2008年10月

2008年10月31日

代々木図書館開設披露

代々木図書館の開設披露に出席。子ども用の本のコーナーや、閲覧もできるスペースを備えて再登場です。

978ad2a5.jpg

式典に向けてレイアウト変更されていますが、大体の全景です。


 

 

68c34a80.jpgブックスタート事業の本棚です。

私の子どもも5カ月ですが、もう好きな本が何冊か出来てきました。繰返し読むことによって徐々に慣れてくるようで、慣れた本=好きな本、となるようです。これは遊びやおもちゃも同じことですが。

この冊数は一見多すぎますが、実際に読み聞かせをする時には足りない分量です。とはいえ、利用者にとってはこの陳列方法は苦労するでしょうね・・・選びづらくて。

 

こちらは大人のエリア。見づらいですが、奥には閲覧スペースがあります。

6632c779.jpg



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:50|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月30日

長崎市・自治会加入、さるく観光

最終日は長崎市。
自治会加入促進モデル事業、さるく観光事業の視察でした。

 

自治会加入促進モデル事業については、マンション建設などにより自治会加入率
が低下している中、連合自治会や単位自治会の強化を行政がバックアップすることによって自治会加入促進を図ろうとするものです。

未加入者の意識調査や接遇研修、まつりや公園清掃などによる参加型存在アピールなど様々な手法をモデルとして実施しており、興味深いものでした。


長崎さるく観光事業については、散歩ボランティアガイド等の活用です。さるくとは「ぶらぶら歩き」のことだそうで、歴史的な見どころにあふれた長崎という町を様々な観点から街歩きしてもらう、という企画です。非常に意欲的な取り組みです。

前田総務区民委員長は折にふれ「渋谷は自分たちで観光のイメージ作りなどをしないのでマスコミを通じた負のイメージが強調されてしまう結果になっている」と主張していましたが、なるほどこの事業は市が中心になってイメージ作りを「さるく」というツールによって構築しているものであり、なかなか示唆に富んでいます。


これで3日間に及ぶ視察も終わり。大変有意義な視察になりました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:43|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月29日

熊本市視察・市民協同モデル事業

132a2186.jpg
8a65f508.jpg
a2312798.jpg
視察二日目。
熊本市です。


市民協同モデル事業、そして市民活動支援センターアイポートの視察です。



市民協同モデル事業については、市が設定した社会的な課題に対して事業提案を市民活動団体から求め、採用された事業には最大五十万円を市が負担する制度です。



その後、市民活動支援センターアイポートの現地視察。
人を集め、人を作り、人を流す…。
プラットフォームの難しさを感じるとともに、発展性も感じた視察でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:36|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月28日

総務区民委員会視察・宇土市

09b8ed3b.jpg
81943527.jpg
総務区民委員会の視察で宇土市へ。


悪質商法被害防止地域モデル事業、案内板・標識板設置事業の二点を視察しました。

写真はこのうち標識板です。


悪質商法被害防止地域モデル事業については、消費生活相談窓口を開設するもので、十九年度までは県との共同で、ニ十年度は市単独で事業が行われています。

寸劇などによる啓発や救済など踏み込んだ対策が行われているのが印象的でした。


看板は、観光行政と教育行政が連携して実施している事業です。なかなか大胆な試みであるといえます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:09|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月24日

平成19年度渋谷区議会民主党政務調査費、使途概要

平成19年度の渋谷区議会民主党の政調費について、使途概要が出来上がりました。

以下、公開いたします。

 

政調費

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、よろしくお願いいたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:58|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月23日

補正予算成立

定例会開会中は、副議長ということでブログの更新も慎重にしています。
副議長という立場ですから、審議中の議案についてはなるべく触れないようにしているのです。


ただ、補正予算をはじめとした中間議決案件を忘れていました。
主なものをご紹介します。


○補正予算

3か所の用地取得(大向施設用地、恵比寿代官山方面保育園代替施設用地、あやめ拡張用地)、高齢者インフルエンザ無料接種、自動交付機庁舎二階・恵比寿駅東口増設など。

民主党は賛成しました。結果、可決しました。


自動交付機については、平成17年の9月議会で提案した庁舎二階の自動交付機設置がようやく実現します。
やっと、時代が追いついた感じです(笑)
次の課題はインターネットの利用ですね。

--------------
(参考・平成17年9月30日本会議質疑)
けんぽう
 続いて、窓口における多様な住民ニーズを汲み取るための休日窓口の設置及び自動交付機の増設につきまして区長に御質問をいたします。
 昨日ですが、この本会議が始まる前にちょうどですね、中庭のところ、公会堂の前のところで結婚でしょうか、指輪の交換をなさっている外国人のカップルを見ました。本当にみんなに祝福をされて、さんさんと太陽が照る中で非常に幸せそうでした。
 その一方で、先日、夜間休日窓口で恐らく結婚の届け出をしている方もいらっしゃいました。照明も暗く、本当に人の少ない夜間休日窓口での届け出になってしまいですね、大変寂しそうな印象を受けたところです。この違いに、人生の墓場じゃないか、結婚は人生の墓場と言われるけど、そういうことなのかな、そんなふうな思いも抱いたところでございます。
 窓口サービスで言えば、二十四時間、三百六十五日の対応ができて、さらに場所さえも選ばないネット申請は、究極のサービスとして実現を心待ちにされているところでございます。といっても、技術的な問題、個人情報の問題など、まだまだ達成すべき課題が多いのも事実でございます。
 また、パソコンなどの習熟度、これも差が開いているのも恩恵を受けない人が出てくるという点で気になってまいります。そういう意味では、対面型の心温まる窓口サービスをさらに充実させていくことが必要であると考えます。
 平成十五年の第二回定例会で提案をさせていただいたときには、住民票の写しなどについては郵送あるいは電話予約による夜間、休日の交付という対応をしている。そして、土日、祝日を含めて夜九時までは稼働する証明書自動交付機の設置を予定しているという答弁をいただいたところでございます。
 自動交付機の利用は徐々には増えてはおりますけれども、稼働開始から八月末までの合計が二百六十七件でございます。自動交付機の利用は住基カードの所有が前提になりますけれども、住基カードの発行は千八百六十七件ですから、もう少し努力が必要かなとも思います。
 自動交付機にももちろん一定の意義はございますけれども、認知が足りず、住基カードも普及をしておりません。対面のよさをあわせて考えると、土日、祝日の窓口サービスには一定の意義があると考えます。とはいえ、区長も常におっしゃるように費用対効果の問題もありますし、職員配置の問題もありますし、システムなどの問題もございます。また、防犯上の問題もございます。ですから、いきなり二十四時間、三百六十五日の窓口サービスを実施することには無理があるようです。
 ならば、月に一回でも試行をしてみたらいかがでしょうか。実際、豊島区では毎月一回、住民記録、戸籍証明、外国人登録、国保の資格や収納、老齢者医療、年金相談、税務、介護保険、保育などの各窓口をあけて区民の相談や納付、証明書などの発行に対応をしております。
 平成十六年度は十四回、これは窓口に集中する四月と三月を二回として、ほかの月は月に一回、休日窓口を開いているそうです。区民課でも、国保年金課でも大体平日一日の四分の三ぐらいの利用があるという数字になっています。
 ほかの区でも同様の取り組みを行ったり、あるいは夜間の時間延長を行ったりしています。渋谷区でも是非とも月に一回でも結構ですから、まず休日の窓口を開いてみて、休日窓口の試行を行ってみてはいかがでしょうか。区長のお考え、お聞かせください。
 ここで改めて是非検討をしていただきたいのは、自動交付機の庁舎の二階への増設と、それを利用した住基カードの交付の強化でございます。
 自動交付機を庁舎の二階に設置することによって、自動交付機の認知が絶対に上がります。例えば窓口に来ていただいた方に「住基カードはお持ちですか、お持ちでしたらあちらの自動交付機で次回からすぐに住民票や印鑑証明が手に入りますよ」と誘導したり、もし持っていなければですね、「御一緒に住基カードはいかがですか」こう御案内をすることもできます。いわばファーストフード店で「御一緒にポテトもいかがですか」というのと同じ感覚でございます。
 自動交付機の認知が上がり、住基カードが普及すれば窓口業務量も減少し、ほかに力を振り分けられるようになるのではないでしょうか。庁舎二階の喫茶店は休日でもあいておりますし、同様に自動交付機のみ休日に稼働させることも可能なはずです。
 コスト面でも既に一台設置をされた後での増設ですから、初期費用もほとんどかからず、その後もリース費用も月二十五万円前後と、職員を一人配置するより負担は少ないのです。
 休日における月一回の窓口サービスの試行、そして自動交付機の庁舎二階への設置について、いかがお考えか御見解をお聞かせください。

 

区長
次に、多様な区民ニーズへの対応として、二点にわたってのお尋ねでございます。
 まず、月一回の休日窓口の試行についてのお尋ねでございますけれども、本区はこれへの対応として、多様な手法を生かしまして区民の利便を図ってまいったところでございます。
 休日開庁につきましては、議員の御発言のようにいろんな課題、検討すべき課題があるわけでございますけれども、区民サービス向上を図るための手法として、私は行革の一環として検討を既に指示しておりますので、暫時お時間をかしていただきたいと、このように思います。
 次に、自動交付機の増設についてのお尋ねでございますけれども、自動交付機は現在、渋谷マークシティのクリエイションスクエアしぶやで年末年始を除きまして年中無休で午前十時から午後九時まで開催をしているわけでございますが、昨年実績でまいりますと百三十三件ということで、期待の利用が上がっていないというのが実情でございます。
 また、自動交付機を利用するために必要な住民基本台帳カードにつきましては、個人情報保護の観点から交付手続がなかなか厳しいというようなこと、また有料であるために一般への普及はなかなかされていない、そのような状況において本庁舎への自動交付機の増設というのはまだその機に熟していない、このように思っているわけでございます。

--------------


○特別職報酬等審議会条例の一部を改正する条例

特別職や議員の報酬、費用弁償などを議論する審議会を常設する。
議論の範囲を拡大したこと、人数を少なくしたこと、常設にしたことがポイント。
民主党は賛成。全会一致で可決。

 

○国民健康保険条例の一部を改正する条例

産科医療補償制度の創設により分娩費用が増額されます。その分に見合った金額ということで出産育児一時金を3万円増額します。
他区に先駆けての改正。
産科医療保障制度については数多くの問題点があると思っていますが、これは国政で議論すること。国が決めた以上、自治体は対応する義務があります。

民主党は賛成。全会一致で可決。

 

その他、3件の議案が成立いたしました。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 08:47|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月08日

テロ対策特殊装備展、危機管理産業展

今日は常任委員会のあと、一旦帰宅してから速攻でビックサイトへ。
「テロ対策特殊装備展」「危機管理産業展」に行ってきました。


テロ対策については、国民保護計画の絡みがあります。特に大ターミナルを抱え、アンテナを伸ばしておかなくてはならないと思っています。
去年同様各種装備品、防犯モニター撮像装置、爆発物処理やバイオテロ対策、放射能汚染除去、水中テロ対策などが展示されていました。



「危機管理産業展」についてはBCPなどリスクマネジメント、防犯、防災、更に雷・電磁波対策、耐震、緊急地震速報など広範囲に渡っています。
特に新型インフルエンザ対策についてはかなり多くの会社が取り上げ、関心の高さが窺えました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:03|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年10月07日

渋谷区立松濤美術館 池口史子展

松濤美術館で池口史子展が開催されました。
昨日、特別展覧会があったので言ってきました。


渋谷区神宮前に住む池口史子(1943年〜)は、東京藝術大学油画科(山口薫教室)に学び、同大大学院修了後、個展やグループ展を中心に作品を発表。1980年代よりアメリカ・カナダに取材し、寂寥とした町並みや風景を独自の視点で描き、第27回損保ジャパン東郷青児美術館大賞を受賞するなど、現在最も注目される女流画家の一人である。
本展では、それらの風景画と併せて、物憂げながら凛とした女性像、生命感溢れる花などを描いた近年の作品約100点を紹介し、その魅力を回顧する。


とのことですが、確かに都会的な「かっこいい」雰囲気であります。
東郷青児美術館大賞の受賞作品である「ワイン色のセーター」は都会的な女性を写実的に描いています。
個人的には女性を描いた作品よりも静物や風景の方がいいなぁと思うのですが・・・


ぜひぜひお越しくださいませ。概要はこちら

 


松濤美術館の地図:


詳しい地図で見る


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:15|PermalinkTrackBack(0)議会活動