2007年10月

2007年10月31日

奈良市視察

11bd8dbf.jpg
297985e3.jpg
今日が最終日。奈良市の視察です。


視察項目は商工振興。「奈良マーチャントシードセンター」という、商業者の経営活動を積極的に支援しようと言うもので、研修の他に物販なども可能な多目的スペースを併設しています。


古都・奈良は豊富な観光資源と伝統的な工芸品を抱えていますが、それを活かしてどのように産業振興に繋げていくか。知恵を絞っているところのようです。



なお、都市計画の観点からも奈良は大きな変革に踏み出したところであり、こちらも大変参考になりました。



写真はマーチャントシードセンター、そして近場にあるインキュベート施設です。です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:19|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月30日

堺市視察

456080f7.jpg
db773da0.jpg
総務区民委員会視察二日目。
大阪府堺市に来ています。政令指定都市です。


視察項目は若年者雇用政策とブランド創造。


若年者雇用政策については、ヤングジョブステーションという駅前施設を見せていただきました。
ジョブカフェのような、フラりと訪れることのできる情報ステーション機能をもち、カウンセラーにいろいろ相談しながら就職活動をすすめられるサポート施設です。
第二新卒が多いそうです。
求職者の顧客満足を追求する時期から一歩進め、新たに求人側へのアプローチを進めているところのようです。
写真はヤングジョブステーション遠景と、議場。



久しぶりに後輩の西哲史堺市議会議員に会うことができました。
西君、出迎えありがとう!


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:52|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月29日

田辺市視察

6831972c.jpg
3771d623.jpg
総務区民委員会の視察で和歌山県は田辺市に来ています。


視察項目は「田辺ほんまもん発信推進協議会について」です。



商工振興ということで、地域ブランドづくりの難しさを研究いたしました。
「ほんまもん」ということで、品質を高めることで田辺の様々な産品(梅干し、みかん、海産物、梅酒など)の総合的なブランド力を高めようと言うものです。



消費者政策の勉強にもなりました。
写真は市議会、そしてアンテナショップです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:32|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月28日

渋谷区立広尾中学校60 周年行事

d7d4dcf0.jpg午前中、渋谷区立広尾中学校60周年行事。

昨日に引き続きの周年行事となりましたが、幸い嵐は過ぎ台風一過の素晴らしいお天気です。

式典も歴代の校長・教職員を迎え盛大に行われました。



午後は消防団のイベント。

普段は団員としての参加ですが、日程的に厳しいので議員席での参観です。


日頃は一兵卒として自分の役割を果たすのに精一杯ですが、こうやって概観すると動きがよく理解できますね。

勉強になりました。

写真は救命活動の様子です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:22|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月27日

渋谷区立上原中学校創立60周年記念式典

渋谷区立上原中学校の創立60周年記念式典に参加。秋の周年行事のトップバッターです。

今週は定例会が終わったにもかかわらず忙しかったです。そのせいかわかりませんが、本日は携帯電話を忘れてしまうという大失態。残念ですが写真を取れませんでしたが、新しくて機能的な校舎で素敵な式典が行われました。

台風の影響で、スーツがぐちゃぐちゃになってしまったのが困りましたが、そんな悪天候の中でも多くの方々が集まりました。

明日も広尾の周年行事です。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:17|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2007年10月23日

文化の渋谷

朝、富ヶ谷高齢者センター開所式。
東海大学の裏手です。

それから松涛美術館。浮世絵展です。北斎、広重、豊国…。
最高です。
ここは展覧会場でお茶を飲むことができます。ちょうどお昼時だったので、大人気クロックムッシュを注文。ふわふわパンにトロトロチーズ。こちらも最高です。

入れ換えがあって、前期は日曜まで。お早めにどうぞ。




午後は数件の打ち合わせをこなしてから、夕方は国立能楽堂へ。
東京国際映画祭に関連してのイベント、渋谷区主催の能楽鑑賞会です。


メインは「安達原」。
鬼女のストーリーです。

蜘蛛とか鐘入りとか、派手なのもいいですが、こういう寂寥感があるのも面白いですね。


ということで、比較的文化的な一日でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 21:16|PermalinkTrackBack(0)

東京都道路整備事業推進大会

a352589b.jpg略称「道路大会」に渋谷区議会副議長として参加。


民主党は道路特定財源の一般財源化や揮発油税等の暫定税率の廃止を議論しているところです。
参議院選挙によって、民主党の決断によっては例えばガソリン代が三十円近く安くなる可能性が出てきました。これが揮発油税の暫定税率廃止の効果ですが、その一方では道路整備の財源が二兆円近く吹っ飛んでしまうので、道路整備がさらに遅れることにもなりかねません。


難しい課題です。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 01:16|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月19日

危機管理対策展

2ccbd380.jpg今日はビックサイトで行われている「危機管理産業展」「テロ対策特殊装備展」を見てきました。


地震、雷、火事にテロ。
防犯や情報セキュリティなど広範なテーマを巡り、数多くの出展者が様々なアイディアを披露しています。

特に今回は緊急地震速報について、各社のプレゼンが目を引きました。
とはいえ、ステージでのパネルディスカッションも聞きましたが、現段階では緊急地震速報は渋谷区では導入する意義がそこまで高くない、というのが私の結論です。


他、様々な情報を吸収致しました。
今後に活かします。


写真は東京消防庁の特別車の内部。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:00|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月18日

渋谷区議会第三回定例会

第三回渋谷区議会定例会最終日。
長かった決算議会も、本日で最終日です。


各議案について議決が行われました。重要議案のご報告を致します。


○大和田小学校跡地複合施設
反対
・ランニングコストの算定が不明確
・区民参加意識に乏しい
・ファッション関連事業に疑問
・公正取引委員会による排除措置命令を受けた企業を排除しない入札であり、明朗でない



○平成十八年度決算認定
賛成
・予算に対し概ね適切な事業執行
・ただし、民間交番(青少年健全育成のモニュメントに変更)など、議会に説明無く事業変更されたものがあり、説明責任という観点で不足
・また、事業な評価が適切に行われているか疑問
・これらの点につき改善を求める


以上、会派討論を要約致しました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:36|PermalinkTrackBack(0)

2007年10月16日

決算審査・風車(ループウィング型発電機)

5d3573ce.jpg
65eacc96.jpg
今日は決算特別委員会。 平成十八年度決算認定に同意しました。

その他、もろもろの会議を終わり、今は区役所屋上で風况調査。自作の風車を利用して渋谷区における風力発電の可能性を探っています。 専門家によれば、都会では安定した風量・風向が望めず、風力発電には向いていないそうです。今日の調査もそれを裏付ける結果に終わりました。

とはいえ、結構カラカラと風車は回っていたので、全く無理と言うわけでもなさそうです。技術革新を待ちましょう!

写真は最新型、ループウイング型風車の模型です!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:47|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2007年10月15日

医師確保対策の現状と課題

今日は事務整理日。事務に関わるチェックや、政策に関する勉強などをして過ごしています。

ということで、市議会旬報に出ていた講演録を要約します。


医師確保対策の現状と課題
(厚生労働省医政局総務課長)

1)医師数に関する全体状況
・年3500〜4000の純増
・人口10万人対医師数は全ての都道府県で増(大都市は増加率が平均より低い)
・都道府県内では偏在がある

2)医師不足問題等の背景
・大学医学部の医師派遣機能の低下
・病院勤務医の過重労働
・女性医師の増加(30代辺りで就業率が下がる傾向)
・医療にかかる紛争の増加に対する懸念

3)現在進行している医師確保対策
・都道府県における医療対策協議会を制度化
・往診や夜間対応など開業医の役割を強化
・女性医師バンク設立
・医療事故にかかる死因究明制度
・医療事故にあった患者の救済制度

4)緊急医師確保対策
政府与党の協議
・医師不足地域に対する国レベルの緊急臨時的医師派遣システムの構築
・病院勤務医の過重労働を解消するための勤務環境の整備
・女性医師等の働きやすい職場環境の整備
・研修医の都市への集中の是正のための臨床研修病院の定員の見直し等
・医療リスクに対する支援体制の整備
・医師不足地域や診療科で勤務する医師の養成の推進



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:09|PermalinkTrackBack(0)書評・資料 

2007年10月13日

トルコの情勢

トルコのイスタンブール市・ウスキュダル区と渋谷区は、現在友好都市提携をしています。
区議会からも調査団を派遣し、また都市提携調印時にも議運メンバーを派遣しました。
起震車の贈呈等、少しづつですが交流が生まれています。


ところが、ここに来てトルコを巡る国際情勢・国内情勢は激変の一言。
まず、EUとの微妙な関係。トルコに批判的な各国首脳や新教皇の選出によってEU加盟の是非はさらに複雑さを増しています。その反動としてトルコは中央アジアやアラブ世界との関係を緊密化させています。
国内では与党AKPが選挙にて勝利したものの、そこにいたるまで内政は大混乱。世俗主義の是非を巡り、難しい状況が続いています。
さらに、ここに来て「100年前にトルコはアルメニア人を虐殺した!」との非難決議が米国議会で可決されました。これに反発し、直ちにトルコは駐米大使を召還しています。トルコとアメリカの関係は険悪になりつつあるのです。
トルコはアメリカにとって大事な同盟国。さらに、イラクでのオペレーションにはトルコ国内の軍事基地の使用が不可欠とあって、この地域におけるアメリカの戦略に影響が出る可能性すらあります。


こういう情勢がすぐさま渋谷に関わってくるとは言いません。
しかし「外交は自治体交流とは無関係」と言い切ることもできません。
せっかく提携したのですから、こういった事情にも敏感でありたいと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:48|PermalinkTrackBack(0)海外通信 

2007年10月12日

渋谷区議会・本決定

渋谷区議会では委員会審査の総まとめとして「本決定」が行われます。 各議案について各会派が意見表明を行い、採決するのです。

 総務区民委員会でも本決定がおこなわれ、条例・請願・陳情等が処理されました。

 長かった九月議会もいよいよ大詰めです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:00|PermalinkTrackBack(0)議会活動 

2007年10月11日

「ともどく」という動き

医療関連のメルマガMRICで、鈴木寛さんの投稿が載っていました。
国民健康保険の不備に対し緊急避難的な対策を打ち出しています。


国民健康保険制度については、私の祖父が非常な関心を持っていたこともあり、
私なりに検討を進めているところです。
区議会でも先日問題提起を致しましたが、持続可能で合理的な制度、
なおかつ「人を守る制度」になっていくべきだと考えています。


その意味で言えば、鈴木寛さんの行動は非常に意義深いです。
MRICさんの許可をいただき、転載いたします。


MRICについては下段をご参照ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Medical Research Information Center (MRIC) メルマガvol 17

  □■ 月間スズカン通信 『ともどく』に注目しています。 ■□

                          鈴木寛(すずかん)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 8月号掲載のロハス・メディカルトークショーでも話が出ましたが、保険料を
払えずに国民健康保険証を取り上げられ、病院に行くのを我慢した末に手遅れに
なって亡くなる方が増えているようです。

 保険証を取り上げる側の言い分としては、保険料を払えないくらいなら生活保
護を受けなさいということになります。しかし、実際には生活保護が認められる
ハードルは意外と高いので、挟間で苦しんでいる人は大勢いると思います。また、
自立して生きていこうと生活保護を避ける方々の意思を尊重することも大切です。

 

 この問題は、医療とは何か、福祉とは何か、政治に対して重大な問いを突き付
けていると思います。政治家として重く受け止め、改善の道を探りたいと考えて
います。

 ただし、国や公共団体の制度として新しく何かしようとすると、予算や手続き
の制約から、どうしてもある程度の時間がかかります。現在困っている方々に対
しての手立ても別に考える必要があると思います。

 

 そんな中、友人で『いのち輝かそう大賞』の主催者でもある亀井眞樹医師が、
緊急避難的に、無料で受診できる医療機関を作ったらどうかと提案されました。

 役所のお金をあてにしない民間のしなやかなスピード感に期待すると同時に、
道のりの困難さを思いました。一銭の得にもならないうえに、法令上の様々な障
害が立ちはだかると予測されます。誰が火中のクリを拾うのだろうと思ったので
す。

 しかし心配には及びませんでした。東大医学部の須田万勢氏をはじめとする医学
生、看護学生が趣旨に賛同して「ともどく」という団体を作り、動き始めてくれ
たそうです。

 考えてみれば、私のゼミの学生たちが中心になって新宿に診療所(コラボクリ
ニック新宿)を開いてから、もう10カ月になります。彼らも、しがらみのない身
であっても「やればできる」ことを示してくれました。

 「ともどく」メンバーのエネルギーや善意を信頼し、「できる」と信じて支援
していきたいと考えています。皆様も、どうかご自分のできる範囲でご協力して
いただけないでしょうか。

 


この記事はロハス・メディカル10月号に掲載されています。

著者紹介
鈴木寛(通称すずかん)
現場からの医療改革推進協議会事務総長、

中央大学公共政策研究科客員教授、参議院議員
1964年生まれ。慶應義塾大学SFC環境情報学部助教授などを経て、現職。
教育や医療など社会サービスに関する公共政策の構築がライフワーク。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●バックナンバーはこちら=====>> http://mric.tanaka.md
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『ロハス・メディカル』は、患者と医療従事者の情報ギャップを埋めることをめ
ざして、05年9月に創刊された月刊の無料医療情報誌です。首都圏の基幹医療施
設125カ所に配置されている他、毎日新聞、山形新聞、秋田魁新報の販売店でも
読者に配っております。現在の部数は21万部で、どんどん増え続けています。配
置をご希望の首都圏基幹病院の方は、info@lohasmedia.co.jpまで、自宅でのご
購読を希望される方は各新聞販売店(対象外の地域もあります)まで、お問い合
わせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 09:12|PermalinkTrackBack(0)時事問題 

2007年10月09日

民主党都連大会

少し時間が空いてしまいました。

この間、議会での審議、特に決算審議が進んでいます。

今日は民主党東京都連の定期総会。スムーズに進みました。その後は参議院議員や都議会議員、そして区市町村議員有志で食事。意見交換って大事です。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:36|PermalinkTrackBack(0)政党活動