2008年01月

2008年01月29日

小中一貫校とは何か、勉強会を行います。

渋谷区議会民主党の主催で、小中一貫校制度に関する勉強会を行います。
桑原区長の方針として示された本町小中一貫校ですが、平成24年度に開校ということで、関係者の間に動揺や不安が広がっているのは事実です。
これらを解消するために、また議会での審議を深みのあるものとするために、渋谷区議会民主党として企画したのがこの勉強会です。
まずは先行自治体の事例を勉強し、具体的に考えてみませんか?

 

ただ、確認をしておきたいのは、「反対ありき・賛成ありきの勉強会ではない」ということです
あくまで「子どもたちのために」という視点を忘れずに、小中一貫制度が先行自治体でどのように行われているのか、制度としての効果や課題はどういうところにあるのか、課題を乗り越えるためには何をしなくてはならないか、などなどを一般の皆さんと考えてみたいと思っています。

個人的には6・3・3制度には大きな矛盾や限界があると思っているので、そこを打破するために小中一貫教育もひとつの考え方だと思ってはいます。

 

○勉強会「どうする?どうなる小中一貫校」のご案内
日時:2月13日(水)午後6時〜8時
場所:渋谷区勤労福祉会館(渋谷区神南1-19-8 TEL.03-3462-2511)
会費:無料

 

ご興味がおありの方はshibuya@s-kenpo.jpにメールをいただければ詳細なご案内をお送りいたします。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:30|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2008年01月11日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします!

新年会などで追いまくられる新年となりました。

 

さて、新年一発目ということで、こんなニュースの紹介から。

-------------------

明治神宮に317万人が初詣で−30年連続で「日本一」に(シブヤ経済新聞)

http://www.shibukei.com/headline/4910/index.html?ref=rss

明治神宮に317万人が初詣で−30年連続で「日本一」に

写真を拡大

正月三が日が晴天に恵まれたこともあり、多くの人出でにぎわいを見せた明治神宮

 警察庁は1月8日、正月三が日の人出(主催者調べ)を発表した。全国の主な神社、仏閣への人出は昨年より23万人多い9,818万人で、統計が残る1974年以降、最多の人出を記録。明治神宮(渋谷区代々木)には前年比6万人増の317万人が訪れ、30年連続日本一の参拝客数となった。

 昨年12月に発表された人出予想310万人を7万人上回った明治神宮。今年も、新年を祝う多くの参拝客や境内周辺に並ぶ屋台でにぎわいを見せた。渋谷・原宿という土地柄もあり若い人の姿も目立ち、なかにはバーゲン帰りと思われる福袋を手にした参拝客の姿も見られた。

 2位以下の人出は、2位=成田山新勝寺(千葉県、298万人)、3位=川崎大師平間寺(神奈川県、296万人)、4位=伏見稲荷大社(京都府、269万人)、5位=鶴岡八幡宮(神奈川県、247万人)ほか。
-------------------

渋谷は新年からにぎやかでした!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 00:35|PermalinkTrackBack(0)渋谷の風景