終わったー!民主党区市町村議員団勉強会

2005年04月14日

書評「大統領のつくりかた」

本は原宿のブックファーストでまとめ買いをすることが多いです。
そうした本は大抵「積読(つんどく、と読みます)」なのですが、昨日講演会に行ったからでしょうか。どうにも目に付く本がありました。「大統領のつくりかた」という本です。
 
著者は堀田 佳男氏。ジャーナリストとして長年ワシントンで活動なさっていた方です。前4回の大統領選を元に
いや、この本が実に面白い。40分くらい集中して一気に読み終えてしまいました。ナマの息遣いが聞こえてくるような豊富な事例、ジャーナリストならではの鋭い視線もさることながら、「スーパーパワー」と言われるアメリカ大統領達に魅せられてしまった著者の思いがびんびん伝わってくるようで、そこが大変に面白いのです。
 
資金や組織作りなどの一般論だけでなく、大統領(及び候補)たちの横顔、泡沫候補(1000ドル出せば立候補できるとか)の生き様、敗者のコメントなど、生々しい現実がちりばめられています。
 
政治に関わる人間なら一度は参考にしようと思う大統領選。
アメリカの強さの源泉を垣間見たような気がしました。
 


このエントリーをはてなブックマークに追加
kenposzk at 02:07│Comments(0)TrackBack(0)書評・資料 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

終わったー!民主党区市町村議員団勉強会