岡本ひろかず議員が自民党離党行政書士会総会

2005年04月19日

渋谷区議会総務区民委員会:アスベスト他

総務区民委員会が開かれ、懸案となっているアスベストの問題他2件を審議しました。
 
公会堂のアスベストの問題については、危険性はきわめて低いと言うことが改めて示されました。
 
以下、詳細です。


○アスベスト問題

・公会堂については、客席を含む複数の箇所で空気中の濃度を測定した。

3月に測定を行い、結果は濃度が0.3以下(繊維本数/リットル)。「大気汚染防止基準」によると10本/リットル以下であれば適正と言うことですから、室内と言うことを差っぴいても危険性はほとんどないということができます。
この類の測定は4年前にも行っていますから、表面化したときに即座に出せばここまで不安は広がらなかったでしょう。対応の不備と詳細な説明の必要性を指摘しておきました。

・その他の施設

現在8施設にて封じ込め処理済のアスベストが確認されています。今回調査を行い、3施設で補修などの必要な箇所が見られたとのことで、早急に改修をすると言うことです。
処理をしてあっても劣化の可能性はあるわけですから、できるだけ早期に除去するようにと言う要望を委員会として行いました。

○選挙管理委員との懇談

選挙管理委員が4月で改選されましたので意見交換をかねて懇談が行われました。
渋谷の投票率は低いです。特に若年層は非常に低いです。この状況を変えるために頑張っていただきたいものです。

私も、若年層の意見をもっと聞くように、という意見を出しました。どうも推測だけで話が進んでいくようなきらいがありますから。
駅前で着ぐるみがティッシュ配っていて、ティッシュには投票日とスローガンだけが書いてある、っていうのが割とスタンダードな啓発ですけど、それが若者の心をつかむとはとても思えませんから。

委員会側もその当たりはよく認識しているようです。頑張って欲しいですね。

○組織改正

・部/課/係の変更について報告が行われました。

今回の審議は3時間以上。閉会中の委員会としては長いほうです。
さすがに神経使いました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 16:21│Comments(0)TrackBack(0)議会活動 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

岡本ひろかず議員が自民党離党行政書士会総会