2006年07月

2006年07月31日

プールの吸い込み事故〜子どもの安全〜

今日は、本当にいやなニュースがありました。
プールで遊んでいた7歳の子どもが、給水口に吸い込まれて亡くなったというのです。

心からご冥福をお祈りします。


「7歳女児、プールの吸水口から吸い込まれ死亡…埼玉(読売新聞より)
 31日午後1時40分ごろ、埼玉県ふじみ野市大井武蔵野、「ふじみ野市大井プール」で、遊泳中の同県所沢市山口、会社員戸丸勝博さん(45)の長女、市立小手指小2年、瑛梨香(えりか)ちゃん(7)がプール側面の吸水口(直径約60センチ)から配管の中に吸い込まれた。」


この手の事故は毎年必ずおこります。
たいてい、何らかの事情によって普段きちんとしている給排水口の覆いが外れ、そこに子どもが挟まってしまうというものです。
大人がすぐに気づいたとしても手の施しようがありません。
水圧は強く、子どもが助かる可能性はほとんど無いのです。

子どもを救い出そうと、監視員や先生が何人も集まるのですが、引っ張っても引っ張っても水圧には勝てません。
最初は暴れていた子どもが、徐々に力を失っていき、最後には事切れる・・・
それも、周りの子どもや大人の見ている前で、です。

こんな残酷な、悲しい事件はありません。


以前、芦沢議員の質問作りに協力し、学校安全条例の提案をしたことがありました。
「こういうところに気をつけろ!」という指導を学校に対してするのではなく、条例と規則によって、「これとこれに気をつけろ!」という風にチェックポイントを明確にせよ、というものです。

その眼目のひとつは、このような「起こりうる事故」を明確にし、システム的に対処することです。
今回のような吸い込み事故をはじめ、転落事故など頻繁に起こる事故をなくそうとするものです。

今回は市民プールということで、学校安全条例とはまた違った対応が必要なのは言うまでもありません。
しかし、「子どもの使用を考えて、事前に最善の手を打っておく」というのは共通ではないでしょうか。


このような吸い込み事故が二度と起こらないように。
微力ながら、力を尽くして生きたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年07月28日

柏崎原発視察

柏崎刈羽原発の視察に参加しました。

エネルギー問題は技術的な要素が大きく難しいですが、一つ一つ難問を解決していく必要がありますね。今回は2時間足らずの短い工程でしたが、いろいろ思うところがありました。

b194167a.jpg

原子炉の模型です。下のほうに見えるのは、燃料棒と制御棒です。中性子をウランにぶつけることによって核分裂を起こさせ、エネルギーを得るわけですが、中性子を吸収しやすい金属(ハフニウムなど)を制御棒として挿入することにより核分裂を止める、という仕組みだそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月24日

自治体存続に不安

共同通信を中心としたアンケートの結果が出ました。
厳しい数字ですね。


91%が自治体存続に不安 全国首長アンケート(東京新聞・一部引用)

 少子高齢化や厳しい財政事情を背景に、全国の市区町村長の91%が自治体の存続に不安を感じていることが23日、共同通信社が加盟新聞社と協力して行ったアンケートで分かった。都市部でも高齢化に伴う財政負担への懸念が広がっており、消費税率の引き上げには全首長の73%が容認姿勢を示した。」

「 調査は平成の大合併が一区切りした5−6月に実施。都道府県知事と市町村長、東京23区長の計1890人のうち1884人(99・7%)が回答した。

 自治体存続に不安を感じる割合は、人口50万人以上の都市でも73%あり、5000人未満では97%に達した。」


渋谷区は比較的余裕がある自治体と見られますが、今後必要とされるインフラの再整備(都心区として、今後必要とされるであろう都市の更新に係る整備)を考えると、他人事とはとても思えません。

だからこそ、長期的な財政見通しが必要なのですが・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年07月08日

民主党青年局夏期全国研修会

be8772b3.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

民主党青年局夏期全国研修会

ced4e2f5.jpg


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 13:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月06日

都市環境委員会:所管施設視察

3日間かけて、都市環境委員会所管の区内施設を数箇所視察しました。


初日・二日目は土木部です。
駐輪場、公園を中心に数箇所視察しました。


○自転車等駐車場について

協定の民営駐車場なので、二輪車と原付の割合、金額、定期利用の有無などが業者によって異なります。
ほとんどの駐車場では、かなりの利用率で、定期利用などは空き待ちもあるようです。
雨がちだったので実際はもっと混んでいるかもしれません。

ca30bf89.jpg

恵比寿橋の駐車場。ぎっしりです。元は消防署の出張所があったところです。ちなみに、この二軒隣のビルで働いていたことがあります。

 

 

44bec9dc.jpg

恵比寿駅下に新設した駐車場。区道敷きですが、デットスペースになりがちだったところをうまく活用できています。ここも定期利用は待ちがあるようです。

 

 

339641aa.jpg

宮下公園の脇の駐車場。まっすぐ向こうは渋谷駅です。奥まったところなのですが、びっしりとまっています。

 

 

a46bd0bb.jpg

同じ場所です。こちらは原付用です。

 

 

 

7660e0e9.jpg

初台の緑道に新設した駐車場。雨が降っていたのですが、かなり利用率は高いです。

 

 

 

405dce96.jpg

上原駅の駐車場。これは放棄されているのでしょう、2万円近くの利用料になっていました。シートもぼろぼろ。こういう方が多いために、年間2千円の駐車場を月1万円の機械式駐車場に変えざるを得なかったのです。

 

 

○公園について

今回は美竹公園・ポニー公園という特色ある二つの公園を見てきました。


4cae58b1.jpg

美竹公園のジョーダンコート。お二人が使用していました。

 

 

 

cc77c970.jpg

こちらは参宮橋のポニー公園。前田議員がポニーにんじんをあげています。こどもも直接あげることができるそうです。

 

 

57fdc836.jpg

ポニー公園の馬場。4歳〜小学校6年生までが乗ることができます。大人気の施設のひとつです。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年07月04日

児童会館が移転!

視察の最中だったのですっかり遅くなりましたが・・・

「都児童会館を統合移転」(都政新報6月27日号)

要約すると、東京都が、1964年に開館した児童会館を3年後をめどに機能を縮小して移転していく方針が明らかになった、と言う記事です。

具体的には、遊び場機能等を廃止・縮小し、新宿区内に「子ども家庭総合センター(仮称)」として移転するというものです。他の3つの児童相談施設とともに、心理的・医学的なケアや福祉、教育、警察などの相談機能を併せ持った「あらゆる相談にワンストップで対応できる」センターにするということです。


児童会館は美竹公園の隣にあり、私も子どものころ友達と遊びにいった思い出の施設です。
昨年で82万人(過去最高)の利用者があったくらい、いまだに人気があります。


区政の一翼にいる人間としては、跡地利用にも関心があるところですが、それ以上に思い出の施設の移転、小学校の廃校のときと同様に心が揺れます。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年07月03日

区に教員の人事権が!

先週の金曜日の都政新報は、5輪招致関係、ペットボトルの有償入札化などを中心に気になる記事が結構乗っていました。

その中でも目を引いたのは、「教職員の人事権 全区市町村に移譲を 都教委」と言う記事。
2段のほんのちょっとした記事ですが、かなりインパクトのあるものです。


簡単に要約してみると・・・
東京都が文部科学省に対して、「県費負担教職員の人事権を、全区市町村に対して、給与の負担と併せて移譲するべきだ」と意見を出した、と言うものです。
(実際にはこの他に、「広域的な調整も必要だ」としていますが、割愛します)

従来の制度では、簡単に言えば小中学校の教員は大部分が東京都で採用し、東京都で給料を払い、東京都で人事管理を行っていました。

これを各区市町村が独自で行うことができるようになります。


今まで、コミニティスクールなどの議論を通じて「教員の人事権を区が持つべきだ!」と主張してきましたが、徐々にその方向に動いてきました。

移譲が決定してから体制をつくるのでは遅いですから、先を見通して、教育委員会の組織の強化を検討する必要が在ります。
具体的には、人事考課制度などはほとんどといっていいほど無いわけですから、徐々にノウハウを蓄積していかなくてはなりません。付随する事務量も膨大なものになっていくでしょうが、先を見越した対応が必要です。
さらに、教員採用や教員の研修など、少しずつでもいいから早めに「慣らし運転」を進めていくべきです(その意味では杉並区の取り組みなどは面白いです)。

メリットの大きい制度改正ですから、早めに検討に入って対策を万全にしておくことが不可欠です。
私自身も早め早めに研究を重ねておきたいと思います。といっても制度が変わるのはまだまだ先の話でしょうが、早め早めに対応したいテーマなんです!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年07月01日

民主党大学東京「東京論」

今日は民主党大学東京の講義の日。私もお手伝いとして参上しました。

f835c114.jpg

元東京都副知事の青山さんです。都政関係者で知らない人はいないくらいの有名人です。

内容は、青山副知事お得意の都市論。
交通や鉄道などのインフラ面の不足、特に都心部での不足を明らかにするものでした。

基本は「コンパクトシティ(高密度都市)」という考え方です。職住近接など似た概念もありますが、鉄道や空港なども含めての考え方として提起なさっていました。

民主党大学東京は、議員候補者向けのセミナーです。
ちょっと候補者や一般の方には難しいかな・・・と思わないでもないですが、さまざまな制度の根本にある思想の変化に触れるのは非常に刺激になると思います。


それにしても、青山副知事ははっきりと「渋谷区は仕事をしていない」と言い切りました。
私も今の渋谷の都市政策には物足りない思いがないとは言いません。
東京都の姿勢も疑問ですけどね。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政党活動