2006年03月

2006年03月31日

前原代表辞任?

本会議直前ですが、とんでもないニュースが飛び込んできました。辞任?

 (追記)

民主党本部から以下の文書が回ってきました。参考までに転載します。

-------------------

2006年3月31日

民主党
 所属国会議員 各位
 公認内定候補 各位
 各都道府県連 御中
 各総支部   御中
友好団体    御中
関 係 各 位

前原代表の辞任について(ご報告)

民主党幹事長
鳩山由紀夫

常日頃のご活躍に心から敬意を表し、感謝申し上げます。

 さっそくですが、本日の党常任幹事会、両院議員総会におきまして、前原誠司代表が代表辞任を表明し、承認されましたことをご報告申し上げます。これに伴い、党執行部は総辞職することとなりました。前原執行部発足以来、みなさまには格段のご支持、ご理解を賜りましたことに対して深く御礼を申し上げます。同時に、大変多くのみなさまにご協力いただき、お支えいただいたにもかかわらず、ご期待に応えることができなかったことをお詫び申し上げます。

本日、党「メール」問題検証チームの報告書(資料添付)の公表、西澤孝氏からの事情聴取とその概要公表、永田議員の議員辞職願い提出をもって、遅まきながら本問題の決着がついたと判断します。そして、この間の執行部の責任を明確にし、けじめをつけ、国民の皆様からのご批判とお叱りに応え、民主党への信頼回復のための不可避の措置として、前原代表の辞任、執行部総辞職による人心一新が必要との決断に至りました。

今回の件につきましては皆様さまざまなご意見、思いがあると存じますが、代表以下、執行部の判断につきまして、ご賢察の上ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

わが国の民主主義、内外の山積する政策課題を考えれば民主党の存在意義は本件をもって減ずることはありません。整然かつ粛々と新たな代表を選出し、国会活動、補欠選挙に臨む新体制を1日も早く発足させることが責務と考え、幹事長を中心に現執行部としてその責任を果たしていく決意です。

民主党は、この度の大きな失敗を教訓として噛み締め、必ずみなさまのご信頼を回復して政権に再挑戦するため、党再生に向けて一から出直しをはかる決意です。党員、サポーターのみなさまをはじめ、ご支援、ご支持いただいているみなさま、そして国民のみなさまに対しまして、お詫びを申し上げるとともに、新しい民主党に対しまして、ご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。


★党メール問題検証チーム報告書は、党ウェブサイトの下記コーナーからダウンロードしてご覧ください → ここ

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:42|PermalinkComments(1)TrackBack(0)政党活動 

2006年03月30日

桜続きの一日

fe4ee783.jpg立ち寄った市ヶ谷駅横の小公園は桜が満開です。こどもが楽しそうにブランコで遊んでいるのが印象的でした。

予算委員会終了後、市ヶ谷の会社に勤めている友人に会いに行き、その後靖国神社に行ってみました。参拝問題で揺れる靖国神社ですが、一度自分の目で確かめておきたかったのです。感想は割愛しますが、結構若い人も多いですね。戦史資料館のようなところにも若い女性が一人で回っていたりしました。ちょっと違和感。

靖国神社の桜を堪能したあとは、早稲田に移動して穴八幡や早稲田大学の桜を見ながら打ち合わせ。某NGOのボランティアミーティングです。

桜続きの一日でした。日曜には小学校の同級生と花見の予定ですが、雨が予想されるので先取りしておきました。 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:48|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

予算委員会終了!

長かった予算委員会が終わりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 15:19|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

悩んでいますが・・・

どうにもこうにも眠れない。


長文なんで先に要約しておきます。
「議員の仕事の第一は、意見を表明することだと思う」
ということを書いています。

 

政治の場に入って見て思うのは、いろんな考え方をする人がいて、いろんな立場があって、それをまとめていくことって本当に難しいな、ということ。

たとえば自転車駐輪場の問題。
渋谷区では駐輪場を順次機械化して、一日五十円〜八百円(区役所とか)で有料にするという形にしました。
いままで無料だったものもありますから、有料化にはいろいろ議論があります。


そもそも放置自転車についても「邪魔だから撤去せよ」という人もいれば「自由に止めさせろ」という人もいる。「駐輪場がないから仕方なく放置しているんだ」という人もいる。

駐輪場を作ることにも「行政が駐輪場を整備するべきだ」という人もいれば、「駐輪場は土地購入などに金がかかるから、利用者(=有料)や鉄道事業者等(=放置自転車税)に負担を求めるべきだ」というひともいるし、「そもそも駐輪場を巨額の税金を投入して整備する必要はない。ほかの事業(福祉や教育とか)にまわせ」という人もいる。
また、駐輪場を作ったとしても、駅に近くないと利用せずに放置自転車を選択する人もいる。

さらに「駐輪場を無料にした場合、自転車をそこに捨ててしまう人がいるから有料・機械化すべきだ」という話もある。

それぞれひとつの考え方で、いろいろな事情を検討した上で判断され、駐輪場を作るか否か、有料・無料などどういう管理運営をするか、また放置自転車などの撤去をするか否かを適切に決定していくべきものです。

 

そういう意味では、議員としての仕事の第一は意見を言うこと、区民の意思を代弁することだと思っています。
さまざまな意見の中から自分が取り上げるべき意見を抽出し、それを行政に伝えたり議会の議論に反映させたりすることです。

もちろん方法論はいろいろあります。
委員会や本会議の場で発言したり、
所属する会派「未来の渋谷を作る会」の総会ので主張して会派の意見として採用されるよう努めたり、
議員個人(同じ会派のメンバーに限りません)と話し合って賛同者や理解者を増やしたり、
はたまた行政側との非公式な意見交換の中で伝えたり、
あるいはHPや取材などを通じて世論形成をおこなったり(そんな大げさな話ではありませんが)、
とさまざまです。

さらに、自分で表明するのではなくて、同じ思いを持つ同僚・先輩議員に代弁してもらったり、担当の委員さんに委員会の中で代弁してもらうこともあります。

その案件の性質や意見の内容によって手段を選択していきます。


もちろん、すべての意見が反映されるわけではありませんが、できるだけの努力はするべきだと思っています。
議会は単なる数合わせの場ではありませんから、少数意見も当然尊重されます。

単に「意見を表明でき、認知される」というだけになることもありますが、それだけでも十分有意義なことです。
その発言を見たり聞いたりして誰かが賛成してくれるかもしれませんし、状況が変わってくれば評価されるかもしれませんから。

(現実には「物言えば唇寒し・・・」となることも往々にしてありますが、それは受け取る側によりますし、話し方や伝え方を工夫する余地もあります)

結果にも段階があって、
議員や行政職員の数人に「そういう意見もあるのか」と認知されるだけの場合もあれば、
議会全体に向けての単なる意見表明に終わる場合もあり、
賛同者が得られるものの、少数である場合もあり、
かなりの支持を集めて有力な意見として認知され、力を持つ場合もあり、
一部が実際の事業運営の中で反映される場合もあり、
完全に支持されて政策の実現や政策転換につながる場合もあります。

 

重要なのは、(1)自分が正しいと思う意見を(2)適切な方法を選択して(3)必要なタイミングで表明し(4)できる限りの結果を得る、ということだと思っています。

それこそが現実の制度や政策の実行・改革につながっていきます。
議員立法などの方法論もあるでしょうし。


私もいろいろ発言してきました。

その中にはあまり支持を得られなかった考え方もあれば、内部障害の問題や休日開庁など支持されて政策の実現につながったものもあります。
私物パソコンの問題など、重要性が認識されたのか他の議員も同様の発言をしてくれるようになった考え方もあります。

議会は個人で独善的にやっていても意味がありません。
他の議員と協調したり、支持を得たりして賛同者を増やしていく必要があります。

そのためには面倒がらずに、批判や反論を恐れずに意見表明をしていくことが不可欠です。


これからも、しっかりと発言をしていきたいと思います。
議員の第一の仕事は意見を言うことですから。

 

(後記)
いろいろ悩んで、眠れなくて、この文章を書きました。
3時くらいから延々2時間半です。
「めざにゅー(フジテレビ)」見ながら・・・

書くことによって、考えが整理されました。やってよかった。
長文にお付き合いいただいた方、ありがとうございました。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年03月28日

渋谷区議会:都市環境委員会&分科会終了

ようやく委員会での審議が終了しました!

色々ありました。本当に長丁場だった・・・

委員長なので意見など詳細については議決後にお知らせしたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月24日

富ヶ谷小学校の卒業式

今日は富ヶ谷小学校の卒業式に出席。

61名の門出をお祝いしに行ってきました。軽くもらい泣きしてしまった・・・

ちなみに富小は今年75周年。卒業生も累計で1万人を超えたそうです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月23日

泉谷都議パーティ

5fec0372.jpg豊島区の兄貴分、泉谷都議のパーティに出席しました。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)政党活動 

渋谷区議会:都市環境関係予算審議

ここのところあまり日記が進んでいなくて申し訳ありません。
忙しいのと、比較的インターネット環境から遠い生活をしているために「すぐ書き込む」のが難しいのです。ごめんなさい。

さて、予算審議が続いています。
通常の「都市環境常任委員会」が、メンバーそのままに「予算特別委員会・都市環境分科会」に衣替えして、区長提出の予算案を元に質疑を行っていくのです。


予算に関係すれば割と自由に質疑ができるので、幅広い観点から議論が進みます。
例えば、今日はこんなこともありました。
※あくまで記憶に頼った要約なので、必ずしも正確ではありません。悪しからず。


沢島委員「カラス駆除はどうなっているんですか?」

課長「繁殖期(4〜7月:暴れやすくなる)に巣の撤去回数を増やします」

前田副委員長「繁殖期だけじゃなくて、随時柔軟にやってください」

課長「カラスは鳥獣保護法で保護されているので、東京都に許可を求めなくてはならないので難しい」

木村委員「鳥獣保護法?東京都等でカラス捕獲をやっているのに、一方では鳥獣保護法の対象なんですか?」

課長「その通りです」

一同「・・・(絶句)」

 

ということで、カラスが鳥獣保護法の対象であり、捕獲するには一定の申請等が必要であるということ大きな課題として認識されたのでした。
このあたりが難しいですよね。法律では保護されているけれども、現場では駆除や対策が必要とされている。

行政側には苦労をかけてしまいますが、普通に生活している方、特に子どもさんをお持ちの方にとってはカラスは大変危険な存在でもありますので、何とか知恵を絞っていかなくてはなりません。


こういった課題は実に多いです。
あちらを立てればこちらが立たず、といった課題は。


なお、鳥獣保護法は、正式名称「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」といい、第一条の中で『この法律において「鳥獣」とは、鳥類又は哺乳類に属する野生動物をいう』とされているのでカラスも入るようです。

色々調べていくとこの法律の改正は平成14年。
特に保護の観点から色々な問題点も指摘をされていますね。

法律は、是非様々な観点から検討してほしいものです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年03月19日

民主党都連青年委員会「前原代表に直言しよう!」

民主党都連の青年委員会がついに立ち上がります!

私も多少関わっていただけに感慨無量です!

 

興味がありましたらご連絡ください。

shibuya@s-kenpo.jp

 

 

民主党東京都連所属 議員各位

 

前原代表に直言しよう!

民主党東京都連青年委員会

   キックオフミーティング(設立総会)のご案内

 

「青年時代には、不満はあっても悲観してはならぬ。つねに抗戦し、かつ自衛せよ。」

魯迅の言葉です。民主党は今、内外から、さまざまな批判にさらされています。私たち若手こそ、不満はあっても悲観はせず、私たちなりの理想と主張を持って、前へ前へと突進していく責務を負っているのです。

そこで、と言う訳でもないのですが、来たる4月8日、民主党東京都連所属の若手議員で作る青年委員会の設立総会を開催いたします。これからの民主党を担う若手議員たちが集まり、民主党に期待を寄せるワカモノたちとともに、民主党の明日に向けて気勢を上げたいと思います。

来年4月の統一地方選挙に向けて、民主党東京都連がスタートさせる政治スクール「民主党大学東京」の実施概要について、プレゼンテーションも行います。民主党東京都連の候補者養成機関として、青年委員会が事務局となって、多くの皆さんの参加を得たいと考えています。

なお当日は、前原代表にもご来場をいただきます。せっかく前原代表に来てもらうわけですから、私たちが今の民主党に感じている問題意識を、直接、ぶつけたいと思っています。

血気盛んなワカモノよ、民主党の旗の下に集まれ!よろしくお願いいたします。

      (呼びかけ人)

民主党東京都連青年委員長 成 澤 廣 修

(文京区議会議長)

青年委員会設立準備会一同

 

     青年委員会は、当面、都連所属の45歳未満の議員によって構成します。

     今回のキックオフミーティングは青年委員会対象者だけでなく、都連所属全議員等にご案内しています。対象年齢以外の皆様のご参加も大歓迎です。

     党員またはサポーター及び「民主党大学東京」参加希望者等でキックオフミーティングに参加ご希望の方がいれば事前に事務局までお問い合わせ下さい。事前にご連絡のない方のご参加はお断りすることがあります。45歳未満の方にお声がけ下さい。

     お問合せ先:民主党東京都連事務局(担当:近藤)0352692321

民主党東京都連青年委員会 キックオフミーティング(設立総会)

 

日 時:4月8日(土)13:3017:30

 

場 所:如水会館

(千代田区一ツ橋2-1-1 代表:03-3261-1101

 

会 費:3,000 

 

〔当日のスケジュール予定〕

*13:30〜14:00

青年委員会設立大会 

*14:15〜14:45

政治スクール「民主党大学東京」

プレス発表

15:00〜15:40

前原代表とのトークバトル

15:45〜17:30  設立パーティー

 

 

(神保町駅下車 徒歩3分または 竹橋駅下車 徒歩4)

 



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)政党活動 

2006年03月13日

会派で請願の審査

午前中会派総会。
提出予定の各請願に対する会派の意思決定です。


請願は、区民から議会に対しての要求です。
最低一名の賛同者(署名議員といいます)が必要ですが、本会議の議題になりますし、議会として賛否を決定しなくてはならないインパクトの強い要求になります。


今議会では請願は5本提出されそうですが、そのうちの一件でかなり時間がかかりました。
それは、「歩行喫煙禁止条例の制定を求める請願」です。


簡単に言うと、
「現行の渋谷区分煙ルールを、歩行喫煙禁止条例をつくることによって強化することをもとめる」
と言う内容です。

分煙ルールについてどのような評価をするか、禁止することの実効性はあるのか、そもそも歩行喫煙禁止が渋谷と言う来街者の多いまちに馴染むのか、など、色々な方向性から検討がなされました。


とりあえず本日のところは審査継続と言うことになりましたが、今後も激しい議論が展開されそうです。
ちなみにこの請願は高校生が主体となって作ったそうです。すごいですね!!!

 

これから本会議に行ってきます!



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:54|PermalinkComments(1)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月11日

量的緩和の解除について

奥田けんじ中野区議がブログに記事を載せていますので、私も少しコメントを。


基本的には「ご都合主義」的な政策だったと思っています。
そもそもゼロ金利自体、ここまで継続する意味がわかりません。
日銀の金利政策はいつも後手後手だし。信用すらしていません。

原理原則というバックボーンの希薄な政策運営は慎むべきです。
特に金融政策は経済の根幹ですから、なおさらです。


さて、奥田区議は、

> 債権(地方債)の調達を、市場からする必要性がだんだん高まってきており、おそらく、中野区の財政状況からすると、いままでよりもたかい金利(リスクプレミアム)を払ってお金を借りる必要が出てくるからです。
>
> 自治体には、残念ながら、市場との対話力が今のところありませんが、今後は不可欠です。今から体制整備をすべきだと思います。

と書いていましたが、まったく同感です。中野区とは財政状況が異なりますが、区の財政当局には今後経済動向への対応が求められるようになるという方向性には違いがありません。

ちょうど先週くらいの土地開発公社評議会で、借り入れ計画に引っ掛けて「長期金利が上がって行く傾向が見えるが、どう考えているのか」と聞きました。
経理課長からは「23区統一の金利であり、当面上昇しないだろう」との答弁をいただきました。答弁としては正しいですが、質問の中にこめたメッセージは【経済や金利動向にもぜひ敏感になってほしい】との思いでしたから、少し物足りない思いをしたものです。
まあ、企画財政課ならもっと詳しいのかもしれませんが、今後もこうした指摘は折に触れしていきたいと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年03月09日

渋谷区議会都市環境委員会:神宮前「くらしの道」

くらしの道スーパーモデル事業について、視察と質疑を行いました。


神宮前・隠田地域(ちょうど原宿ラフォーレやGAPの角のあたりから渋谷より)を、国の補助金を活用しつつ、住民のニーズを組み入れて整備しようとするものです。

神宮前小学校(表参道ヒルズの裏)の子どもたちの意見も参考にするなど、非常に幅広い視点から地域をよくしていこうとの試みです。

このあたりはしゃれた店が多く、裏通りといえど歩行者も多いのですが、細い道でも相互交通のところがあって歩車分離が不可能です。これをどうするか、大きな課題になりそうです。うまくいけばさらに魅力的なまちになるでしょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 10:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月07日

勉強会「まちづくりと建築物の高さ制限」

「渋谷区に建築物の絶対高さ制限の早期導入を求める会」さんと民主党区議団の3人とで企画した勉強会「まちづくりと建築物の高さ制限」が行われました。

規制緩和によって超高層ビルなどの乱立がつづき、周囲の住環境悪化が叫ばれる中、現状の法体系の中で可能な「高度地区」制度を利用した絶対高さ制限を導入しよう、というものです。

これによって、指定地区内では制限を越えた高層ビルを立てることが原則できなくなります。

 

日本の法体系では、基本は「建築自由」つまり自分の持っている土地に何を立てようが自由、という考え方を持っているということです。

都市計画法や建築基準法によって各種の制限がありますが、それを満たせばあとは自由、ということです。

建築確認制度も同様の考え方を持っているようです。

 

ところが、それではいろいろと問題があります。

ひとつは法の制限ぎりぎりを狙うこと。地下室マンションなどはその典型で、違法とはいえませんがかなりぎりぎりのところで建築するので、周囲との摩擦が起きるケースが多いです。

また、建築紛争なども頻発しています。
「法を守ればいい」という立場の建築業者と「周辺の環境を守るために十分な配慮をしてほしい」という周辺住民の間にトラブルが起こるケースがあるのです。

 

現行法制度を遵守しつつ、住環境維持に最大限の努力をする。

そのために、この「高度地区」による絶対高さ制限は検討に値すると考えています。

渋谷区としても08年から原宿や代官山、そして上原富ヶ谷地区で導入することを検討しているところです。

しっかりと議論をリードしていきたいと思っています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 23:18|PermalinkComments(2)TrackBack(0)政党活動 

2006年03月06日

渋谷区議会予算委員会:総括説明

今日は予算委員会。
総括説明といって、各部長が所管の予算を説明します。

朝の10時からはじまって今まで、かなり数字の羅列が続いて困った・・・
花粉で鼻はグズグズだし。最悪のコンディションでした。


明日からは委員会の審査が始まります。
実質的には明日がスタートです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月04日

スイスで「金持ち優遇税制」を取る州が!

スイスで画期的な税制が。

毎日新聞の記事です。

<金持ち天国>高額所得者ほど税率低い制度 スイス中部の州 
 スイス中部のオプワルデン州(人口約3万3000人)が今年から、高額所得者ほど所得税率が低くなる新制度を導入した。「お金持ちが引っ越してくれば税収が増え、結果的に低所得者も助かる」という発想だが、他州との税率引き下げ競争を懸念する声も出ている。


うーん、いずれはこういう話が出てくるだろうな、と思ったんですが・・・実際目にするとびっくりしますね。

増えた税収を使ってインフラ整備やセーフティネットの構築をしようということです。
地方自治体では特に高額納税者に引っ越してもらうことによって劇的に税収が増えるため、このような政策を取ることができます。
工場や会社の誘致なんかはこの政策と同方向ですね。


実は、私もこの制度については研究していました。
さすがに【高額所得者ほど所得税率が低くなる】とまではいいませんが、高額所得者を増やすことによって財源を増やすことを狙ってもいいのではないか、と考えていたのです。

実際、お隣の港区では六本木ヒルズ等高額所得者向け住居が増えたために、税収がかなり増加したとのことです。それによって福祉施策などをかなり進めることができているとか。
非現実的な話ではありません。


以下はちょっと難しい議論になりますが、東京23区は税制上偏りが生じています。
それは、一般市が徴収できる税金の一部、市町村民税法人分や固定資産税などを徴収できない制度があるのです。※

そのため、自主的に財源=税収を増やす努力をするならば、徴収率を少しでも上げるか(滞納している人からどんどん集めるわけですが、劇的な向上は難しいですね)、税金をいっぱい払ってくれる人を増やすかしかないのです。
後者は、個人住民税を増やすという方法、すなわち高額所得者を増やすという政策になります。


税金は国や地域の設計図です。
どんな税制を取っているかを見れば、その国がどんな社会を作りたいか見えてきます。

東京都は特別区に対し偏った税制を強いています。
特別区が税収を増やす自助努力をしようとするならば、高額所得者を獲得するのが基本的な戦略になります。
そんな制度でいいのか??? という思いはありますが、東京都が税制=財政上の設計図の改善を認めない以上(この間都区の交渉は決裂寸前にまで行きました)しょうがありません。

スイスの例も、研究してみたいと思います。

 


もちろん、完全に取り上げられているのではなくて、「都区財調」という制度があって、いったん東京都が市町村民税法人分や固定資産税などを徴収し、そのうちの半分程度を23区に配分するのです。
ただ、配分には一定のルールが合って、都が算定する基準における「富裕区」になればなるほど配分が少なくなるという「水平調整」なのです。結果的に渋谷区にはここ数年配分はありません。

渋谷区の一般会計は750億円前後。それにくらべ、市町村民税法人分は約350億円。固定資産税は約500億円。合計するとおよそ900億円がまったく入らないのです。普通の市であれば当然収入にはずなのですが・・

この制度があるために、23区の税制はどうしても個人の住民税中心になるんです。



このエントリーをはてなブックマークに追加

2006年03月02日

シビライゼーションと平田議員

定例会が始まる前、なんか異様な雰囲気です。

そんな中、隣の平田議員が突然、

「やっぱり共産主義が最強だよね」

と話しかけてきました。

???
共産主義が最強???


「シビライゼーションのことだよ」


ああ、納得。ゲームの話ね。
「シビライゼーション」というものすごく面白いシリーズがあって、その話でした。
二人とも好きなんですよ。「シビライゼーション」シリーズ。


一瞬何かと思いました。
会派控え室の中が、何か異様な雰囲気です。

普段の定例会初日とは、一味違います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)議会活動 

2006年03月01日

速報:恵比寿地区で引ったくり

安全対策本部からの情報提供です。

恵比寿1丁目・恵比寿南1丁目でひったくりが連続発生しています。24日〜28日で毎日1回おきています。手口はバイクに乗った男が追い越しざまバックをひったくるというもの。女性が狙われているようです。

バックは必ず建物側に。また、携帯電話を使っていたときにひったくられるケースが多いようなので、注意してください。



このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 14:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)速報