒の縦関係がありますので、検証がなされない可能性も否定できません。
学生側の疑問に真摯に向き合うこと、そしてそれによって不断に制度を検証していくこと。
これが重要だと私は考えます。


p.s.
私はこの件、費用の制約なども勘案すると学生がほうき・ちりとり・ぞうきんで掃除することは許容されるかなとは思いますが、制度を検証することの重要性を感じたので記事にしました。




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 01:00|PermalinkTrackBack(0)考え・想いなど 

2011年01月04日

新年の抱負〜新たな地方議員像を目指して〜

あけましておめでとうございます。
今年も頑張ります。

今年は4月に選挙がありますが、選挙にあまり時間とエネルギーをかけないで、実質的な政策研究・政策議論に力を注ごうと思っています。
そして、新たな議員像を模索したいと思います。
いわば、地方議員2.0とでも言うべきもの。ダサいネーミングですが・・・


地方議員2.0のスタイルは、以下の5点に集約されると思っています。


・功名心を持たない:政策を実現するのが議員の本分。実現するなら直接自分が提案しなくてもいい。他の政党や他の議員が提案して実現しても、あるいは他の自治体で先行して実現し、巡り巡って渋谷で遅れて実現してもいい。自分だけで調査→問題発見→解決策提示→実現までやる必要はない。


・立場に縛られない:あくまで区民に雇われている立場。所属政党や支持団体に縛られず、区民の立場に立った行動をする。一部議会で横行している「出所主義(特定の政党・団体の提案は無条件で賛成、反対する、提案元の党派性のみで判断する態度)」は否定する。会派によるいわゆる「党議拘束」は極力排していく。


・否定をしない:他党/他議員の意見を否定しない。現実を踏まえている限り、そこには必ず一部の理がある。自分には見えていない真実がある。否定せず、衆知を集めるように取り組むことこそが、成熟した議論を生む源泉となる。対立は単なるブレーキ、乗り越えなくては意味がない。…もっといえば、自分の議会を超えて、自分の所属党派を超えて協力できる体制を作る。


・生活を極める:金を稼ぐ(議員活動以外で)。金を貰わない。行政サービスを使い倒す。家族を大切にする。仲間と遊ぶ。…変に忙しくするのではなく、区民と同じ生活を極める。その中から政策課題を発見する。


・正直でいる:シンプルに、正直でいること。これはもっとも難しいけど・・・


以上、2011年の抱負として。
自分ができているとは限りません。あくまで目指すべき議員像を考えたもの、とご理解ください。考え方は今後さらに練って行きます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:49|PermalinkTrackBack(0)考え・想いなど 

2011年01月03日

渋谷区議会民主党 平成22年第4回定例会報告

ブログで報告するのを忘れていました。

平成22年第4回定例会では民主党は新設条例「渋谷区施設等の愛称名に関する条例」を提出しましたが、自公他の反対により否決されました。外部監査を求める「外部監査条例」不適正な取り扱いを防止するため、学校給食費を公会計に変更する「給食費徴収条例」につづき、3本目の議員提案となります

区提出議案では1本の補正予算、千駄ヶ谷幼保一元化施設の関連条例が提案されました。



愛称名条例の内容 → http://blog.livedoor.jp/kenposzk/archives/51839739.html

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:48|PermalinkTrackBack(0)議会活動