2009年11月

2009年11月28日

常盤松小学校土曜放課後学習クラブ視察

c5fda99a.jpg常盤松小学校の土曜放課後学習クラブを、小学校の協力をいただき視察しました。基本は公文のようなプリント学習ですが、十分な人数の指導員さんがいるので、みんな楽しそうに勉強していたのが印象的でした。先取りや発展的内容やりたい子は問題集持参すれば対応するとのこと。特筆すべきは副校長先生の自作プリント! 思考力や学習への興味を育てる優れた内容でした。 例)ダジャレ人名問題 読みを答えよ。 相田勝太 有馬仙造


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 11:26|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月25日

渋谷区の保育士(正規職員)の給料について

週刊ダイヤモンドでhttp://diamond.jp/series/closeup/09_11_21_001/という記事が載ったのをきっかけに、色々議論していました。


ダイヤモンド上では「特別区の保育園園長は平均1200万、公立保育園の正規保育士は800万」なる情報が踊っていましたが、実際調べてみると、渋谷区では園長が平均890万、保育士は平均690万となっています。
これは支払総額となっているので、さまざまな手当を含んだ上での金額です。


直観的には「それでも高い!」と仰る方も多いようですが、実際には技術も体力も必要な長時間労働の技術職ですし、渋谷区という環境を考えれば住居手当か通勤手当がそれなりに高額にならざるを得ないので、渋谷の現状はそこまで「高すぎる!」というレベルではないのではないかなぁと思っています。


保育園は高コスト体質です。それはでも、適正な人件費を計上すれば致し方ないところです。
区として積極的に待機児解消に取り組む(=支出を増大させる)ためには、前提として区民の方に正確な状況をご理解いただくことが大事ですよね。


さて、やり取りの中では、非正規と正規の格差、公立保育園と私立保育園(認証等も含む)の格差が非常に問題だという議論になりました。また、保育事業に関する参入障壁というのも確かに大きな課題であるようです。
この辺はしっかり取り組んでいきたいと考えています。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:49|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月19日

帰宅困難者訓練

39913a45.jpg
a953f3f9.jpg
55483699.jpg
e3e07175.jpg
fb15e591.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 06:35|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月16日

渋谷区議会交通問題特別委員会:水道通りの自転車専用道など

交通問題特別委員会が開かれ、区内警察署さんとの懇談会が行われました。


その中で一つテーマとなったのは自転車の問題。マナー啓発、自転車専用道などについて議論になりました。
以下、警察さんのお話をまとめます。


○マナー啓発等

・スポーツ自転車を模範にしたいと思っているが、現在はその状況にない。ヘッドホンを外しヘルメットを着用すること、交通法規を順守することなどをお願いしたい。
・交通安全教育:スケアード・ストレイト方式(スタントマンを使ったリアルな交通安全教育)など行い始めた。小学生、地域住民だけでなく、20〜30代の方にも参加してもらいたいと考えている。
・指導取締り:信号無視などの悪質なケースは取り締まりを始めた。赤切符、罰金5万円。渋谷区内で今までに約100件。
・啓発:販売店や自転車普及協会などと連携して啓発を考えている。
・道路環境の整備:事故多発交差点の改良など。


○自転車専用道路(水道道路)の実績と今後について

・20年3月31日に設置。
・設置前自転車事故10件(19年3月31日〜20年3月30日)→設置後5件(20年3月31日から21年3月30日)
・歩道:車道比
午前)設置前(19年7月調査)7:3→設置後(20年4月調査)6:4
午後)設置前9:1→設置後6.5:3.5
・平成21年度末までに環状7号まで延伸予定



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:23|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2009年11月14日

作業所の視察など

多少遅くなりましたが、11月10日に区内3か所の福祉施設に視察に伺いました。

○みどり工房
こちらは精神の作業所です。わかりやすく言うと、受診している方が社会復帰に向けて作業をする施設、というところでしょうか。
DMの封入や清掃、革製品(印鑑ケースやブックカバー等)、七宝焼きの小物を製作されています。

○福祉作業所ふれんど
自主製品として手作業でスリッパを製作、販売しています。伺った際にはヨガのレッスン中でした。自主製品を作成することで、自主的な運営ができ、外部とのつながりが確保でき、財政的にも基盤ができるということです。

○ワーク&ショップ<はらっぱ>
こちらではお弁当を作ってらっしゃいます。近隣への配達もあるそうです。通常の施設運営に加え、お弁当の献立や作業メニューの開発・自主製品のデザイン等全ての作業を少ないスタッフのみでこなしているということです。
そうした領域に特化したボランティアを付けられれば負担も軽減されるかもしれないですね。


各施設の方から伺ったお話。鬱やストレスを抱えた方からの電話相談も施設の重要なケアワークですが、そうした人々は通所者と違い、施設利用者としてカウントされないため、十分対応できないのが現状のようです。

また、いわゆるネットカフェ難民として過ごしていた人を受け入れたケースもあるそうで、なかなか厳しい社会状況が垣間見えました。入所者は今は安定し、就労支援も受けて非常にいい状態にあるとのことでした。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 22:44|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2009年11月09日

総務区民委員会:コミュニティバス上原富ヶ谷西原ルート&帰宅困難者対策訓練

総務区民委員会が開かれました。


○コミュニティバス上原富ヶ谷西原ルート

コミバス上富


















上原富ヶ谷西原ルートのルート図が示されました。
これをもとに、警察や地元と詳細な協議をするそうです。
来年の5月〜6月にスタートをさせる予定だということです。

私からは、補助金の状況、将来的なルート見直しの必要性(東急本店通りなど、今後変わるエリアがありますから)、渋谷駅から渋谷区役所への接続について質問しました。

補助金は覚悟していましたが出ないそうです。ルートおよび区役所への接続については意見を踏まえて検討ということです。


○帰宅困難者対策訓練

18日の午前中に、東京都・周辺事業者と協力して渋谷駅周辺の大規模な帰宅困難者対策がおこなわれます。
今回は詳細な計画が示されました。


私からは、渋谷区のHPに詳細な計画を掲載して不参加の事業者も閲覧できるようにすること、今後は川の影響や女性保護の観点を盛り込むこと、などを提言しました。




このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:40|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2009年11月06日

マニフェスト大賞受賞ベストホームページ賞受賞

「マニフェスト大賞」のベストホームページ部門賞を受賞しました。

マニフェスト大賞はローカルマニフェスト連盟が運営している賞で、千人(団体)を超える応募があります。受賞したのは「東京ライフ」という民主党東京都連の取り組みです。
私は編集部のなかで企画運営に携わっています。


東京ライフは、政策データベース兼政策立案コミュニティのようなものです。
東京都議選の「東京マニフェスト」および総選挙の「マニフェスト」を掲載するだけではなく、様々な切り口から検索でき、各種データを調べられるようにした部分と、電子フォーラムで市民が意見を戦わせ、政策を議論することができる部分を組み合わせています。
こういった機能について、企画段階から加わって活動してまいりました。


今回の講評では、「マニフェストの未来型を提示したものだ」と高い評価を受けました。市民とともにマニフェストを練っていくというコンセプトが受け入れられたものと思います。
今後はさらに、取り組みを進めていきたいと考えていますので、どうぞご協力いただけますようお願いいたします。



なお、東京ライフ有志で11日に勉強会を開催します。
ご興味がおありの方はぜひお越しください。


学校評価と学校広報勉強会(09/11/11)

 
勉強会を開催します
このたび、東京ライフ編集部に所属をしている有志議員が以下の講演会を企画いたしました。


平成19年度の学校教育法改正により、学校評価と学校からの積極的情報提供が盛り込まれ、平成20年度からは全国の公立学校で本格的に実施されています。今回の勉強会では、「学校経営」に不可欠な学校評価と学校広報=学校からの積極的情報提供について、現状を分析して課題を共有したいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:08|PermalinkTrackBack(0)

2009年11月05日

渋谷区議会第3回定例会終了報告

遅くなりましたが、10月27日に渋谷区議会第3回定例会が終了いたしました。


 都議選・衆院選の二つの選挙を受けた今定例会前半では、国の補正予算一部執行停止が渋谷区にどのように影響するかが焦点となりました。渋谷区の補正予算は、新型インフルエンザ対策、プレミア付き商品券、幼保一元化施設等待機児対策、学校ICT、緊急雇用対策・緊急住宅対策などが盛り込まれた大型のもので、民主党も意義あるものとして賛成しました。


 区長提出議案では、特養ホーム「あやめの苑」や大向区民複合施設の工事契約について、区長提案通り賛成しました。
 住民から提出された請願では「広尾病院を充実強化することを求める」という趣旨の請願、「生活保護における母子加算、老齢加算を復活させる」という趣旨の請願に賛成しましたが、いずれも僅差で否決されました。


 今定例会の大きな案件である平成20年度決算については、様々な課題を指摘したうえで賛成しました。特に、平成20年度は夜間休日窓口の開設・拡大、コンビニにおける税・国民健康保険料の納税・納付、証明書自動発行機の増設など、民主党が提案した多くの窓口サービスが実現した年です。この点を踏まえて賛成いたしました。


◎代表質問には浜田ひろき議員が登壇しました。
(1)区政改革と地方分権について   → 政権交代を迎えての意気込み
(2)新型インフルエンザ・感染症対策について  → 新インフルの課題、予防接種の充実など
(3)出張所について     → 定型業務の効率化、相談できる窓口の充実など
(4)ホームレス対策について    → 自立支援施策など
(5)公園整備とネーミングライツについて  → 宮下公園など、ネーミングライツの基準を求める
(6)入札・契約と行政コスト削減について  → 契約方法の見直し、区施設の予約方法の統一など
(7)二輪車の駐車場について    → 住宅街での駐輪場整備、保管場所登録制度創設など
(8)高齢者福祉と公衆浴場について   → 敬老館等の入浴施設と公衆浴場との関係について
(9)障害者福祉・はぁとぴあ原宿について  → 利用者選定の在り方など
(10)都市交流について    → 常態化してはならない。最少経費で最大成果を上げよ

いずれも大きな課題であり、きちんとした検討が求められるものです。
引き続き各委員会などで検討を加えてまいります。

 

○決算審査
 決算審査において、久しく絶えていた「総括質疑」を復活させました。これは、議会での議論活性化につながるものです。また、この中でインフルエンザ対策についての課題等を質し、見直し方針を引き出しました。
 ルールも何もない状態で、新たな取り組みをするのは非常に難しいと思います。幹事長として登壇し、総括質疑を行ったのは、私にとって大きな経験となりました。


 賛成討論は浜田議員が行いました。
 民主党の討論は通例、賛成であっても必要があれば厳しい指摘を行うことにしています。今回の決算でも、情報公開の在り方などについて指摘を行いました。
 平成20年度は夜間休日窓口の開設・拡大、コンビニにおける税・国民健康保険料の納税・納付、証明書自動発行機の増設など、民主党が提案した多くの窓口サービスが実現した年です。この点を踏まえて賛成いたしました。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:14|PermalinkTrackBack(0)議会活動